ジムニー

新型ジムニーの意味・歴史は?歴代最強モデルはどれだー!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは、ひろきです。

ジムニーは幅広い層から人気の車で、49年間の歴史があります。

そんなジムニー史上最強のモデルが何か知りたくないですか??

ここで、突然ではありますが・・・ジムニー総選挙を開催致します!!

と言いましても、既にファイナリスト2つが選ばれてるんです。

  • エントリーN01.JA11
  • エントリーN02.JB23
理恵(りえ)
理恵(りえ)
えっ・・できレースじゃないの??
営業マン
営業マン
そんな事はないです。
歴史も振り返りながらどちらが最強かご覧ください
スポンサードリンク

ジムニー誕生秘話

最強ジムニー発表の前に、ジムニーを語る上で切っても切り離せない秘話があるのをご存知でしょうか?

48年前の1970年に、初代ジムニーが誕生しました。「軽初の本格4WD」という斬新なアイデアで人気となっていくのですが、このアイデアはスズキが考えたものではないのです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうなの!? 詳しく聞かせてちょうだい

この斬新なアイデアのモデルとなったのは幻の「ホープスターON」なのです!!

ホープスターONとは、かつて車販売をしていたホープ自動車が売り出していた車種です。

(ホープスター自動車)
  • 1953年 3輪トラックの発売以降、個性的なスタイルの貨物車を販売
  • 1965年 自動車生産から撤退(遊園地の遊具生産に業態をシフト)
  • 1967年 撤退したものの、夢を捨てきれずホープスターONを開発、販売
  • しかし数百台の販売と結果がついて来ず、自社での製造販売を断念
  • 軽自動車生産メーカー各社にホープスターONを製造する権利を買ってもらうよう交渉
  • 運命の出会い:スズキが目をつけ、ここからジムニー開発が始まる
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
まさに運命ですね。
さすがスズキさん目のつけどころが違う! 

実際の映像をどうぞ↓

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
か、可愛い。
屋根も無いドアも無い
サバイバル感たまりません。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
お宝映像ですね

当時は、現在のような乗用車の4WDグレードは存在しない時代で、トヨタ ランドクルーザー、三菱 ジープなどの本格オフローダーしかありません。

小さなオフローダとして販売されたホープスターは、当時の販売価格55万円。トヨタ カローラの2ドアセダンが45.5万円ほど、軽トラが30万円ほどだったので、強気の価格設定でした。

営業マン
営業マン
ちなみにスズキ社内でも
ホープスターONは大ブーイングだったそうですが
製造権取得を主導したのは
当時常務、現スズキ代表取締役会長の
鈴木 修 氏
なのです。
原石を見つけるプロですね

ここから改良していきジムニーが誕生するのです。

名前の由来は公式サイトでは

発音のしやすさ、覚えやすさなどから作ったものです。

引用:スズキ公式HP

とあり、ジープ(Jeep)型のミニという意味からの造語なのだそうです。

これまでの歴史もふり返りながら、冒頭の2タイプどちらが最強か見ていきましょう。

新車の値引きの裏技

 

ジムニーの歴史

まずは、ジムニーの歴史と日本の自動車の歴史を比較してみたいと思います。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
オレンジ色がファイナリスト2モデルですね!

日本の歴史と比較すると
自動車の規制変更がある度に
それに沿ったモデルを発売しているのがわかりますね

知らない間にこんなにも
日本の規約が変わってるんですね。

写真でも歴史を見てみましょう。

引用:スズキ公式HP

愛好家の皆様のお声もどうぞ

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
え!? 現役?? 僕も乗ってみたいな

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんな用途もあるんですね。
古くなっても現役で活躍してる初代達さすがです。

引用:スズキ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
インドでは警察車両として働いてるんですね 。
オフロード仕様が生かされてますね。

引用:スズキ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ジムニーの進化と共に
みなさんかなり攻めてますね!
ジムニーはこうでなくては!!  

新車の値引きの裏技

 

最強モデルはどっち!?

歴史も見て頂き、読者様それぞれ最強ジムニーはあると思うのですが、以下の2タイプに絞って最強モデルを決定します。
まずはエントリーNO1 JA11のご紹介です。

JA11

引用:スズキ公式HP

  1. 1990年から1995年にかけて製造・販売されたモデル
  2. 1981年に初めて全面改良された2代目ジムニーの完成形
  3. 不整地の走破性が最も優秀ながら、舗装路での走行性能も悪くはない
  4. 1990年軽自動車の規格変更に伴い、同年3月に新規格対応の新型JA11を発売
  5. ジムニー初となるオートマチック、パワーステアリング仕様

 

これまでのジムニーとガラッとイメージが変わったのが、このJA11です。
これまでにない性能を追加し、より幅広い層に支持されるようになりました。
記録的な販売台数を残しています。

今尚現役で走ってるJA11、この動画によると部品もまだあるそうなので、改良していきより自分だけのJA11になりそうですね。

続いてエントリーN2 JB23です。

JB23

引用:スズキ公式HP

  1. 外観:スクエア→丸みを帯びたボディに
  2. 新軽自動車企画サイズの変更により、ボディサイズ、室内サイズが大きくなった
  3. 全て5ナンバーモデルに
  4. オンロードでの操縦安定性と、オフロードでの走破性の向上を実現
  5. パワーウインドウ、電磁式キーレスエントリー、リクライニング機能付リヤシート追加
  6. 運転席&助手席SRSエアバッグ、4輪ABS、軽量衝撃吸収ボディ追加
  7. 2001年には全世界累計販売台数200万台を達成したモデル

 

JA11から更に進化したのが、このJB23です。快適装備も追加され、より高い安全性になりました。日常使いできるオンロード用、クロカンやカスタムできるオフロード用があり、幅広いニーズに対応できる事から、20年愛され続け、ジムニー史上最大のロングセラーとなりました。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
日本の自動車規格によって
大きな変化をした2タイプなんですね。

以上に結果から・・・最強ジムニーに選ばれたのは

JB23」です。

ジムニーを現在まで幅広い層に知って頂けているのは、このJB23の爆発的な人気のおかげなのです。
この進化はジムニー史上最強とも言えると思い1位にしました。

https://twitter.com/jimny_jb64s_mg/status/1132926502159339520?s=20

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪の中を
あのスピードで走るのはさすがです。
走破性が向上したのがわかる動画ですね

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こちらはお買い物前の写真のようです。
日常使いとしても定着しているようですね。

オフロード、オンロードで現在も多様に使用されているJB23は最強ではないでしょうか?

新車の値引きの裏技

 

まさか!? 現行モデルをJA11型にする裏技

JB23に次いで最強モデルのJA11型に、なんと新型ジムニーが変身できる裏技があるのをご存知でしょうか?しかも大げさな改造もせずにです。

ジムニーファンの為に今回の新型ジムニーで用意されたのが、純正アクセサリーパーツです。パターンは2種類用意されています。

  • ホワイトボディベースの『ヘリテージスタイル』
  • ブラックボディベースの『リバイバルスタイル』

ヘリテージスタイル

引用:スズキ公式HP

サイドのステッカー、アクセントとなる赤いマッドフラップ(泥除け)、角型ボディで、見事にJA11スタイルになっています。

リバイバルスタイル

引用:スズキ公式HP

こちらはブラックを基調とし、グラフィックっぽいステッカーが90年代を彷彿とさせ、いい味を出しています。

営業マン
営業マン
どちらも純正アクセサリーだけで
簡単に、また費用も少なく
JA11スタイルにできるんです。

ジムニーファンにとっては有難いサービスですよね?
ジムニーの進化だけではなく
しっかり歴史も継承するという

スズキのジムニー愛さすがです。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ジムニーの歴史は幻の「ホープスターON」から始まった
  • 49年の歴史で最強モデルはJB23
  • 現行モデルもアクセサリー一つで90年代風スタイルになれる

今後のジムニーの進化がより楽しみになってきましたね。

関連商品

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ジムニーファンなら一家に一冊欲しいですね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
最強ジムニーのJB23をもっと知りたい方はどうぞ

関連サイト

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット