ワゴンRスティングレー

新型ワゴンRスティングレーのエンジン交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

車のエンジンが故障した経験はありますか?エンジンが故障した場合、「修理できれば修理したい」という方が多いはずです。

実は、エンジンを修理するよりエンジンを交換した方が安い場合があるのです。

これは驚きですね。

ですが、修理よりも交換のほうが安い場合があるとはいえ、交換にも高額な費用がかかる場合もありますので乗り替えた方が安いという場合もあります。

また、エンジンを交換する場合、車を預けます。期間はおよそ2 ~5日ほど、長いと2週間ほどかかるので注意しましょう。修理になるともっとかかる可能性があります。

ここでは、一昨年発売された新型ワゴンRスティングレーエンジン交換方法、交換時期、値段や費用をお伝えします。

 

エンジンの交換方法?

見出しのエンジンの交換方法とありますがここでは、実際にエンジンの交換方法を紹介するのではありません。交換はプロの整備士さんに任せましょう。

では何を紹介するのかと言うと、どんなエンジンと交換するかですが、まずは新型ワゴンRスティングレーは2017年2月1日発売なので、メーカー保証を使いましょう。無償で交換ができます。

メーカー保証

メーカー保証とは、消耗部品以外のほとんどの部品を保証する「一般保証」と、重要な部品を長い期間保証する「特別保証」というものがあります。エンジンの故障は特別保証に入ります。保証期間は、新車から5年間または走行距離10万Kmの早い方です。

なので、中古でも走行距離が10万Km超えていなければ保証が受けられます。

保証期間が過ぎたら?

また、保証期間が過ぎたらどうするのという声もあるでしょう。もちろん有償になります。

エンジンの交換する場合は、

  • 新品のエンジン
  • 中古のエンジン
  • リビルドエンジン

の3つがあります。車に詳しくなくても新品のエンジンと中古のエンジンはわかりますが、リビルドエンジンは初めて聞来ますよね。

リビルドエンジンとは、中古のエンジンを分解し、使えない部品は新品に交換して、使える部品はそのまま使用して組んだエンジンのことです。

新品のエンジンはとても高いので、直して長く乗りたいという方におすすめです。一般的には、リビルドエンジンか中古のエンジンでしょう。おすすめは、保証が付いているリビルドエンジンです。中古のエンジンは、また故障する可能性が高いのでおすすめできません。エンジンの交換は、車に負担がかかります。

とくに同車種・同型・同仕様の車以外へ交換は、検査や調整が必須です。技術の高い整備士でないと、失敗する可能性も高いので注意しましょう。また同車種・同型・同仕様の車であっても、検査などや交換に手間がかかります。

「エンジン故障は廃車も前提に考えなくてはいけない」とも言われています。そのほかにもオーバーホールという壊れている部品のみ修理する方法もあります。

新車の値引きの裏技

 

交換時期は?

一般的に、新車で購入した車の寿命とされている走行距離は約10万~15万Kmといわれています。なぜかというとエンジンの寿命は約10万~15万Kmだからです。

しかし、この距離は定期メンテナンスを行わず、最低限の消耗部品のみ交換して走り続けたときの距離です。しっかりとメンテナンスをすれば30~40万Kmでも走ることもできます。逆に、メンテナンスができてないと10万Kmに満たなくとも寿命を迎えることもあります。

車の寿命の判断

「タイミングベルトが切れる」という車の寿命を判断するひとつとされている症状があります。タイミングベルトとは、エンジン内部のパーツで、交換目安をメーカーが10万Kmと推奨しています。エンジンなどの耐久性のある部品が故障するということは、他の部品も故障する可能性があり、それらを考慮して10万Kmを買い替えの目安にしている人が多いようです。

エンジンは車の心臓分なので、長く乗りたいのであれば定期メンテナンスを行いましょう。

新車の値引きの裏技

 

値段(費用)はいくら?

さて、エンジン自体の値段や費用はいくらになるのでしょうか?メーカー保証期間中であれば無償ですが、期間が過ぎればもちろん有償です。

エンジンの交換には、工賃だけで10万~20万円くらいの費用がかかります。工賃にエンジン本体の費用が加算されています。

高い順に、新品のエンジン、リビルドエンジン、中古のエンジンとなり、新品のエンジンと交換するなら少なくとも50万円は用意しましょう。

またエンジンが故障すると、エンジン以外の部分も故障する可能性が高くなります。なのでエンジンの修理や交換するよりも車を買い替えた方が安い場合もあり、中古車が買える金額になることもあります。まずは正確な見積もりをしてもらいましょう。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

  • 走行距離が10万Km超えてなければメーカー保証を使用する
  • 車の寿命は、走行距離約10万〜15万Km
  • エンジン交換するならリビルドエンジンがおすすめ
  • 交換料金は、工賃10万〜20万円+エンジンの本体の値段
  • 長く乗りたいのであれば、定期メンテナンスを欠かさないこと

いかがでしたか?エンジンが故障した時のどうするかはわかりましたか?

今回の記事を機会に、定期メンテナンスに出して見るのはどうでしょうか。

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット