比較記事

エスクードとジムニーシエラを徹底比較!おすすめはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

エスクードジムニーシエラ、どちらも悪路走行が可能ということでライバル車として一目置かれていますが、スズキで買うならどっち?

と、お困りのそこのあなた!

購入する基準は、予算内で価格で決めるか、走行機能、内装の広さで選ぶのか悩みますね。

そこで今回は、エスクードとジムニーシエラを徹底比較していこうと思います。

スポンサードリンク

価格で選ぶならどっちがいいの?

縺企≡, 繧ウ繧、繝ウ, 謚戊ウ�, 繝薙ず繝阪せ, 繝輔ぃ繧、繝翫Φ繧ケ, 驫€陦�, 騾夊イィ, 繝ュ繝シ繝ウ

予算内で車を購入したいと思っている方、きっと多いはず!

ここでは、エスクードとジムニーシエラの車両価格を比べてみましょう。

エスクード

エスクードは、FF4WDを採用した駆動方式でグレードも4ターボⅩGと豊富なコンパクトSUVになります。

その車両価格滞は、212,8万円~270,8万円になります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
 価格差が58万円もあるけどどうして?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
最新のモデルは、新世代四輪制御システム「ALLGRIP」 を採用しているから、その分価格は高くなっているよ。

やはり、ALLGRIPという独自の新世代四輪制御システムの導入によって、価格差が大きいようですね。

ジムニーシエラ

ジムニーシエラは、4WDのみになりますがMT車AT車に分かれています。

その車両価格滞は176万円~205,7万円になります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
価格差は29,7万円だからエスクードの半分で済むね♪
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね。しかもジムニーシエラは、海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活動しているんだ。

価格で比較してみた結果

今回は、ジムニーシエラに1票あげて良いでしょう。

エスクードの車両価格滞:212,8万円~270,8万円

ジムニーシエラの車両価格滞:176万円~205,7万円

ジムニーシエラは、最安値、176万円で購入可能なので、価格にこだわる方はこちらの購入をおすすめします。

新車の値引きの裏技

 

走行機能はどっちがいいの?

繝槭け繝ュ, 豁ッ霆�, 繧ョ繧「, 繧ィ繝ウ繧ク繝ウ, 繝薙Φ繝・・繧ク, 逕」讌ュ, 莉穂コ�, 讖滓ァ�, 蜉帛ュヲ

エスクードとジムニーシエラどちらも素晴らしい走行機能を搭載しています。

やはり、車を購入する際に走行機能も見ておきたいところですね。

エスクード

上記で記したようにエスクードには、スズキ独自の新世代四輪制御システム「ALLGRIP」という機能が搭載されています。

これは、

  • 電子制御4WDシステム
  • 4モード走行切替機能
  • 車両運動協調制御システム

の3つのテクノロジーから成り立ちます。

電子制御4WDシステムは、ステアリング蛇角、車速、加減速G、各車輪の回転数などを読み取り、演算。最適な前後のトルク配分を行い、車体の姿勢制御を行います。

運転のスキルに問わずクルマ側で、姿勢制御と前後のトルク配分を自動で行うことで、様々な路面状況下で安全な運行を可能にします。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
突然の大雨や大雪などの視界不良の場合でも安心して運転できるね。

4モード走行切替機能とは、AUTOSPORTSNOWLOCKの4つのモードから選ぶことで、さまざまな走行シーンにおいて、優れた走破性と走行安定性を実現しています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ドライバーにさらなる走りの楽しさが膨らむね。

車両運動協調制御システムとは、前後輪への最適なトルク配分とハンドル操舵トルクアシストにより、コーナリング中のアンダーステア傾向やオーバーステア傾向(車両横滑り傾向)を抑制して運転操作をアシストします。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 それでもスリップや横滑りが発生した場合にはESP(R)が作動して走行安定性を確保してくれるからより安全性が高いんだ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
エスクードは、これらの走行機能によって、、ドライバーにさらなる走りの楽しさと安心感をもたらしてくれるね。

ジムニーシエラ

ジムニーシエラにも

  • パートタイム4WD
  • ブレーキLSDトラクションコントロール

の2つの走行機能が搭載されています。

パートタイム4WDとは、 基本的には二輪駆動で走行し、必要に応じて四輪駆動へ手動切り替えを行う駆動方式です。

ドライバーがレバーやスイッチを操作することでトランスファーという装置が作動し、駆動輪ではないタイヤ側にもエンジン出力を分配できます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
悪路走破性には非常に優れていて、スタックしても抜け出しやすいんだ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
状況に応じて4WDへの切り替えれるから、自分の意思で二輪駆動か、四輪駆動か選べるのはうれしいね♪

ブレーキLSDトラクションコントロールとは、ESCを使って空転したタイヤにブレーキをかけることでもう一方の車輪の駆動力を確実に確保する機能になります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 しかも、エンジントルクを落とすことがないから、極めて高い脱出性能を誇っているんだ。

動画を見てわかる通り、厳しい悪路でもブレーキLSDトラクションコントロールが機能して脱出しています。

走行機能で比較してみた結果

総合的に見ると電子制御のALLGRIPという新しい制御システムが取り入れられているエスクードの方に1票入れて良いでしょう。

どちらも共通して悪路走行に活躍する機能を搭載していますね。

確かに走行機能ではエスクードの方が良いですが、ジムニーシエラ独自の機能、ブレーキLSDトラクションコントロールも高い脱出性能を持っていることから、目を引きます。

新車の値引きの裏技

 

内装で選ぶならどっちがいいの?

みなさん、車を購入する際、内装の広い車を選びますか?狭い車を選びますか?

それは、目的によって、変わってくるかもしれません。

背が高い人には、車内空間の高さも見ておきたいところです。

エスクード

エスクードの内装の最大の特徴は高級感のあるシートではないかと思います。

本革&スエード調で作られたシートは高級感があふれています。

また、シートの形状もサイドでしっかりとホールドされるようになっているので、長距離でも疲れにくいのです。

引用:スズキ公式

見た目、清潔感があふれていて、5人乗りも可能としています。

引用:スズキ公式

大家族の方にもうれしい広さですね。

しかもエスクードの室内の広さだと後部座席を倒してスノーボードが縦に置けちゃうんですよ!

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
二人でスノーボードならキャリアは不要な広さだね。

ジムニーシエラ

エスクードの内装を見た後だと、残念ながらジムニーシエラの内装はちょっと安っぽく感じに見えます。

引用:スズキ公式

ですが、悪路走行を想定した水平デザイン撥水シート(グレードによる)など新型ジムニーシエラに求められる機能はしっかりと備わっているんです。

また、類似車種で汎用性の高い内装ではなく、ジムニーシエラのために作られた独自の内装になっている点に注目してください。

センタースイッチやパートタイム4WD切り替えレバーの配置などは他のクルマで見ることがないものです。

それ以外にも実際の悪路走行で見やすいような立体メータークラスターだったりと見かけ以上にこだわられた作りになっています。

しかし、ジムニーシエラは、4人乗りでエスクードよりも1人少ないです。

引用:スズキ公式

エスクードと比べてみると広さは一目瞭然、狭いです。

後部座席を倒さなかった時の積荷スペースは圧倒的に違いますよね。

室内の広さはエスクードの方が一回り大きいです。

内装で比較してみた結果

広さで選ぶならイグニスに1票入れたいですね。

積荷スペースがどれだけ必要かによって考えるのがベストですね。

ジムニーシエラ、エスクードともに旅行には最適ですね♪

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ジムニーシエラは、最安値、176万円で購入可能
  • エスクードには、スズキ独自の新世代四輪制御システム「ALLGRIP」という機能が搭載されている
  • ジムニーシエラには、ブレーキLSDトラクションコントロールという高い脱出性能を持っている
  • 内装は、エスクードの方が広い

今回、価格では、ジムニーシエラが176万円で安く済みますが、機能や内装の広さでは、エスクードの方に軍配があがります。

しかし、エスクードの価格の最安値は、212,8万円でジムニーシエラの価格の最安値との差額が36,8万円になるので、ジムニーシエラを購入するよりも数ヶ月だけ貯金すれば、エスクードを購入できます。

以上の結果から購入するならエスクードをおすすめします。

おすすめの関連記事はこちら

徹底比較!スペーシアギアとウェイクどっちがおすすめ?

徹底比較!ソリオとフリードおすすめはどっち?

徹底比較! イグニスとスイフト買うならどっち?

徹底比較!ワゴンRとスペーシアの違いは?オススメはどっち?

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット