比較記事

徹底比較! イグニスとスイフト買うならどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

今まで、スズキの軽に乗ってきたあなた!  そう、あなたです!
そろそろ普通車にも乗ってみたいですよね。
ディーラーとも馴染みになっているし、何よりスズキのクルマが気に入ってる。
ということで、スズキのハッチバック、イグニススイフトを比較してみましょう。

 

イグニス、スイフトのクラスは同じなの?

イグニスの外観(エクステリア)HYBRID MZセーフティパッケージ装着車。ボディーカラーはピュアホワイトパール

引用:スズキ公式HP
こちらはイグニス。ギュッっと引き締まった形です。白がお似合いです。

引用:スズキ公式HP
こちらがスイフト。躍動的でスポーティな形をしています。

そもそもこの2台は比較の対象になるでしょうか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
両方とも、気になってたんです。そうしたら、どちらもスズキのクルマだと分かって、やっぱりね! と思いました。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
キャラクターが、かなり違う感じだね。まず、両車はどのような位置付けなのか確認しましょう。

サイズ・価格比較

イグニス  全長: 3700㎜ 全幅: 1660㎜ 全高: 1595㎜
      1,408,000円~1,910,700円

スイフト  全長: 3840㎜ 全幅: 1695㎜ 全高: 1500㎜
      1,488,300円~1,977,800円

ここから読み取れるのは、ほぼ同価格帯とはいえ、スイフトの方がサイズも価格も一回り上ということです。
イグニスがクロスオーバータイプ、つまり、ちょっとだけRV風味のハッチバック、片や、スイフトは典型的なハッチバックとなります。

<豆知識>
RV      :  遊びに使えるワゴン、1ボックス、4WDなどの総称
クロスオーバー: 普通乗用車とRV車の中間的性格のクルマのこと
ハッチバック   : 車体の後ろに、窓ごと開くドアのあるクルマのこと

近い価格帯の2車ですが、ちゃんと棲み分けは出来ているのです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
実際に街で見ても、スイフトの方が大きなクルマに見えるかな。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
でも、どっちもかわいいし、それぞれの良さがあるんじゃない?

両車は比較の対象になる!!

理恵さんのおっしゃる通り、たしかにこの2台は、どちらも魅力的です。
両車を比較する記事も散見されますし、比べる意義は充分にある、と認識しました。
では、もう少し具体的に両車を見てみましょう。

新車の値引きの裏技

 

イグニスとスイフト、それぞれのオススメグレード

雪道でイグニスを停めて男女が天体観測をする画像。HYBRID MZセーフティパッケージ装着車。ボディーカラーはネオンブルーメタリック。雪道ではタイヤチェーン・スタッドレスタイヤなどの滑り止めを装着し、安全運転を心がけてください。

引用:スズキ公式HP
イグニスです。車体の下がかなり余裕のあることがわかります。

引用:スズキ公式HP
スイフトです。イグニスと比べると重心が低いのがわかります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
このふたつの写真、どちらも横を向いてて、デザインの違いがよくわかるわ
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ワタシは、黒いスイフトのショット、めちゃくちゃキュートだと思います!

イグニスの場合

イグニスのラインアップはシンプルです。
上から順に、
HYBRID MZ   (177,1万円~)
HYBRID MX   (169,6万円~)
HYBRID MG   (140,8万円~)
の3グレードです。

エンジンは、全車同一のマイルドハイブリッドですが、装備の点でMXをオススメします。
リアシートのスライド機構が備わるのがMX以上となるからです。このスライド機構の利点はこのあとお話しします。
もし、ツートンのボディをお望みでしたら、最上級のMZに用意されています。
ボディカラーは、スズキ公式HP の「価格・グレード」からご覧ください。

スイフトの場合

スイフトのラインアップは、少々分かりにくいです。
HYBRID RS   (182,0万円~)    RSに簡易型のハイブリッドを搭載
RSt              (183,3万円~)  RSにターボが付き一番パワーがある
RS               (172,1万円~)    足回りの良いRSの基本型
HYBRID SL    (198,5万円~)    本格的ハイブリッドエンジン搭載
XG Limited    (148,8万円~)    標準モデル
の5グレードです。どれも似た価格なので、判断しにくく感じますが、上から順にみると、スポーティなRSにはエンジン違いの3種類があります。加えて、ハイブリッド標準型の2種類があります

この中で選ぶとなると、HYBRID RSがオススメです。簡易型のハイブリッドで、モーターだけで走ることは出来ませんが、燃費においてはかなりのメリットがあります。
こちらもボディーカラーは、スズキ公式HP、「価格・グレード」からご覧ください。

ということで、比較する2台が決まりました。どちらも、2WDモデルを選びました。
次は、いよいよ両車の直接対決です。

新車の値引きの裏技

 

イグニスHYBRID MS  対  スイフトHYBRID RS

イグニスに寄り添った生活描写。街、カフェ、都会、カメラ、ランニング、スキー、スノボ、キャンプ、天体観測などあらゆる利用シーンにマッチする。HYBRID MZセーフティパッケージ装着車。ボディーカラーはピュアホワイトパール

引用:スズキ公式HP

引用:スズキ公式HP

車格・キャラクター

イグニスHYBRID MSが169,6万円スイフトHYBRID RSは182,0万円です。
冒頭でご紹介したサイズと考え合わせ、スイフトはイグニスの1クラス(半クラス?)上級だと分かります。

イグニスは、スタイル優先のクロスオーバータイプです。そのため、車高も少し高くなっています。
最低地上高(地面から車体の底までの高さ)は180㎜と、かなり余裕があります。ちなみに、スイフトは120㎜です。(これくらいの数値が普通です)

イグニスの地上高がこれだけ高いというのは、悪路、雪道も想定した設計を意味しています。
「4WDまでは必要ないが、雪道を走る機会が多いので、冬はスタッドレスタイヤを履く」という使い方にピッタリです。「クロスオーバー」を感じさせるのはそこまでで、後は普通のハッチバックだと考えていいと思います。

デザインは、かなり大胆で、好き嫌いは分かれると思います。アルトの兄貴分のようなテイストですが、ワタシなど、未だにイグニスを見るとギョッとなります。
これまた私見ですが、エンジンフード横の黒いスリットは、いつ見てもカッコいいなと思います。あれは、イタリアンエギゾチックカー(スーパーカー)のノリですよ。パチパチ。

さて、スイフトですが、イグニスに比べると、オトナだなーと感じます。
デザインも、よく練られており、破綻を感じさせる箇所が見当たりません。
さて、この項目、あなたなら、どちらに軍配を上げますか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
おもしろい!  両方とも捨てがたいわ。

走り・運転感覚

エンジンは両車とも、同じものです。
車両重量が、イグニス880kg スイフト910kgですから、性能はほぼイーブンと言えます。

燃費は、その重量差がわずかに出て、イグニス28,0km/L、スイフト27,4km/L(メーカー値)、実燃費では、両車18~30km/L(!)あたりの数値が出ています。
どちらの車種も、すばらしい数値と言えます。

操縦性は、両車とも普通車をベースとしており、最近のスズキらしいかなりハイレベルなものと言えます。接地性、直進性ともまずまずで、高速でも不安のない走りをします。しかし、比較すると、スイフトに有利な項目と言えます。イグニスの場合、多少の重心の高さを感じさせます。

両車とも車幅は5ナンバー枠内なので、取り回しはラクです。とくにイグニスは、幅1660㎜なので、軽自動車から乗り換えてもあまり違和感を感じずにすむでしょう。また、イグニスは車高の高さが前方視界の確保に有利ですが、斜め後方の視界は、あまり良くありません。

居住性

クルマのサイズはスイフトの方が上ですが、実際の広さにあまり差は感じられません。
イグニスのスライドできるリアシートの効果は大きいですね。荷室も広く使えます。
ただし、特にリアシートの厚みはスイフトがあり、最終的なリアの居住性は、スイフトが上回ります。

乗り心地は、若干スイフトの方が落ち着きがあります。しかし、両車とも、リアタイヤが跳ねる傾向にあり、長距離だとリアシートの住人から苦情が出るかもしれません。

ダッシュボードのデサインは、両車ともなかなか好ましいものです。
外観同様、イグニスは、ちょっと個性的で凝ったデザイン、スイフトは、オーナーが求める世界観をうまく受け止めた、無難でスポーティなデザインです。

イメージ

どちらもカワイイ印象を受けます。
イグニスはお転婆の妹、スイフトはしっかり者の姉、といったところでしょうか。
そして、イグニスは、道具としてガンガン使いこんでいく相棒という感じ。
スイフトは、よそいきにもなるパートナーという感じ。 かな?

では、他人から見て、どちらが高い車に見えるでしょう?
これは、結構、大切なポイントかもしれません。
ワタシですか?  うーん、やっぱりスイフトですね。 イグニスちゃん、ごめんなさい。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
確かに、人の持つイメージは大切ね。いいクルマにも見られたいし、どんなライフスタイルなのかも表現したいわ。

新車の値引きの裏技

 

結論

  • イグニスはRV指向、スイフトは街乗り指向
  • そのため両者のキャラはかなり違う
  • 性能は互角
  • イグニスよりスイフトの方が1クラス上

ところで、
旅先のホテルを予約するとき、あなたなら、同じ料金で、中級ホテルの高い部屋と、高級ホテルの安い部屋のどちらを選びますか?
イグニスとスイフトの比較をしながら、そんなことを考えていました。

正解は、高級ホテルの安い部屋です。サービスと施設は高いままのレベルを享受できるからです。

今回は、両車とも中の上という、無難なグレードを選び、その対決となりましたが、やはり、クラスが上、というのは抗しがたい魅力があります。特に、スイフトという良く出来たクルマが相手の場合、なおさらです。

よって、この勝負、スイフトに軍配を上げます。

しかし! イグニスも、捨て去るのはもったいない! これをお好きな方は、こちらを選んでも何ら間違いではありません。

どうぞ、かわいい愛車との蜜月生活をたっぷりとお楽しみください。

参考記事はコチラ↓

 

 

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット