ランディ

新型ランディの年間維持費は高い?税金や保険料を安くする方法は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。

今回は新型ランディの年間維持費の紹介と税金や保険料を安く抑えるテクニックを紹介していきます。

この記事を読んだ新型ランディの節約テクニックを全部実践すれば、最大13万5,000円の節約が可能になります!!

あなたはこの13万円5000円を何に使いますか?

【新型ランディ】まずは知ろう! 年間維持費

新型ランディの年間維持っていくら?

新しいクルマを手に入れたのはいいけど維持費が高すぎでお金がどんどんなくってしまう・・・そんな風にならないためにも購入前に年間維持費用をおよそどれくらいかかるか調べておくのも大切ですよね。現実的なランディの年間維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

結論から先に述べますと、クルマの所有者によって最低15〜40万円と、幅広く維持費の金額が変わってきます。

3倍以上の差額はあるのは驚きですね。あなたは年間15万円と40万円とどちらがいいでしょうか? 知識のあるなしで大きく変わってくるのでここで損をしないよう理由を探っていきましょう。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
家計のためにも無駄な出費はしたくないわね。

新車の値引きの裏技

 

【新型ランディ】維持費の種類は?

税金

クルマを購入したら全員が払う必要がある税金です。税金には2つの種類があります。

  1. 自動車税
  2. 重量税

ランディの自動車税

自動車税の金額はクルマの排気量によって決まってきます。

ランディの排気量は2000cc。

2000ccの税金は39500円となります。

ランディの重量税

重量税の金額はクルマの重さによって算出されて支払う金額になります。

ランディの車両重量は1630kg。

ランディの初年度の重量税は10000円となります。

保険料

万が一事故を起こしてしまったときのために、自己負担を軽くするための備えになる保険のための料金です。保険の種類は3つ。任意保険・自賠責保険・車両保険となります。

任意保険

任意保険とは文字通り、任意で加入する保険です。人身事故などの保険がこちらに当たります。

自賠責保険

こちらの保険はクルマを所有者したら必ず加入が必要な保険になります。この保険に加入していないと一般の道路は走ることがきません。

車両保険

クルマに傷などがついてしまった場合に修理代を負担してくれる保険になってます。車両保険には2種類あります。

  1. フルカバータイプ
  2. エコノミータイプ

 

フルカバータイプとエコノミータイプの大きな違いは、「傷がついたときの保険として自分で傷をつけてしまった場合に保険代を保証してもらえるか?」の違いになってきます。

フルカバータイプならどんな理由で傷がついても保険をしてもらえますが、エコノミータイプの場合は他の人などが傷をつけた場合のみに保険が降りるという違いがあります。

車検代

こちらも「経費」として必須となります。クルマが公道を走るための整備がしてありますよ。という証明してもらうものです。更新頻度は2年に1度となります。

内訳
  1. 重量税
  2. 自賠責保険
  3. 検査印紙代

 

その他諸経費

他にも経費がかかってきます。主に日常的に支払う代金となります。その他と括ってしまいましたが、実は維持費の半分近くとなっています。節約することによって大幅に年間維持費が変わってきます。

  1. ガソリン代
  2. 駐車場代
  3. 高速代

 

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんなに沢山の種類の維持費があるのですね。

自動車保険を見直す

 

【新型ランディ】どこをどうやって減らす?維持費節約の極意教えます

維持費とは2つに分けることができます。

  1. 固定費
  2. 変動費

 

固定費とは、毎月(毎年)決まった金額を支払うものです。維持費のジャンルとしては、税金や自賠責保険が固定費にあたります。

変動費は、様々要因によって支払う金額が変化するものとなります。維持費のジャンルとしては、任意保険やその他諸経費にあたります。

固定費はなかなか変更することは難しいので、経費を減らすためには変動費をいかにして減らすか?が大切になってきます。

 

主な変動費
  1. 任意保険料
  2. 車両保険料
  3. 車検代(整備代・車検代行代)
  4. ガソリン代
  5. 駐車場代
  6. 高速代

 

維持費は毎月(毎年)支払っていくものなので、少しでも金額を抑えることができれば、年間数千円、数万円の節約にもなってきます。コツコツ意識して年間の変動費を下げるよう意識してみましょう。

では、次に具体的な節約法を見ていきましょう!

営業マン
営業マン
維持費削減のヒミツの小技を紹介します

自動車保険を見直す

 

【新型ランディ】知らないと大損!維持費を安くする方法

任意保険料の節約方法

保険の料金というのは、「リスクをお金で買う」ような認識で考えるとわかりやすいかもしれません。

保険の条件が多いために自分にとっては無駄なものや重複されて支払うケースが多いこともあります。

保険の見直しを定期的にすることによって、無駄なお金を払わずに済むこともあります。

現在では保険会社によっての価格の自由化がされているため、複数の会社から任意保険の見積りを取り比較検討するのが節約のコツになってきます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 どんな保険会社から見積りをとればいいの?
営業マン
営業マン
ズバリ!「ダイレクト系保険会社」です!
ダイレクト系保険会社

インターネットや電話経由で申し込みや解約ができる通販型の保険会社。営業マンや実店舗が不要なので会社側の固定費も安くその分保険料も安い傾向にあります。

 

代理店型保険会社

営業マンと対面形式で保険契約をする会社。実際に会って契約するので安心感はあるがその分保険料が高くなってしまう傾向にある。

どちらにもメリット、デメリットがあります。保険料を下げたいならダイレクト系保険会社、安心感や信頼を得たいなら代理店型保険会社を選ぶのがいいでしょう。

保険会社を乗り換える場合のデメリットとして、等級昇格が一年遅れてしまうことです。見積りをとってもらいどちらがいいのかをご自身に合った選択肢をしてください。

日頃運転する人を決めてしまえば、約18000円も減らすことができるので大幅に年間維持費を下げることも可能になります。

車両保険料の節約方法

車両保険料とは、クルマの修理費を補填するためのモノ。2つのタイプがあります。エコノミータイプとフルカバータイプ。

金額面で比較すると、フルカバータイプよりエコノミータイプのほうが平均で約3〜4万円安くなります。

なお車両保険は任意(加入しなても良い)ので、傷などをつけた場合に全額自己負担する覚悟があるなら、車両保険をゼロにすることも可能です。リスクとリターンを考えて選択してみてください。

車検代の節約法

車検は2年に一回必ず行う必要があります。車検を依頼する業者によって節約できる金額が変化してきます。ここでは3つの方法を紹介します。

  1. ディーラー保険
  2. 車検専門店
  3. ユーザー車検

ディーラー保険

こちらはクルマを購入した販売元に依頼をする方法。

メリットとしては、安心感と信頼性。購入先の検査なのでしっかりとした基準でクルマの状態をチェックしてくれるということ。安心をお金で買うイメージです。

デメリットとしては、丁寧な分お金がかかってしまうこと。丁寧に検査を行うということは時間がかかるので費用も当然高い傾向にあります。

車検専門店

車検を専門的に扱っているお店に頼む方法。

メリットは、スピード感とリーズナブルな料金設定。車検専門店だけあって整備の質も割と良いということ。ディーラー保険より安く済む傾向にあります。

デメリットは、部品交換にはあまり積極的ではないところです。部品交換する場合は取り寄せる必要があるために時間がかかってしまうためかもしれません。検査だけに特化しているようなイメージです。

ユーザー車検

こちらは自分で法定費用の支払い手続きや実際の検査などを行う方法です。

メリットは、車検のなかで最安値。クルマの知識がつく。

デメリットは、チェックが面倒臭い。部品交換が難しい。検査場が平日しか空いていない。

自分で車検行ったらいくら安くなるのか?

ディーラー車検にかかる代行手数料や過剰整備料が無くなるので、その分費用が浮きます。結果、ユーザー車検はなんと最低でも1〜3万円のコスト下げることができます

車検は2年に1回必ず必要になってきますし、この際自分で車検をするのも選択肢の1つに入れても良いかもしれません。40年間クルマを乗る人は、一生の車検の回数が20回分。最大で60万円の節約になってくるならなかなかの節約方ではないでしょうか?

自分で車検をするにしても全部をイチから憶える必要もなく、検査員の指示に従いながらチェックを行いますので、クルマの知識もつくので一石二鳥です。

この機会にユーザー車検も選択肢の1つに入れてみてください。

ガソリン代の節約法

ガソリンはクルマを乗る限り毎月支払う消耗品です。毎月の出費なだけにここを意識するだけで年間の金額が大幅に変わってきます。

ガゾリン代を節約するためには様々なテクニックがあります。カギとなるのは“燃費の向上”

燃費アップのコツ
  1. 発進のアクセルは滑らかに
  2. 余計な荷物は載せない
  3. ガソリンを満タンにせず半分をキープ
  4. クーラーはなるべく使わない
  5. タイヤの空気圧をチェック
  6. 渋滞になるような時間帯を避ける
  7. 目的地の最短ルートを前もって検索しておく

これらを意識しておくだけで、最低でも1000円の節約ができます。年間にすると12000円も節約できますね!

駐車場代の節約法

こちらの料金はかなり厄介になってきます。田舎などの地方なら1月で数千円で済む場合もありますが、都会などだと1万超えするところもザラにあるようです。年間に20万円を超えるとなると大きな痛手となってきますよね。

駐車場代の節約のコツ

これは安い駐車場を探すしか方法がないです。コツとしては駅から遠い場所やキレイに舗装されてない場所などが狙い目になってきます。

1月1000円でもコストダウンできれば、年間12000円も変わってきますので、少しでも安い駐車場を探してみてください。

ネットで探すのもいいですが、実はネットに記載されてない駐車場の方が狙い目になってきます。ネットに載っているということは、広告費を払って載せている場合があるからその分駐車場の代金に上乗せされている可能性があります。

ですので、広告費使っていない意外と口コミだけで広がっている駐車場などの方が安い傾向にあったりしますので、近所を散歩しながら一緒に駐車場を探してみるのも良いかもしれません。意外な掘り出し案件見つかるかもしれませんよ。

高速代の節約法

家族みんなで遠出をする時などは高速道路を使って移動をするケースもあるかと思います。この費用もかなりの金額になってしまうこともあります。

あなたは高速道路の料金をどんな風に支払っていますか? 現金? クレカ?

そんな人には絶対に【ETC】をオススメします。

メリットはたった1つ!

料金が30%OFFになります。逆に言えばETC以外だと30%も多く料金を支払うことになるんです!

  • ETC料金    1000円
  • 現金・クレカ  1300円

1回だと変わりが分かりにくいかと思いますが、10回だと10000円と13000円と3000円の違いも出てくるんです。高速道路は基本往復なので5回旅行に行くだけでここまで変わってきます。

ETCの加入はインターネットで簡単にすることができます。

新車の値引きの裏技

 

【新型ランディ】燃費維持に関するまとめ

節約額を総括をまとめて見てみましょう。

  • 任意保険          1万8,000円
  • 車両保険          3〜4万円
  • 車検代             1〜3万円
  • ガソリン代       1万2,000円
  • 高速道路代       1万5,000円
  • 駐車場代          2万円

この記事を読んだテクニックを実践すれば、最大13万5,000円の節約できますね。

いきなり全部まとめてやるのは難しいと感じる人は1つずつでもいいので、コツコツ実践していってみてください!

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット