アルト

新型アルトの雪道走行は4WDじゃないと滑りやすい?滑りにくい走り方のコツはあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

朝起きてから外を見てみると周りは真っ白!突然の雪や季節外れの雪はびっくりしますよね。さて、今回は新型アルト雪道での走行性能はどうなのか?滑りにくい走り方のコツはあるのかどうか、この2点を中心にお伝えします。

アルトワークスの雪道走行に関してはこちらの記事をご覧下さい。
新型アルトワークスの雪道走行は滑るって本当?滑りにくい走り方のコツはあるの?

 

《新型アルト》雪道走行は4WDじゃないと滑りやすい?

引用:スズキ公式HP

新型アルトに限らず、雪道ではどんな車でもタイヤがしっかりと路面をグリップする事ができなくなると滑ってしまいます。冬用タイヤであるスタッドレスタイヤを履いていても運転の仕方によって車は滑るので過信は禁物です。

新型アルトでの雪道走行は2WDと4WDどっちがいい?

2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)の違いは車の駆動方式です。新型アルトXのグレードをスズキ公式HPで主要諸元を見てみると2WDは前2輪駆動で4WDはフルタイム4WDと記載されています。

結論から言いますと、2WDでも4WDでも雪道は問題なく走る事ができます。

新型アルトの前2輪駆動は前のタイヤ2本を動かして進む前輪駆動(FF)ですが予想以上に雪道に強く真っ直ぐ進む事ができます。

4WDは4つのタイヤを全て動かす4輪駆動なので安定した駆動力があります。山道などであまり整備されていない道や雪道、坂道などで2WDよりも力強い走りを発揮してくれます。

2WDのメリットと4WDのデメリット

新型アルトのメリットは、安い、軽い、低燃費ですので、これを最大限に生かすなら2WDの選択もアリだと思います。4WDの価格は2WDよりも約10万円ほど高く、車両重量も50kgほど重くなり、燃費もリッター4km~5kmほどダウンします。

 

《新型アルト》そもそも、雪道でタイヤが滑る原因は?

スキーやスノーボードが雪の上で滑るのと同じで、タイヤが滑るのは水が原因です。雪道を走る事によって路面の雪とタイヤのすき間に細かい水の膜ができ、本来発生する摩擦が減少してしまいます。この水の膜によりタイヤが浮いてしまい地面を捉える事ができなくなるのでタイヤは滑ってしまうのです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
良く分からないけど、私が食器を洗ってる時に手が滑るのと同じ事なのかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね、水が無ければ指がしっかり食器をつかむので滑りにくいでしょ?
理恵(りえ)
理恵(りえ)
なるほど、そういう事なのね。あなたの話もスベらないわね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
アハハ(^^)それと雨の日に高速で走ると発生する事があるハイドロプレーニング現象という怖い現象もあるんだ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
えっハイドロ…!?なーにそれ?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
タイヤメーカーのダンロップがこの現象を世界で初めて発見したんだ。動画があるので見てみて。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
動画で見ると分かりやすいけど本当に怖いわね。

 

《新型アルト》スタッドレスタイヤがあれば、雪道で滑らない?

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
いえいえ、スタッドレスタイヤは滑らないのではなく、滑りにくいタイヤなのです。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、鋲(びょう)が打ち込まれていないタイヤの事で、雪道や凍結した道路で滑らず安全に走行できるように開発された冬用タイヤの事です。

普通のタイヤよりも駆動力、制動力をより大きく路面に伝える工夫がされています。

スタッドレスタイヤは、スタッド=鋲(びょう)がレス=無いタイヤという意味です。

以前は、タイヤに鋲(びょう)が打ち込まれた「スパイクタイヤ」が冬用タイヤの主流でしたが、乾燥している道路を走るとアスファルトを削って粉塵公害が発生したため、1990年に原則的に禁止となってしまいます。

そこで、鋲を使わない「スタッドレスタイヤ」が誕生しました。

 

《新型アルト》雪道で滑りにくい走り方のコツ

さて、雪道を走るときに一番大切な事は何だと思いますか?

答えは、ズバリ「タイヤ」!!

4WDだろうがSUVだろうが高級セダンだろうがミニバンだろうがスポーツカーだろうが、どんな車でも高性能で新しいスタッドレスタイヤを履いた車には勝てません

夏タイヤとスタッドレスタイヤには、それぐらい大きな効果の差が有るのです。

雪道ではグリップの良い高性能なスタッドレスタイヤをおすすめします。夏タイヤしか無い場合は少しの雪でも乗らないようにしましょう。

あまり雪に縁が無い所で雪が降った時に事故が増えるのは夏タイヤの状態で雪道を走るからです。

滑る限界を知る

雪が積もったり凍結したら広くて安全な駐車場にてブレーキテストを行い、これ以上ブレーキを踏むと滑るというタイヤの限界を知っておく事も滑らないためのコツです。

急が付く運転はやめましょう

雪道では、急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキ、急な進路変更などは厳禁です。速度は控えめにしましょう。アイスバーンには特に注意が必要です。

アイスバーンに注意

路面のアイスバーンには特に注意が必要です。危険ポイントは橋の上、日陰、トンネルの出入り口、交差点付近などです。

また、ブラックアイスバーンと呼ばれる、パッと見ると一瞬路面が黒く濡れているように見えて、実は凍結しているという恐ろしいポイントです。

《新型アルト》寒い日にシートヒーターは快適

引用:スズキ公式HP

新型アルトには運転席シートヒーターが標準装備されていて、真冬の寒い日でも座席がポカポカで温かく快適なドライブが楽しめます。4WD車には運転席に加えて助手席のシートヒーターも標準装備されています。

  • 運転席シートヒーターは X、S、L、F の 2WD車と4WD車に標準装備
  • 助手席シートヒーターは X・S・L の 4WD車のみに標準装備

 

まとめ

  • 新型アルトに限らず、雪道ではどんな車でも滑るという事を忘れずに。
  • 新型アルトは2WDでも4WDでも雪道走行はOK。
  • 雪道では高性能で新しいスタッドレスタイヤを履く。タイヤは劣化するのでタイヤチェックをお忘れなく。
  • 急が付く運転はしない。スピードは控えめに。

それでは、今年の冬も皆さんが事故無く快適に安全に無事に乗り越えられるよう陰ながら祈っています。

アルトの関連記事はこちらもご覧ください。

新型アルトの2WDと4WDの違いは?口コミ・評判・レビューから徹底比較

新型アルトワークスの歴史を知りたい!初代から現代までまとめて紹介

新型アルトの燃費は悪い?カタログ燃費と実燃費の違いも調査

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット