エブリイワゴン

新型エブリイワゴンのサイズを徹底解剖!実は居住性も・・

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは!この記事を読んでる人で、軽バンワゴンって似たような車たくさんあるけど、何が違うんだよ!って思う人も多いんではないでしょうか?ちなみに私はその一人です。実際に車の営業マンの方でも、ほかのメーカーと何が違うのか説明してといっても声が詰まるでしょう。

そんな中今回はスズキのエブリイワゴンサイズについて紹介したいと思います。実は「えっ!そうなの?」って思うことがたくさんあるんですよ。

 

エブリイワゴンってどんな車なの?

引用:スズキ公式HP

エブリイワゴンとは、快適な居住空間と広い荷室を備えたまさに軽ワンボックスの王道です。

「広さ」、「低燃費」、「使いやすさ」を徹底的に追求し、クラストップの室内サイズを実現!さらに現行モデルは前車ターボエンジンを搭載するなど、走りも楽しめる軽ワンボックスカーになっています。

 

室内のサイズはどれくらい?

引用:スズキ公式HP

では一体エブリイワゴンのサイズはどれくらいなのか実際にみていきましょう。

外装サイズ

全長3395×全幅1475×全高1815(標準ルーフ)もしくは1910(ハイルーフ)mm。

ハイルーフだと高さが1910mmってすごくないですか?なんとこれあのトヨタの大人気ミニバン、アルファードやヴェルファイアよりも高いんですよ!この車高が1880mmなんで、わずかにエブリイワゴンの方が上回っているんです。軽自動車とは全く感じさせないくらいの高さですよね。

内装サイズ

室内長2240×室内幅1355×室内高(ハイルーフ)1420mm

これをすべてクラストップの広さです!

といわれても実際にどれくらいの広さなのかイメージがしにくいですよね。なんとマウンテンバイクが2台も丸々詰めることができます。軽自動車に普通の自転車詰めるなんてびっくりですね。ちなみ私が持っている5ナンバーのコンパクトカーには自転車なんて1台すら入りません。

引用:スズキ公式HP

シートのアレンジ次第ではサーフボードなど様々なものをのせることができるので、アウトドアでは特に大活躍してくれそうですね!休日に彼女とサイクリングデートとかできたら最高ですね!

 

気になる口コミは?

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
【良い点】 居住性、積載性が良いですね 【悪い点】 乗り心地が少し悪いですね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
【良い点】 室内空間が広い 【悪い点】 燃費が、、、
隆(たかし)
隆(たかし)
【良い点】 趣味の釣り道具が楽々収まる!! 【悪い点】 ターボ車なので今後の燃費に注目!!

やはり良い点のほとんどが室内の広さ、快適空間!これは実際に利用している方々がみな口を揃えているから間違いなさそうですね!悪い点としてあげられているのが燃費のようです。最近の軽自動車は25km/ℓ以上走るのも当たり前になってきているので、走行性能を高めるためにターボを搭載している分、燃費に対して悪いと感じる方が多いようです。

軽自動車はどうしてもパワーが少ないので、荷持を多く積む分そのパワーを補うためのターボにどうしても通常よりガソリンが食ってしまうので、そこは仕方ないのかなって思っている方も多いですが、それを上回るような性能のエンジンにこれから期待したいですね。

 

まとめ

  • 室内の広さはクラスナンバーワン!
  • 前車ターボエンジンで快適な走り。
  • 燃費はよくない

いかがでしたか?たくさん荷物が積みたいけど、駐車場だったり、維持費だったりでそんなに大きな車が買えないという人も多いと思います。また、たくさん荷物を積むとアクセル踏んでもぜんぜん進まなくてしんどいな感じたことはありませんか?

そんな方にはぴったりの車ではないかなと思います。軽バンクラスはどのメーカーも見た目がそんなに変わらないので、なにが一番いいのかわかりづらいと思います。そんなときは、各社スペックに差は大きく違いはないので、その中で一番中が広い車がいいかなと思います。是非参考にしてみてください。

ちなみに私は子供のころ軽バンに足をふまれたことがあるので、運転にはくれぐれもお気をつけください。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット