軽自動車

新型イグニスの洗車の仕方は?洗車機と手洗い、どっちがおすすめ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさん、車をちゃんと洗っていますか?

「別に乗れれば問題ないじゃん、めんどくさいし…」と思っているそこのあなた! 車を洗うことは、安全運転のために必要なことなんです!

フロントガラスやサイドミラーが汚いと、視界が狭くなって事故を引き起こす可能性が高くなるんです! それにほこりまみれの車に乗っても、気持ちよくドライブなんてできませんよね?

安全に心地よくドライブを楽しむために、洗車は必須なんです!

子ども
子ども
そうなんだ! 洗車ってどうやってやるの?

洗車方法は大きくわけて2つ、洗車機を使う方法と手で洗う方法があります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
私のイグニスは、どっちで洗った方がいいのかしら?

その質問にお答えするために、イグニス洗車の仕方を洗車機と手洗いのメリット・デメリットとあわせてご紹介いたします!

 

スポンサードリンク

洗車機のメリット・デメリット

洗車機は、車を自動的に洗ってくれる便利な機械です。

もちろん、いい面だけではなく悪い面もあります。

それでは、洗車機のメリットデメリットをご紹介いたします!

洗車機のメリット
  • 楽に洗車できる
  • 道具をそろえる必要がない
  • 洗車時間が短い(一般的に5~15分)

なんといっても、手間と時間がかからずに洗車できるのがいいですよね!

機械が洗ってくれるので、こちらで洗車に必要な道具をそろえる必要もありません。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
仕事とか家事で忙しい人にとって、車を洗うのに時間をかけなくていいのは助かるわよね!

でも逆に、こんなデメリットもあるんです。

洗車機のデメリット①
  • 細かい汚れが落とせない
  • 傷がつくリスクが高い

洗車機では大きなブラシで全体を洗うため、大雑把な洗い方になります。汚れている部分を重点的に洗うとか、細かい隙間の掃除とかは苦手なんです。

たくさんの車を洗っているためブラシに汚れがついていることもあり、それが原因で車体に小さな傷がつく場合もあります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
目立たないものでも、自分の車に傷がつくのは嫌だなぁ…。

 

洗車機のデメリット②
  • お金がかかる
  • 洗車機のある場所まで移動しなければならない

洗車機はどこにでもあるわけではありません。洗車場、ガソリンスタンド、カー用品店など設置場所は決まっています。利用するためには、洗車機の場所に行かなくてはなりません

また、利用するためにはお金がかかります。

一般的な洗車料金
  • 洗車のみの場合    1,000~1,500円
  • 洗車~乾燥までの場合 1,500~2,000円

乾燥を含むコースで月1回利用した場合、年間およそ24,000円の出費となります。

移動料金も含むとしたら、さらにかかることになります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
毎月2,000円かぁ…パパのお小遣いを減らすしかないわね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そ、そんなぁ…。

 

車の整備を依頼する

 

手洗いのメリット・デメリット

手洗いはスポンジやカーシャンプーを利用して、自分の手で車を洗います。

愛着のある車だから、自分の手できれいにしてあげたい! そう思う人も多いのではないでしょうか?

さて、手洗いのメリット・デメリットを見ていきましょう。

手洗いのメリット
  • きれいに仕上げられる
  • 傷がつきにくい

手洗いでは自分の目に見える汚れをピンポイントで洗うなどの細かい作業ができるため、仕上がりがきれいになります。

洗車道具の取り扱いに注意すれば、傷がつくこともありません

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
自分の大事な車だからな。できるだけきれいにしてあげたいよな。

一方で、こんなデメリットも挙げられます。

手洗いのデメリット①
  • 洗車するスペースが必要
  • 道具を準備する必要がある

車を置くことができ、なおかつ水や泡が飛び散っても問題のないスペースが必要です。

洗車に欠かすことのできないホースや蛇口の有無も重要なため、場所はだいぶ限られてしまいます

もちろん、スポンジやカーシャンプーなども自分で用意する必要があります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
場所と道具の両方を確保しなきゃいけないなんて、面倒ね…。

さらに、大きなデメリットがあります。それは…。

手洗いのデメリット②

洗うのに時間がかかる

自分の手で車を全体的に洗うとなると、そりゃあ時間はかかりますよね。

一般的には、1時間から2時間はかかるみたいです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
買い物とかご飯の支度とかしなくちゃいけないのに、そんなに時間かけてられないわ!

 

車の整備を依頼する

 

おすすめの洗車方法は?

ここまで洗車機と手洗いのメリット・デメリットを見てきましたが、みなさんはイグニスの洗車をするならどちらの方がいいと思いましたか?

私がおすすめするのは、手洗いです。なぜかと言うと…。

  • 注意を怠らなければ、傷をつけることなく細部まできれいにすることができる
  • コンパクトが売りのイグニスなら、大型車に比べて時間をかけずに洗うことができる

 

ブラシでゴシゴシ強くこするとか、脚立をぶつけるとか、そんなことをしなければ傷はつきません!

洗車機ではとれない細かい汚れも、手洗いならとることができます。

小さいのが特徴のイグニスなら、洗うための労力もさほどかからないと思いませんか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうは言っても、自分の手で洗うとなるとどうやればいいのかよくわからないわ。

そう思っている方のために、今回は洗車を自分で行う際の簡単な手順とポイントもご紹介させていただきます!

 

車の整備を依頼する

 

スポンサードリンク

洗車の手順をご紹介!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
それじゃあ洗っていくわね。まずはホースで水をかけて…。

ちょっと待って! 車をきれいに洗うには、ちゃんとした手順があるんです!

おおまかな手順は、こちら!

  1. ホイール・タイヤを洗う
  2. ボディに上から下へ水をかける
  3. スポンジに洗剤をつけて車体を洗い、水気を拭きとる
  4. 細かい部分の汚れをクロスで拭きとる

 

細かく見ていきましょう。

手順①

まずはホイールタイヤを先に洗います。

なぜかというと、地面に一番近いので汚れがもっともひどい部分だからです。

上から順に洗ってしまうと、下の部分を洗ったときの汚れがボディに飛び散ってしまいます

理恵(りえ)
理恵(りえ)
せっかく洗ったのに、また汚くなっちゃうのね…。

手順②

ホイールとタイヤをきれいにしたら、今度はボディ全体を洗っていきます。

ルーフから水が行き渡るようにして全体に水をかけ、ほこりや汚れを落とします。

手順③

スポンジに泡たてた洗剤をつけて、一定方向に滑らせるようにして洗います。

一気に全体を洗おうとはせず、ある程度範囲を区切って洗うのがおすすめです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
決めた範囲を洗ったらタオルで拭く、という流れを繰り返すことで他の面を洗っているうちに乾くということを防げるし、むらなくきれいにすることができるんだよ。 

手順④

全体を洗い終わったら、見落としがちなドアやトランクの開口部の汚れを湿らせたクロスで拭きとります。

これで洗車は完了です!

 

洗車手順の動画も見つけたので、参考にどうぞ♪

理恵(りえ)
理恵(りえ)
わかりやすいわ、さすがプロね!

 

車の整備を依頼する

 

洗車をする際のポイントは?

続いて、洗車する際のポイントを3つご紹介いたします!

これらを知っておくことで、洗車を効率よく行うことができますよ♪

ポイント① 晴れている日は避ける

天気がいいと、車を洗ってさっぱりしたくなっちゃいますよね~。その気持ち、わかります。

でも、ちょっと待って。晴れていて気温が高い日は、まだ洗い終わっていないのにすぐ水が乾いてしまいます

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
途中で乾いてしまうと、水滴の跡が残って汚く見えてしまうんだよね…。 

だから、今日は晴れていて気持ちがいいなー、洗車日和だなー、と思っても、そこはぐっと我慢!

曇っているときこそ洗車日和であると、心にとめておきましょう。

ポイント② 汚れのたまりやすい場所を知っておこう!

みなさんは、イグニスの汚れのたまりやすい場所ってどこか、ご存じですか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
うーん、どこかしら。改めて聞かれるとわからないわ。

実は、こんなところに汚れがたまりやすいんです。

  • フロントグリル
  • ヘッドライトの外側の小さな穴
  • 窓の下側

 

フロントグリルやヘッドライト外側の穴は汚れがたまりやすいうえ、水圧をかけて流すか小さなブラシでないと落としづらいみたいです。

窓の下側はスポンジでは届かないため、水圧の高いホースか毛の長いブラシを使って洗う必要があります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
汚れやすい場所がわかっていれば、洗いやすくなるわね!

ポイント③ コーティング剤で洗車時間を短くしよう!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
…ふう。小型車といっても、隅から隅まで洗うのはさすがに大変だわ。

では、コーティング剤を使って車体を保護するのはいかがでしょう?

コーティング剤はボディに艶を出し、傷から保護してくれる便利なメンテナンスグッズです。光沢を出すのに特化したものや保護に特化しているものなど、いろいろありますよ。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
水をかけるだけでほとんどの汚れが落とせるし、傷がつくリスクも減らせるよ。 

洗車に時間がかかって困る…、という人は、コーティング剤の活用も考えてみてください♪

 

車の整備を依頼する

スポンサードリンク

まとめ

  • 洗車機は手間をかけずに洗車できるが、置かれている場所は限られておりお金もかかる。車が傷ついてしまうリスクも…。
  • 手洗いは傷がつきにくくきれいに仕上がるが、洗車スペースと道具の準備が必要。
  • コンパクトカーのイグニスを洗うなら、細部まで洗える手洗いがおすすめ!
  • ホイール&タイヤ、ボディ全体、細部の順番で洗おう!
  • ポイントを知って、効率よく洗車をしよう!

 

それでは、きれいな車でドライブを安全に楽しんでください♪

イグニスについて詳しく紹介している記事がありますので、ぜひご覧ください!

新型イグニスのタイヤ交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

イグニスの意味・歴史は?歴代最強モデルはどれだー!?

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット