ソリオ

3車種を徹底比較!ソリオとフリードとシエンタおすすめはどれ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

肌寒くなり、紅葉シーズンを迎えた今日この頃。家族でキャンプや紅葉を見に行たくなりますね。

コンパクトファミリーカーで有名なスズキのソリオとホンダのフリードとトヨタのシエンタを徹底比較しました!

子どもが喜ぶのはどーれだ?

新しい車を買って、子どもたちが喜ぶ姿をみたいですよね。見た目はワクワク!室内も広々と使えると嬉しいはず!見た目と室内の広さを比べてみました。

スズキ ソリオ

引用:スズキ公式HP

5人乗りのソリオ!

コンパクトに見えるオシャレな車ですね。

室内長×室内幅×室内高2515mm×1420mm×1360mm

コンパクトに見えて、室内は広くて驚きます。

ホンダ フリード

引用:ホンダ公式HP

6人乗りの3列シートのフリード。

シンプルなデザインで落ち着いていますね。

室内長×室内幅×室内高
3045㎜×1455㎜×1275㎜

トヨタ シエンタ


引用:トヨタ公式HP

7人乗り3列シートのシエンタ。

スタイリッシュでアクティブ!シエンタと対比的ですね。

室内長×室内幅×室内高
3045mm×1455mm×1275-1285mm

見た目だと、シエンタが派手!で落ち着いているのはフリード。中間が、ソリオといったところでしょうか。

広さは、長さと幅ではフリードとシエンタが広かったです。

高さはソリオが一番!ついつい、ジャンプしたくなる子どもにとっては嬉しいかもしれません。

新車の値引きの裏技

 

お財布に優しいのはどの車?

子どもの将来にかかる費用はた〜くさん。お金ほど大切なものはない!3車の価格と低燃費を比較してみます。

価格比較

ソリオ  1,486,100円〜

フリード 1,997,600円〜

シエンタ 1,809,500円〜

価格を見ると、ソリオが一番安いですね。

燃費比較

理恵(りえ)
理恵(りえ)
低燃費ってよく聞くけど、どういうことなの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ガソリン1Lでクルマが何km走行できるのかを数値で表したもので「燃料消費率」の略だよ。つまり、数字が大きいほど燃費が良くてガソリン代がかからないんだ!!
営業マン
営業マン
一定の基準を満たしたクルマは、エコカー減税が適用されるなど優遇を受けることができるので、購入予算の負担も減ります。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
へぇ!!低燃費って魅力的ね〜!

 

燃費一覧

ソリオ  32.0km/L

フリード 28.0km/L

シエンタ 28.8km/L

価格と低燃費を比較するとリーズナブルなのはソリオでした!トヨタが高いと思いきや、ソリオの次はシエンタ。価格ではフリードがお高めでした。

 

新車の値引きの裏技

 

家族の身を守る!一番安全な車はどれ?

万が一に備えて、安全装置はとても大切。安全性が高ければ、安心して家族旅行も楽しめますよね!安全装置を比較してみました。

スズキ ソリオ

スズキには、セーフティサポートがあります。

引用: スズキ公式HP

いくつかあるスズキのセーフティサポート。中でも、デュアルセンサーブレーキサポートは安心な機能です。

単眼カメラと赤外線レーザーの2種類のカメラで対象物を認識するシステムです。単眼カメラは歩行者や車両を映像で検知し、赤外線レーザーは夜の暗がりでも対象物を判別します。

また、ソリオは最高ランクの評価である「ASV ++ +」を獲得しています。

ホンダ フリード

引用:ホンダ公式HP

ホンダにはHonda SENSINGという機能が装備されております。

衝突を予測してブレーキをかけたり、 前のクルマとちょうどいい距離でついていったりできる機能。

常に「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」で 周囲の状況を認識し、ドライバーをサポートしてくれます。

フリードは、「ASV ++」を獲得しています。

トヨタ シエンタ

トヨタはToyota Safety Senseの機能でドライバーをサポートします。

引用:トヨタ公式HP

Toyota Safety Senseは、レーザーレーダーと単眼カメラ方式を併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減します。

シエンタは「ASV+」を獲得しています。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
“ASV”ってどういう評価なの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
自動車アセスメントと言って、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構による、自動車の安全性能の試験・評価のことなんだ!
理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうなんだ!評価を見るとソリオが高評価てことよね!!

新車の値引きの裏技

 

まとめ

  • 見た目がワクワクする車はシエンタ
  • ジャンプ!室内の高さはソリオ
  • 低価格・低燃費なのはソリオ
  • 安全性が高いのはソリオ

 

乗用車数が一番少ないけれど、お手頃な値段で安全性がしっかりしているソリオは3車の中では一番オススメ。

ソリオの安全機能はオプションで付けないといけないところもあるのですが、トータルみてもソリオがお得だと思います。

低燃費かつ低価格なので、コストを抑えた分は子どもの教育費に充てれますからね!!賢く選びましょう。そして、ワクワク家族でドライブに♪

ご覧頂きありがとうございました。

関連記事はこちら

 

 

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット