ラパン

新型ラパンの年間維持費は高い?税金や保険料を安くする方法は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキの愛らしくておしゃれな軽自動車「ラパン」は、女性や主婦の方にも人気の車種です。メインとして使われている方や一家の2台目のお買い物車としての用途で使われる方も多いのではないかと思います。

とにかく見た目が可愛らしくて、街中を走っているのをみたら癒される気分になりますよね。また、カラーも豊富な「ラパン」は、街中で走っているのを見ると明るいカラーの車が多いように感じます。

そんな目を引く可愛いデザインの「ラパン」なので一家に一台欲しくなりませんか?

しかし、車は高額な買い物なので予算と相談しなきゃと思い、購入を迷われている方もいらっしゃると思います。

予算は購入価格もそうですが、その後の維持費についても検討しておかないと、後々車を買ってしまって毎月厳しいなんてことになってしまったら元も子もないですよね?

そんな新車の購入を検討されている方向けに、実際に「ラパン」に乗ったら年間いくら維持費がかかるのかを載せていきたいと思います。

また、中古車をご検討されている方にも、ここに出てきます年間維持費は多少なりご参考となりイメージをインプットできるのではないかと思います。

ラパンは年間約30万円の維持費が必要です

本サイトでは、ラパンは年間約30万円の維持費が必要と算定しています。

人それぞれ状況は違うので、駐車場代や保険料といった毎月かかる費用がなどは、それぞれの生活スタイルによって異なると思います。

そのため、年間30万という維持費はあくまで参考費用ですが、本サイトで計算の際に決めた条件は平均的なものとして計算しているので、最低これくらいはかかるのではないかと見込んでいてもいいのかなと考えています。

また、年間30万円の維持費を月割りにすると、毎月25000円くらいの計算となり、車の維持費としてはリーズナブルな費用ではないかなと思います。

新車の値引きの裏技

 

ラパンの年間維持費の内訳をご紹介します

先ほど「ラパン」の年間維持費について記載しました。では、その内訳についてご説明させて頂きます。内訳を把握することで、それぞれの生活スタイルに応じて、節約できる箇所があるかもしれません。

年間の維持費として必要なものは、

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検
  • 燃料代
  • 駐車場代

の7つの項目です。

下の表は「ラパン」の維持費を計算したもので、それぞれ上に書いた項目ごとの費用を載せています。また「ラパン」のグレードごとにも計算してあります。

次の項目では、上の表をどのように計算しているかについて述べていきたいと思います。

新車の値引きの裏技

 

ラパンの年間維持費の計算方法について

年間維持費を計算するのには、前に書いたとおり7つの項目に分けて算出しています。

それぞれの項目でどのように算出しているのかについてご説明します。

(軽)自動車税

自動車税は毎年4月1日に車の車検証上の所有者に対してかかる税金で、車の用途や排気量によって決められている税です。自家用車での用途で使われる方がほとんどだと思いますので、その用途では「ラパン」は排気量1L未満より、毎年の金額は10800円となります。また、この軽自動車にかかる自動車税は軽自動車税とも言われます。

ただし、エコカー減税が適用されるのですが、グレードによって燃費が異なり、燃費基準が違うため、エコカー減税率が変わっています。また、エコカー減税は新車購入付きの翌年1回の適用となっています

なので、エコカー減税率が大きいグレード、つまり燃費が良いグレードを選べば新車翌年の自動車税を減らすことは可能です。

自動車重量税

自動車重量税は、新規購入の際や車検の際に支払う車の重量に対する税金です。自動車と軽自動車で重量税の形態が異なり、購入から12年以内の軽自動車は、1年当たり3300円となっています。

自動車重量税もエコカー減税が適用されるため、グレードごとでエコカー減税率が違い、維持費の計算の中で適用しています。また自動車重量税へのエコカー減税は、新車購入時と初回車検時の時のみの適用となります

自動車重量税も自動車税と同様に燃費の良いグレードを選べば初回車検時の自動車重量税を減らすことができます

自賠責保険

自賠責保険は、自動車などを運行する際に法律上加入が義務つけられているものです。これは法律で決められているものなので、保険会社などによって値段が異なるものではありません。軽自動車は37か月で35610円、24か月で25070円となっています。

車検の際に入ることになり、新車購入から初回車検までの3年(36か月)と、初回車検から次の車検までは2年間(24か月)に支払うものなので、それぞれで分けて1年あたりの値段を算出しています。

任意保険

任意保険は義務つけられていない保険ですが、車を走らせる上で何かあった場合の補償として入られる方も多いかと思います。それぞれの生活スタイルによって支払う費用は異なってきます。

本サイトでの維持費の計算では、下記の条件で見積もり計算したところ、70000円という保険の見積もり結果を採用しています。

  • 年齢:26歳以上(社会人以上と仮定)
  • 車両保険:つける
  • 等級:18等級(最大20等級で3番目のランクと仮定)
  • 免許の種類:ブルー(ゴールドではありません)
  • 対人・対物補償・年間走行距離:無制限

と仮定して任意保険料の維持費を算出しています。

※保険見積もりサイトより

車検代

車検は新車購入3年後、初回車検後2年ごとに車検を受けなければなりません。

「ラパン」の車検の平均費用とされる50000円を維持費の算出に入れています。

燃料代

1年間の燃料代は、下記を仮定して算出しています。

  • 年間走行距離:12000km (毎月1000km)
  • ガソリン価格:140円(レギュラー)km / L
  • 燃費:「ラパン」ごとの各燃費より

人それぞれの生活スタイルによって、燃料代は変わるものですので、上の条件はあくまで参考値となります。

駐車場代

都市部から離れた場所にお住まいと仮定して、平均的と想定される

  • 駐車場代:月額1万円

と仮定し、年間24万円を維持費算出に入れています。

駐車場代はもちろん借りる場所によって違うため、それぞれの方の生活スタイルによって維持費用が変わってきます。

 

上の7つの項目から年間維持費を計算しており、生活スタイルや車種の選択などによって変わる費用は、固定費の自賠責保険以外の項目であり、

  • 自動車税/自動車重量税
  • 任意保険
  • 車検
  • 燃料代
  • 駐車城代

の項目となります。

新車の値引きの裏技

 

ラパンは普通自動車(アクア)より年間維持費が約6万円安い!?

軽自動車の「ラパン」とトヨタの普通自動車「アクア」との年間維持費の比較をしてみました。結果としては、「ラパン」がアクアよりも約6万円お安くなるのではないかと思われます。

トヨタ「アクア」は小型車で、ハイブリット車ということもあり、燃費が軽自動車の「ラパン」と同等かちょっと良いくらいです。サイズ、燃費ともに「ラパン」と同じくらいなので、購入で悩まれることもあるかなと思い、アクアとの比較をしています。

下の表は、「ラパン」と「アクア」をそれぞれの項目ごとの算出した値を載せた比較表です。表から「ラパン」が「アクア」よりも約6万円ほど安いのがわかります。

また、「アクア」が高いのは自動車税が「ラパン」の3.5倍となっていて、また任意保険も「アクア」の方が高いことが大きな要因となっています。

※上の表はエコカー減税適用をしておりません。初回車検以降の参考維持費です。

新車の値引きの裏技

 

ココを減らせばラパンの年間維持費が下げられます!

維持費の中で固定費ではなくて、生活スタイルや車種の選択によって変わるものは

  • 自動車税/自動車重量税
  • 任意保険
  • 車検
  • 燃料代
  • 駐車城代

と前にお伝えしました。

維持費を節約するには、これらの項目において節約することになります。

では、上の項目における節約に関して、述べていきたいと思います。

自動車税/自動車重量税

前にお伝えしたように、エコカー減税の適用により燃費の良いグレードを選べば、自動車税の場合は翌年の維持費、自動車重量税の場合は初回車検までの維持費は少しお安くなります。

任意保険料

任意保険料は前の項目で計算時に保険見積もりサイトから算出しています。いうなれば平均的な価格を算出しています。それぞれの生活スタイルや条件が異なるため、平均的な費用としているため、この任意保険料を上手く契約できれば維持費を少なくすることは出来ます。

車検代

車検代はどこに頼むかで大きく値段が変わってきます。一般的にディーラーで頼むと少し値段が高く、街中の車検認定工場などはディーラーよりもお安くしてくれるところもあります。

インターネットで車検の一括見積などを利用して、相見積もりをして検討するのがいいかと思います。

燃料代・駐車場代

燃料代は人それぞれの生活スタイルによって決まりますが、あまり節約効果の少ない要素です。しいていえば、駐車場などに止めているときにエンジンを切る、エアコンの温度調節をマメにするなどの方法がありますが、微々たるものかもしれません。

また、駐車代もお住まいの地域によって違いますし、周りに安いところがすぐ見つかるかもわかりません。しいていえば、安いところを見つけたらキャンセル待ちをお願いしましょう。筆者はそれで半額になったこともあります。

 

このように、年間の節約を上手くできる可能性のあるのは、

  • 自動車税/自動車重量税
  • 任意保険
  • 車検代

です。

この3つのことをよく検討して、年間の維持費を節約できるようにしたいですね!

新車の値引きの裏技

 

自動車税/自動車重量税を安くする

自動車税/自動車重量税のエコカー減税軽減率は下の表のとおりです。

表から、一番エコカー減税を受けられて、維持費が一番安くなるグレードは、

「グレード「X/S/L」のインバネシフトCVT 2WD」

です。

しかし、新車購入時にグレードやオプションなどで値段が異なるので、維持費をよく考えて購入しましょう。

また、下の表に新車購入時の基本価格と1年目に必要な自動車税/自動車重量税についてまとめました。

表をみると、新車購入時の基本価格はXとGグレードで約30万円違うのに対し、自動車税などの税金は4000円くらいと1年間でほとんど変わりません

なので、新車購入時にはグレードの選択をよく考えて購入したいですね。

新車の値引きの裏技

 

任意保険料を安くする

本サイトで年間任意保険料は、前に書きましたように条件を仮定して平均的な値を使って計算しました。

生活スタイルなどによって様々に保険の条件(走行距離や対人対物など)の選択がかわってきますし、保険会社によっても保険料が変わってきます。

なので、任意保険料も相見積もりをして、どの保険会社がいいのかを検討するのが節約の道となります。

インターネットを利用して契約すると、保険会社の人件費削減となりお安い保険料で契約できますので、是非一括見積をして保険料を検討しましょう。

自動車保険の一括見積

 

車検代をお安くする

本サイトで車検代は、前に書きましたように平均費用とされる金額で計算しています。

車検代もインターネットを利用して一括見積が出来ますので、相見積もりをしてお住まいの近くの車検認定工場やディーラーを検討しましょう。

車検の内容と値段を検討することで、年間維持費の節約になります。

車検の一括見積

 

まとめ

「ラパン」の年間維持費は約30万ほどかかります。月約25000円ほどで「ラパン」の維持費は比較的リーズナブルな費用だといえますが、節約も検討してみてくださいね。

新車購入時の価格や各維持費を比べてみて、お安く愛車を乗れるようにご参考になればと思います。

新車を購入する時は、ワクワクして時間を忘れて検討してしまうこともあるかと思いますので、楽しみながら色々と検討してみてくださいね。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット