アルトワークス

新型アルトワークスの試乗記・試乗レポートまとめ!動画付きで分かりやすく紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。

軽自動車でもスポーツカーのように操縦したい!と考えたことはありませんか?

そんな方に、高性能スーパー軽スポーツモデルであるアルトワークスがおすすめです。

軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために作られたような車です。

多くのクルマ好きから人気を集める実力を、確かめるべく試乗してきました。

 

引用;スズキ公式HP

 

どんな車?

引用;スズキ公式HP

スズキ・アルトワークスは、1987年に登場したアルトの高性能バージョンです。アルトはスズキの軽自動車のスポーツイメージを上げた存在でもあり、アルトワークスもその遺伝子を受け継いでいます。

先に発売された、本格的なスポーツモデルであるアルト ターボRSに次いで発売されましたが、ターボRSについては、MTが用意されていませんでした。そこで、ファンから望まれる声もあり、より本格的な軽スポーツとして、3ペダルの5段MTが採用された、アルトワークスが誕生しました。

ただ、ワークスにもちゃんとAGSを設定し、万人が楽しめる仕様になっています。AGSの方も専用チューンが施され、よりダイレクトな加速を実現しています。ターボとRS比較すると、サイドサポートの高さが大幅に向上し、体全体が包み込まれる感触でドライビングを楽しむことが出来ます。

 

外装

引用;スズキ公式HP

 

初代アルトをイメージしたデザインです。

フロントフェイスは、アルトワークスとしてのワイルドなイメージが表現されています。

ボンネットは少し高め。

サイドビューは伸びやかなデザインですが、ボンネットからのウエストラインがあと5センチ低かったら、もっと伸びやかでスタイリッシュになっていたことでしょう。

リアビューもワークスらしい迫力あるデザインです。

新車の値引きの裏技

 

内装

引用;スズキ公式HP

 

前席のスポーツシートは、サポート性を向上させた構造で、ヒップポイントが少々高く思えますが、がっちりと身体を支えてくれる硬い感触があります。

天井と頭頂部の感覚には余裕がありません。しかし、振動吸収能力は十分です。

後席は、膝回りに余裕がある一方、後頭部が完全にルーフクロスメンバーに当たってしまいます。そのうえシート自体が平板なため、あまり快適な座り心地ではないでしょう。

インパネ周りは無機質な作りで、各部スイッチのクリック感も無骨な感触ですが、軽自動車がベースですので、さすがに質感は高望みできません。

あくまでスポーツを意識した、ゴージャスを売りにするクルマではないので、必要最低限ではないでしょうか。

メーターも素朴な作りですが、大変見やすいです。ハンドルはやや大きめ。シフトノブの握り心地、シフトフィールは軽自動車とは思えない質感でした。

新車の値引きの裏技

 

走りの評価

引用;スズキ公式HP

 

路面状況のいい道でも、ちょっとした段差で衝撃が来ます。ただ、ここまでの硬さでも跳ねるような感じは一切なく、大きな段差でもしっかりと路面を掴んでくれます。

ボディの剛性が高く、ボディが軋むこともありません。これほどまでにボディ、足回りが固いのにも関わらず、リアサスのトーションビームの違和感が一切なく、唸らされました。

ただ、常に締め付けられた感覚もって乗るタイプの車です。それでも座席の座り心地は絶妙で、余裕はありませんが、不快ではありません。フットレストが装備されていないことが残念です。

また、リアサスが半独立でありながら、4輪独立サスペンションのようなフィーリングです。コーナーでも殆どロールを感じずに、機敏に曲がります。ハンドリングもリニアで、ステアリングインフォメーションもきちんとしています。

一方で、後部座席にはモロに衝撃が来るので、運転する方によっては同乗者が辛い目に合うかもしれません。完全にファミリーを対象にした車ではないです。走行の楽しさにステータスをすべて捧げています。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

 

  • 軽自動車でありながら、スポーツカーのように走らせることができる
  • 乗り心地は快適とは言えないが、それを感じさせない工夫が凝らされている
  • 走る楽しさを追求する車

 

アルトワークスはとにかく走りの楽しさの幅を広げてくれる車です。
是非一度試乗してみてはいかがでしょうか。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット