比較記事

中古で買うならおすすめはどっち?ワゴンRとムーブを徹底比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。突然ですが皆さんは自動車を持っていますか?

駐車場代やガソリン代が高いなどの理由で若者世代の車離れがよく世間で話題になっているかと思います。

一方で11月4日まで開催されていた東京モータショーには12日間で130万人もの人が訪れており、実際のところ世間の車への関心はまだまだ高いようです。

特に軽自動車は安くて、都心の狭い路地での運転も小回りが利くので、普通車より手が届きやすいのではないでしょうか?

そこで今回は軽自動車の中でも特に人気のあるワゴンRムーブを徹底比較してまいります。

 

スポンサードリンク

概要

ではまずはワゴンRとムーブのそれぞれの大まかな特徴をみていきましょう。

ワゴンR

ワゴンRはスズキから1993年から生産・販売している軽自動車です。当時は軽自動車はボディが小さく小回りが利くといった長所がある反面、どうしても室内が狭くなってしまうという欠点が課題となっていました。そのため車高を高くすることで室内の広さを確保し、快適な窮屈に感じさせない快適な空間を実現したのが、この車種です。

現在も女優の広瀬すずさんや俳優の草刈正雄さんといった有名俳優さんがCMで出演しているため世間でもよく知られている車種ですよね。

引用:スズキ公式サイト

ムーブ

ダイハツが1995年から発売している軽自動車です。1997年以降はスタンダードモデルの他にムーブカスタムというスポーティーモデルも販売されており、「ふだん使いだけでなく、ちょっとしたおでかけにもぴったり」と謳われています。

引用:ダイハツ公式サイト

新車の値引きの裏技

 

中古価格

それではまず中古車の購入で最も重要な要素である「価格」から両車を比べていきましょう。(カーセンサー調べ)

ワゴンRの中古価格

平均価格:109.8万円

価格帯:49.5万円~188 万円

ムーブの中古価格

平均価格:108.6万円

価格帯:27.5万円~168.4 万円

 

中古価格まとめ

うーむ。平均価格は12,000円程ムーブが安くお得といったところですが、あまり大きな差はなさそうです。

ただ、価格帯の下限を比べてみるとムーブはワゴンRの半額程度で買えるものもあるようで、とってもお得ですね!

新車の値引きの裏技

 

維持費

先ほどは購入時に発生する初期費用で比較しましたが、次は燃費など実際にかかる維持費(燃費)は果たしてどちらがお得なのか検証していきたいと思います。

■ワゴンR

燃費:33.4km/L

(引用:スズキ公式サイト

■ムーブ

燃費:31.0km/L

(引用:ダイハツ公式サイト)

こちらの勝者はスズキのワゴンRですね。スズキの公式サイトにも燃費に関して「軽ワゴンNo.1」との表記があり、トップレベルを誇っているようです。

ちなみにどちらもエコカー減税の対象車となっており、お得に購入することができます。

新車の値引きの裏技

 

デザイン

では先ほどまでは価格といったところで比較していますが、今度は実際のデザインに関して比べてみたいと思います。

外観

まずは外観のデザインで比較していきましょう。

■ワゴンR

引用:スズキ公式サイト

 

■ムーブ

引用:ダイハツ公式サイト

外観の見た目はあまり大きな差はないようです。前後両方のライトの位置や形がやや違うので、どちらの顔がタイプかでここは好みが分かれそうですね。

内装

ドライブにおいて乗り心地ってとても重要ですよね。車内が窮屈で渋滞や長時間のドライブで疲れてしまうなんていったこと、皆さんも経験があるのではないでしょうか?それでは車内空間はどちらの車種が快適かどうか比べていきます。

車内の広さ

■ワゴンR

室内長:2,450mm

室内高さ:1,265mm

■ムーブ

室内長:2,080mm

室内高さ:1,280mm

ムーブの方が高さが高く、ワゴンRの方が足元が広々といったような結果でした。よほど背が高い人でない限り、車内では座っている時間が長いので、足元が広いワゴンRの方が快適なのではないでしょうか?

収納

荷物を引っ掛けるフックがついていたり、トランクに荷物がたくさん収納できたり、飲み物ホルダーがついているといった設備はどちらもあまり大きく変わらないようでした。

個人的に特徴的で便利に感じた収納をいくつかピックアップしてご紹介します。

■ワゴンR

・傘立て付

軽自動車初の傘ホルダーがドアについているので、足元が濡れることがなく快適に過ごせそうです。

・助手席シートアンダーボックス

助手席の人の荷物の置き場、困りますよね。後部座席に乗っている人がいると、膝の上における小さなハンドバックだけなら良いけど、大きな荷物を足元に置いたり…なんてことはないでしょうか?ワゴンRは助手席のシートがパカッと開いて、中に収納することができます。

■ムーブ

・助手席大型シートアンダートレイ

こちらも助手席の下に荷物が収納できるようです。ワゴンRと違って、座席シートを開けて収納するのではなく、座席の下にトレイが入っていてそこに荷物が置けるようです。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 初期費用はムーブの方が安い
  • 燃費はワゴンRのが良く、トップレベルである
  • 外観はとても似ていて、ライトのデザインの好みの問題
  • 背が高い人でない限りムーブのが足元が広くて快適
  • ワゴンRの収納の方が魅力的

いかがでしたか?

私個人としては、初期費用が断然安いことと、外観の好みが好きだったので、ムーブの方が良いなと感じました。。ただ、どちらの車種もそれぞれの長所と欠点があるため、それぞれの特徴をよく理解して購入検討することが何よりも大事だと思いました。

関連記事

 

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット