ジムニー

徹底比較! ジムニーとシエラ維持費が安いのはどっち? おすすめは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは、宏樹です。スズキのジムニーとジムニーシエラは、2018年に20年ぶりにフルモデルチェンジをしたことでも話題になりました。

アウトドアやレジャーを得意とする本格派4WDの軽自動車ジムニーと、ジムニーのボディを元に小型車規格のエンジンを搭載した小型車のシエラ。どちらも車にこだわりを持つ人たちに長年愛されています。

ジムニーに憧れているけど、ジムニーとシエラのどちらを買ったらいいのか迷いますよね。

それぞれの維持費がどれくらいかかるか知っていますか??

軽自動車だからジムニーの方が維持費が安いだろうと言う人が多いと思いますが、実は2019年10月の消費税増税に伴い、車の税金が大きく変わっているのです!!

そこで今回は、税制改正の情報も反映し、兄弟車と呼ばれるジムニーシエラの維持費について比較していきます!!

 

ジムニーとシエラ維持費が安いのはどっち?

引用:スズキ公式HP

ジムニーとシエラそれぞれについて、新車購入時からの3年間にかかる費用をまとめました。

以下の表をご覧ください。

比較表です

(表は筆者作成)

合計金額はジムニーが2,489,580円、シエラが2,749,400円となり、シエラの方が約26万円高い結果となっています。

一方で、車体本体価格を除いた費用だけで見ると、シエラの方が約8万円高くなっています。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
あら、ジムニーの方が軽自動車だから維持費が安いだろうと思っていたけど、維持費だけで見ると思っていたほど大きく差が出ないわね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 3年間で約8万円の差ということは、年間3万円弱の違いだね。毎月2,500円の負担と考えると、維持費はそこまで変わらないと思うよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
具体的にはジムニーとシエラの維持費はどう違うの??
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これから詳しく解説していくよ!!

シエラの方が税金の負担は大きい

軽自動車のジムニーと小型車のシエラの費用の1番の違いは、やはり税金の差です。

内容としては「自動車税」「環境性能割」「自動車重量税」がありますが、2019年10月1日以降の税制改正については次章で詳しく解説していきます。

購入時に払う必要がある「環境性能割」と「自動車重量税(3年分) 」の合計では、シエラの方が約45,000円負担が大きくなっています。

なお、「自動車重量税」は、新車購入時は3年分払いますが、4年目以降は車検の都度2年分を払っていきます。2年分で計算すると、ジムニーは6,600円、シエラが24,600円となり、シエラの方が18,000円高くなっています。

毎年負担する自動車税は、シエラの方が約20,000円高くなっています。

一方で税金とは異なりますが、車に乗る人全員が加入する必要のある「自賠責保険」があります。

次回の車検までの期間をカバーする保険料を払う必要があるので、新車購入時は3年分(37ヶ月分) を支払います。4年目以降は、車検の時に任意の期間の保険料を払っていきます。

自賠責保険料については、ジムニーとシエラでは金額にあまり差がありません。保険料は事故率などを元に決定されますが、ジムニーとシエラではあまり変わらない料率設定になっていることがわかります。

燃料代はあまり差が出ない

ジムニーとシエラのカタログ燃費は以下の通りです。

  • ジムニー (XC 4AT) : 13.2km/L
  • シエラ (JC 4AT) : 13.6km/L

 

上記の比較表は、年間走行距離10,000kmとして3年間で30,000km走行する想定で燃料代を計算しています。

どちらもレギュラーガソリン使用で、1リットルあたり140円で計算しています。

ジムニーとシエラは燃費があまり変わらないので、どちらも3年間で燃料代は約31〜32万円という結果となりました。

任意保険料はシエラの方が若干高め

任意保険料は保険会社によって様々ですが、下記条件でシュミレーションしました。

  • 40歳の男性
  • ゴールド免許保有
  • 車両保険あり
  • 対人・対物賠償は無制限

 

同じ条件でジムニーとシエラに乗った場合の任意保険料を比較したところ、ジムニーが約53,000円、シエラが約57,000円という結果となりました。

複数の保険会社の料金を確認したところ、シエラの方が任意保険料が概ね4,000〜5,000円高くなっていました。

ジムニーは頻繁にメンテナンスが必要

これまでシエラの方が維持費が高い項目について説明してきましたが、ジムニーの方が高い維持費がかかる可能性がある項目があります。

それは「メンテナンス費用」です。

具体的には「オイル交換」と「オイルフィルター交換」です。

エンジンオイルはエンジン内部を潤滑油として行き交い、エンジンのスムーズな回転を助けるものです。定期的に交換することでエンジンがスムーズに回転し、燃費の向上にも繋がります。

逆にメンテナンスを怠るとエンジンオイルが劣化してしまい、最悪の場合エンジンが故障してしまう恐れがあります。

オイルフィルターはエンジンオイルをろ過するフィルターで、エンジンオイル内のゴミを取り除いて綺麗に保つ役割があります。

こちらも定期的に交換しないとエンジンオイルが汚れたままになってしまい、エンジンが損傷を起こす可能性があります。

オイルフィルターの写真です

引用: トヨタ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
エンジンの中がこんなに真っ黒になっていたら、乗るのも怖いわ!! オイル交換とオイルフィルター交換はどのくらいの頻度で行った方がいいのかしら??

通常のガソリン車について、エンジンオイルの標準交換時期は走行距離15,000kmもしくは1年と言われています。

ただし、山道や雪道といったオフロード走行の多い車は、その2倍の頻度で交換することが推奨されています。

さらに、ジムニーのようにターボエンジンを搭載した車は、通常のガソリン車より頻繁にオイル交換した方が良いとされています。標準交換時期は走行距離5,000kmもしくは6ヶ月と言われています。

通常のガソリン車と同じくターボ車でも、未舗装道路のようなオフロードを走行することが多い車は、その2倍の頻度での交換が推奨されています。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
 シエラもジムニーもオフロード走行を重視した車だから、他の街乗りメインの車と比べて、頻繁にオイル交換やオイルフィルター交換をしないといけないってことね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ジムニーはターボエンジンを搭載しているから、3年間で12回のオイル交換が推奨されているんだよね。

一方シエラはその半分の6回が推奨されている回数だから、ジムニーの方が2倍のメンテナンス費用がかかるということなんだ。

オイルフィルター交換もオイル交換と同様、ターボ搭載エンジンは通常のガソリン車の2倍の頻度での交換が推奨されています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
オイル交換2回ごとにオイルフィルター交換を1回行うとしたら、3年間でシエラは3回だけど、ジムニーは2倍の6回必要になるね。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
車に乗り続ける限り必要なメンテナンスだから、地味に負担がかかるわね。

新車の値引きの裏技

 

2019年10月1日からの税制改正に注意!!

シエラの写真です

引用:スズキ公式HP

2019年10月から消費税が10%に引き上げられましたが、同時に自動車に関する税金も大きく変わっていたことをご存知でしょうか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
知らなかったわ。消費税の負担が増えるのに、まさか車の税金も上がるの?!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
消費税が上がることで車の販売が落ち込まないように、一部負担を軽くしたみたいだよ。

ただ、軽減される期間が1年間限定だったり、名称が変わっただけで実際の負担はあまり変わっていないというのが正直なところかな。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
税金のことはややこしくてよく理解できないわ。わかりやすく解説してくれる??
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
了解! これから改正された4つのポイントについて説明するよ。

ポイント1: シエラの自動車税が年間4,000円引き下げ

自動車税は4月1日時点での車の所有者に対してかかる税金のことで、毎年納める必要があります。税額は車の総排気量に応じて変わっていきます。

2019年10月1日以降、自動車税は車の総排気量に応じて1,000円〜最大4,500円が引き下げられます。

シエラは自家用乗用車で総排気量が1460ccのため、これまで自動車税は年間34,500円でした。2019年10月1日以降は年間30,500円となり、マイナス4,000円になります。

一方、ジムニーは軽自動車なので一律年間10,800円で、2019年10月1日以降も税率に変更はありません。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
自動車税は毎年納めるものだから、今後シエラを保有している間はずっと年間4,000円負担が軽くなるんだよ。 
理恵(りえ)
理恵(りえ)
 ずっと減税が続くのね! 4,000円あればみんなで美味しいランチを食べに行けるわ。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これまでは軽自動車の方が普通自動車より税金の負担が軽いというイメージだったけど、少し差が縮まったね。

ポイント2: 自動車取得税が廃止

これまで自動車を購入する時には、車の取得価格に対し登録車は3%、軽自動車は2%の自動車取得税がかかっていました。

2019年10月1日以降は、この自動車取得税が廃止されます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ちなみに取得価格は「新車価格(税抜) + オプション価格(税抜)に0.9をかけて計算し、1,000円未満は切り捨てる」算出方法が一般的だよ。

オプションに対しても税金がかかってくるところは要注意だね。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
自動車取得税が廃止になるのね!! とりあえずオプションは抜いて、新車価格から計算すると……シエラは3%だから約5万円、ジムニーは2%だから約3万円の負担がなくなるってことね。

将来のための貯蓄にこの分のお金を回せるわね!! 

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ところが喜ぶのはまだ早いんだ。自動車取得税は廃止になったけど、その代わり環境性能割が新しく導入されたんだよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
環境性能「割」って名前が付いているくらいだから、割引になるんじゃないの??

ポイント3: 環境性能割が導入【注: 課税です】

2019年10月1日以降は、自動車購入時に車の環境性能に応じた税率が課税されます。

電気自動車や、燃費基準を満たしている車は税率が軽減される仕組みです。

環境性能の基準に満たさない車は、廃止された自動車取得税と同じく登録車は3%、軽自動車は2%の税率が課されます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
残念ながらジムニーとシエラは環境性能の基準を満たしていないので、シエラが3%、ジムニーが2%の税率が適用されることになるよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
それなら自動車取得税と変わらないじゃないの!!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
まぁそう怒らないで。実は環境性能割は導入後1年間だけ軽減されるんだ。

ポイント4: 2020年9月30日まで環境性能割が1%軽減

2019年10月1日より導入された環境性能割ですが、2020年9月30日までの1年間の間に車を購入すると「1%」が軽減されます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
シエラで約17,000円、ジムニーで約15,000円の負担が軽減されるよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
もし車を買うつもりなら、この軽減される1年間のうちに買うのが正解ね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
納車までにかかる時間を調べて、軽減期間のうちに購入できるかどうか確認が必要だね。 

新車の値引きの裏技

 

まとめ

今回はジムニーとシエラの維持費について比較しました。

ポイントをまとめます。

<新車購入時から3年間にかかる費用>
  • ジムニー: 2,489,580円
  • シエラ: 2,749,400円
  • 合計金額で見ると、シエラの方が259,820円高い
  • 車体本体価格を除いた費用だけで比べると、シエラの方が78,320円高い
<維持費の違いについてのまとめ>
  • シエラの方が税金の負担が大きい
  • 燃料代はあまり差が出ない
  • 任意保険料はシエラの方が若干高め
  • ジムニーは頻繁にメンテナンスが必要

また、2019年10月1日より車の税金の仕組みが変わっているので要注意です。

  1. シエラの自動車税が年間4,000円引き下げ
  2. 自動車取得税が廃止
  3. 環境性能割が導入
  4. 2020年9月30日まで環境性能割が1%軽減

 

どちらの車を買うのか迷っている人のお役に立てれば嬉しいです!!

↓↓ジムニーとシエラに関する記事はこちらにもあります↓↓

新型ジムニーの納期・納車の状況は?待ち時間を短縮させる裏技を紹介

新型ジムニー車外・車内・荷室・タイヤのサイズは?

新型ジムニーシエラのグレードの違いを徹底比較!おすすめは上位グレードのJC!

新型ジムニーシエラの燃費は悪い?さらに燃費を良くするには?

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット