ワゴンR

新型ワゴンRの試乗記・試乗レポートまとめ!動画付きで分かりやすく紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんにちは!

新車を購入する時は高い買い物なので、慎重になりますよね!?色々な車種のカタログやパンフレットを見てみたり、情報誌を眺めてみたり。また、試乗に行ってみたりするのではないでしょうか?

そこで新型ワゴンRが気になる方や、これからご購入を検討されている方向けに実際に試乗された方の試乗レポートをまとめていきます。新車購入のためのご参考になればと思いますので。一読してみてくださいね!

子ども
子ども
新車ってワクワクするよね~
理恵(りえ)
理恵(りえ)
でも高い買い物だから慎重にならなきゃね

 

新型ワゴンRのラインアップ

「新型ワゴンR」のラインアップはどのようになっているのかをご紹介します。

「新型ワゴンR」には大きくわけて3種類のラインアップがあります。

新型ワゴンRのラインアップ

《グレード》

  • FA・・・・・・・・エンジン車
  • HYBRID FX・・・・HYBRID ベーシックタイプ
  • HYBRID FZ・・・・HYBRID スポーティータイプ

それでは各グレードについて詳細をご説明します。

FA

引用:スズキHP

FAグレードは新型ワゴンRの中で最もスタンダードなタイプのグレードです。エンジン車となっていて、MT(マニュアル)とAT(オートマ車)がラインアップされています

HYBRID FX

引用:スズキHP

FAグレードとは違い、エンジンと電気モーターを動力とするHYBRIDタイプのグレードです。HYBRID車のスタンダードタイプで、ラインアップの中で真ん中の位置にあります。

HYBRID FZ

引用:スズキHP

HYBRID FXからスポーティーにしたグレードです。エアロパーツ、アルミホイールなど外観がスポーティーとなっています。

グレードのラインアップを詳しく知りたい方は下のページに詳細が書いてありますのでご参考にしてみてくださいね。

《関連ページ》

新型ワゴンRのグレードの違いを徹底比較!おすすめはFX!

子ども
子ども
新型ワゴンRには3つのグレードがあるんだね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
どのグレードがいいか試乗レポートみてみよう

新車の値引きの裏技

 

《ワゴンR》試乗レポート

では、実際に試乗された方のレポートをまとめていきます。

まずは、下に試乗された方のコメント動画をご紹介します。

動画は上がHYBRID FX、FZの試乗動画、下がHYBRID FZの試乗動画となっています。もう一つのグレード”FA”の試乗動画は残念ながら見つけられませんでした。

おそらく、メーカー側がFAよりもHYBRID車を売り出したいということと、購入者も買うならHYBRIDという気持ちがあって試乗レポートがFAに関しては無いと言う事だと思います。

《HYBRID FXとFZグレードの試乗動画》

《HYBRID FZグレードの試乗動画》

試乗のコメント

試乗動画でのコメントをピックアップしました。

下の共通という項目では、動画の中でHYBRID FZの試乗でのコメントのものを中心にピックアップしています。それは、HYBRID FXとFZの仕様が同じ箇所なので共通項目としてまとめてあります。

HYBRID FX
  • 良い意味でゆったりした乗り心地
  • 足が良く動いてソフト(運転性能)
  • 街中で軽く乗るにはもってこいの車
  • 軽自動車ということを考慮して乗り心地は高い評価
  • スタビライザーという部品がないのでゆるっとした乗り心地
HYBRID FZ
  • 売れ筋モデル
  • ヘッドランプが迫力顔
  • スタビライザーがついているのでしっかりと走る
  • ロードノイズ(振動)が抑えられている
  • 速度の伸びがいい
  • ステアリング追従性のは良い
  • 乗り心地は良い
  • バランスの取れた車
  • 色々と装備がついてて先代よりも安くなっている
HYBRID 共通
  • 高く広い視野で運転しやすい
  • 停車中はとても静かな印象を受ける
  • モーターアシストが働いているのを感じる
  • 街中でストップ&GOしても燃費が27km/Lと良かった
  • 見やすいヘッドディスプレイ
  • センターメーター採用ということで運転席前方が広い
  • 運転席の足元周りが広く感じる
  • 後部座席は広く、前の座席との間にスペースが広い
  • トランクの掘りが深くなり、スペースが先代より広い
  • 荷室(トランク)の床までの高さが高くなっているので少し荷物を載せるのが大変で残念
  • ドアの内装が少し安っぽい

試乗コメントのまとめ

試乗のコメントから新型ワゴンRの特徴を下の表にまとめました。

HYBRID FXHYFRID FZ
運転感覚ソフトしっかり
乗り心地ゆったりと良いしっかりと良い
加速性能
運転視野
燃費コメントなし実燃費27km/Lと良かった
運転席前方広く感じる
運転席足元余裕があり広い
後部座席前座席とスペースがある
センターメーター運転席周りが広くなって良い
ヘッドディスプレイピントがあって見やすい
トランク先代より広くなった
トランク高さ先代より高くなり荷物載せるのが少し大変になった
ドア内装少し安っぽい
総評

試乗レポートから新型ワゴンRのHYBRID FXとFZは、軽自動車としては評価の高い車だと言えます。

試乗レポートでは、主に運転性能や乗り心地といったコメントがなされていて、HYBRID FXとFZの違いはFXがゆったりとした乗り心地、FZがしっかりとした乗り心地だということがわかります。

また、コメントの中では先代よりもとにかく広くなったという評価が印象的です。

子ども
子ども
軽自動車としての評価は高い車なんだね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
運転性能や乗り心地はいいみたいだね!なおかつ広いみたいだし
営業マン
営業マン
そうですね!価格もリーズナブルでHYBRID車が人気ですよ

新車の値引きの裏技

 

《ワゴンR》HYBRID FXとFZとの運転性能・乗り心地の違い

引用:スズキHP

試乗コメントでもあったように、運転性能・乗り心地でゆったりと良い、しっかり良いなどHYBRID FXとFZで違いが見られるようです。その違いは何かということをご説明していきます。

運転性能・乗り心地の基礎を決める構造

まず、総じて新型ワゴンRは運転性能や乗り心地が良いというコメントです。そもそも新型ワゴンRは、設計の段階で運転性能や乗り心地の面で性能向上や軽量化ということを目指して作られています。

それは、車の土台をしっかりと作っているために、走っている時に地面からの振動などの力を車の土台(プラットフォーム)で力を吸収あるいは力を分散させて逃がす構造となっています。

家で例えるとわかりやすいですが、地震が来た時に土台がしっかりしていると揺れを感じなくなりますよね?また力が逃げてくれると家は倒れませんよね?そういうイメージです。

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」

新型ワゴンRは新しいプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」というものを採用しています。

上の図を見てもよくわからないかもしれませんが、言うなれば鉄の部品を適材適所に配置することで、力を吸収または分散させることができ、適材適所なので無駄のない設計となり重さも少なくて済むという構造です。

しっかりと土台を作られていて、なおかつ軽いので軽い分燃費もよくなります。これがカタログ値で新型ワゴンRがトップクラスの燃費だといわれている所以です。

運転性能・乗り心地の違い

では、HYBRID FXとFZの運転性能・乗り心地の違いですが、それはHYBRID FZには

スタビライザー

という部品がついています。

このスタビライザーというのは、先ほどご紹介したプラットフォームに付く部品で、左右方向にバー(棒)を取り付けることで、横揺れを抑えることができます

実際に、スタビライザーがあるのとないのでどれほど運転性能・乗り心地に違いがみられるかを紹介した動画があります。興味のある方は、一度ご覧ください。

上の動画では、スタビライザーありと無しでコーナリングの際の揺れの納まりが全然違うのがわかります。

公道などの地面は完全にフラットではなく、多少なり凸凹していますので横揺れを受けたりします。その横揺れをこのスタビライザーが力を吸収してくれます

新型ワゴンRのHYBRID FZにはこのスタビライザーがついているため、HYBRID FXとFZの運転性能・乗り心地が違う評価をされていた理由です。

新車の値引きの裏技

 

《ワゴンR》室内空間の広さ

試乗レポートで評価されていました室内空間の広さについてご紹介していきたいとおもいます。試乗レポートでは、おさらいしますと、

  • センターメーター採用ということで運転席前方が広い
  • 運転席の足元周りが広く感じる
  • 後部座席は広く、前の座席との間にスペースが広い
  • トランクの掘りが深くなり、スペースが先代より広い

といったコメントがありました。

室内空間を説明している動画がありますので、そちらもご覧になってください。

上の動画では、後部座席の広さとトランク(荷室)の開口部などの広さの説明をしています。

  • 後部座席に座ると天井方向はレポーターのこぶし2個分、前座席との間はこぶし4個分
  • 開口部はとても広く感じる
  • サブトランクを使うことで、長いものもトランクに縦に立てかけられる
  • 前座席や後部座席を倒すことで、長いものも積み込める

といったことを動画で述べられています。

 

子ども
子ども
軽自動車って狭いイメージがあったけどね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
広くて乗り心地も良さそうだし、まったりと買い物に行けそうだわ
営業マン
営業マン
新型ワゴンRは室内空間も広くておすすめですよ!

新車の値引きの裏技

 

まとめ

新型ワゴンRの試乗レポートについてまとめました。

新型ワゴンRは、

  • 運転性能・乗り心地が軽自動車の中でも良い
  • 室内空間は広々

という評価で、おすすめの軽自動車です。

軽自動車のご購入をお考えの方は、新型ワゴンRも検討されてみてはいかがですか?

 

関連ページはこちら↓

新型ワゴンRの乗り心地は快適?後部座席は大人の男性でも足を伸ばせる?

新型ワゴンR車外・車内・荷室(トランク)・タイヤのサイズは?

新型ワゴンRのATとMTの違いは?口コミ・評判・レビューから徹底比較!

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット