軽自動車

新型ワゴンRスティングレーの雪道走行は滑るって本当?滑りにくい走り方のコツはあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

雪道での運転、不安に感じたことはありませんか? スタッドレスタイヤを履いたから安心というわけではありません。 タイヤだけでなく、車種によっても雪道が得意であったりその逆もまたあります。

今回は、軽自動車の中でも室内広々で低燃費の人気車『ワゴンRスティングレー』が雪道走行に向いているのか調べてみたいと思います。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
 今年の冬は雪が少ないといいな…。雪道の運転はほんとに怖いわ!! 
子ども
子ども
 去年の冬なんか、田んぼに落ちたクルマを何台も見たよ!
僕の気に入ってるワゴンRスティングレーは雪道に強いのかなあ?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道はクルマにとっても最悪のコンディションだからね!
もちろん車種によって得意・不得意もあるし、安全に走行出来るようにある程度の運転技術は必要だよ 

 

スポンサードリンク

寒冷地のオーナーの声を徹底調査!! 実態が見えてきた?!

やはり一番気になるのが、実際のワゴンRスティングレーオーナーの真実の口コミですね。
ワゴンRスティングレー雪道走行の口コミやレビューを調べてみました。

ワゴンRスティングレー寒冷地での実態とは?!

降雪時ワイパーでかいた雪がエアコンの空気取り入れ口をすぐに塞いでしまい、除湿の効果が全くなくなる。

降雪時は決して運転してはならない、全く前方が見えず「棺桶にタイヤが付いたもの」としか言いようがありません。

不満な点
軽いことはデメリットもあるわけです。
タコヤキ状の氷が連続するボコボコ雪道では
車がヒョコヒョコと着地時の姿勢の乱れに驚きます。

更に、トルクの立ち上がりが鋭いので、圧雪凍結路では発進時に空転しやすいです。
K6のほうが穏やかに発進できた気がします。
雪道発進時はアクセルワークに気を使います。
降雪地域の方で迷われてる方はESPよりも迷わず4WDをお選びくださいw

不満な点
オートマは雪道はイマイチ安定しません。勝手にギア比が変動するのでパドルシフトがなければやってられません。が、マニュアルモードでもCVTが滑らかすぎで適正ギアが未だに分からない…

不満な点
雪が足回りに氷つくのが難点

狭い日本では軽自動車ほど状況にマッチした車はありませんし、
特に当方は豪雪地域在住なので、雪で道幅が狭くなった道路でも
安心して対向車とのすれ違いが可能です。
また、駐車場に停めるときには気軽に停めることができます。
普通車だと駐車場の枠によってはギリギリになってしまうような
場所でも楽に停められますからね。

引用:みんカラ

子ども
子ども
あれれ? なんだかイマイチな?…
理恵(りえ)
理恵(りえ)
広くて燃費も良いって聞いたけど、もしかして雪道は苦手なの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道については駆動方式でも違いが出てくるし、運転の仕方によっても変わってくるね

ワゴンRスティングレーで雪道を安全に運転するためにはどんなことに気をつければよいのでしょうか?一緒に考えてみましょう!!

新車の値引きの裏技

 

雪道走行、2WDだとキビシイ?

雪道などの悪路では4WDがよいと言われますね。それはなぜなのか見ていきましょう。

なぜ4WDがよいの?

4WD4輪すべてに動力があるので2WDとくらべてパワーがあります。タイヤが雪に埋もれて空回りという心配もそんなにありません。

特にワゴンRスティングレーの場合は燃費を抑えるために僅かな動力で動く仕組みにしているので、寒冷地の場合は2WDだと頼りないかもしれません。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪が降る地域の場合はパワフルな4WDがオススメだよ

豪雪地帯に住んでおり、スティングレー4WD所有しています。
特に不都合っていうのはありませんね。

スズキ車にはシフトレバーにオーバードライブのボタンがあるから
雪道には最適ですね。特に圧雪やワダチができてる下り坂の道。
ノロノロ運転されると、ついついブレーキを踏み、スピンする可能性があるが、
ボタン押せば回転数増やし速度が減速するのでブレーキふまなくても余裕で突破。

引用:価格.com

こんな口コミもありました。4WDであればそれほど困ることはなさそうですね。

もう怖くない!! 発進時のタイヤ空転回避術

先程のレビューにもありましたが、ワゴンRスティングレーはタイヤが空転しやすいとかなんとか…?!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
スタッドレスタイヤに変えても空転してスリップなんてこともよくありますよね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
実は車種というより、スタッドレスタイヤの装着の仕方や運転技術によって変わってくると言えるかな。
タイヤの空転回避のポイント
  • タイヤは必ず4輪すべてをスタッドレスに交換しましょう。
    駆動輪だけ交換してもあまり意味がないそうです。
    引用:一般社団法人日本自動車タイヤ協会
  • アクセルはゆっくり慎重に。
    クリープ現象でタイヤが動いてからアクセルを少しずつ操作することで空転を防げます。

 

もしもタイヤが空転しスリップ等をしてしまって止まれない時などは、クラクションを鳴らして、まずは周りのクルマに事態を知らせましょう。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道走行のときは、周りの状況や路面の状態に注意して、運転しましょう。 
理恵(りえ)
理恵(りえ)
大音量の音楽を聞いたり、崩れた姿勢で運転するととっさの危険に瞬時に対応出来ないわね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
とくに姿勢は大事だね! 背筋を伸ばして正しい姿勢で何があっても対応出来るようにしておきたいね。 

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

雪道運転のコツ、教えます!!

4WDで新品のスタッドレスタイヤを履いても、それで完璧とはいえません。雪道は危険がいっぱいです。

そこで、ここでは愛車のワゴンRスティングレーで雪道でも安心してドライブが出来るように雪道走行のコツを伝授いたします。

車間距離をひろーくとりましょう

雪道走行のときは、いつも以上に必ず何かがあると思って走行したほうがよいでしょう。前のクルマのブレーキや信号、歩行者の動きに慌てず対応出来るようになるべく車間距離をとりましょう。雪道の急ブレーキは本当に危険です。

むだに車線変更をしない

雪が積もった道路には、こおり固まった雪の轍ができていたり、タイヤの跡がつかないセンターラインにはたくさんの雪が残っていたりします。そんななかに突っ込むものなら、クルマはハンドルをとられ操作不能になって大変危険です。車線変更をするときや追い越しなどは慎重に

急発進、急ハンドル、急ブレーキにならないように!

雪道、特に気温が下がって路面が凍っている時などはとてもツルツルしていて大変危険です。急な操作をすると必ず滑ると思ってください。慎重な運転を心がけましょう。

新車の値引きの裏技

 

気をつけて!! いつもの場所が危険ゾーンと化す5つのスポットとは?

普段は何気なく走行している場所でも雪道となると途端に危険度が増します。ここでは、降雪時や気温が下がった時、特に注意したいスポットを紹介します。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
冬場の運転は苦手なのよね、道が凍っているとブレーキかけるのも怖くて汗
子ども
子ども
タイヤがハマって動けなくなっているクルマもよく見るよ
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道は普段以上に安全運転を心がけよう! それから、危ないスポットを予め知っておくのも大事だね! 知っていれば前もって注意ができるし、回避することも出来るからね。

雪道の危険ポイント①
交差点

普段から危険な交差点ですが、雪道は尚更危険がいっぱいです。特に路面の凍結時は氷が溶けたり凍ったりを繰り返してツルツルな状態です。特に右折や左折をする際は慎重に。また、除雪が不十分な所はタイヤの跡が凍って轍になっています。ワゴンRスティングレーで轍を乗り越える際は、車体が軽くて不安定になるために特に注意が必要です。

雪道の危険ポイント②
カーブ

カーブを走行するときはクルマの重さによって遠心力が働きます。雪道の凍結した道路でスピードを保ったまま曲がろうとすると、そのまま滑って道路外へと滑っていくのは容易に想像できますね。カーブ手前はできる限り減速を!

雪道の危険ポイント③
坂道

特に下り坂は路面が凍っているとブレーキをかけるのも戸惑います。急勾配の下りなどは予めシフトダウンしておくと走りやすいです。場合によってはRAWまで落としてもよいでしょう。また、片方のタイヤを路肩の雪部分に乗せながら走るとブレーキが多少かけやすいという場合もあります。

雪道の危険ポイント④
橋の上

冬の間は、橋の上は基本『アイスバーン』だと思ってください。風が常に吹いている状態ですので雪はなくても路面が凍結しています。ものすごく滑るので走行する際は慎重に。

雪道の危険ポイント⑤
朝の駐車場

夜間に降り積もった雪でタイヤが埋もれてしまうと、タイヤが空回りして動けないということがあります。また、除雪していないような所などは、動けたとしても車体の腹の部分が雪の上に乗っかってタイヤが浮いてしまうと、それもまた脱出しづらくなります。道路に出るまでに雪かきが必要になりますので朝のお出かけの際は時間に余裕を持つことも必要です。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 寒冷地帯での使用ならば4WDがおすすめ
  • スタッドレスタイヤは4輪すべてに装着を!
  • 路面凍結時の危険な箇所を予め知っておき危険を回避しよう!
  • 慎重な運転を心がけよう

雪道でもお気に入りのワゴンRスティングレーに乗って色んなところへ出かけたいですよね。
室内広々の快適な車内にスキーやボードを積んで雪山へ遊びに行ったり、秘境の温泉へ癒やされに行ったり、有名な神社へ初詣に行ったり…冬のお出かけもワゴンRスティングレーと一緒にお楽しみください。安全運転でね!!

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット