SUV/スポーツ

新型クロスビーの雪道走行は滑るって本当?滑りにくい走り方のコツはあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちわ!

おしゃれなで多目的に使えちゃう車として人気なクロスビー

でも、見た目はカワイイけど雪道での実力ってどうなの?安心して走れるの?

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなクロスビー雪道での走破性能を調べましょう

 

スポンサードリンク

クロカン街乗り両方良い所取りな優等生

理恵(りえ)
理恵(りえ)
 クロスビーの購入を考えていて、実家に帰省する時に雪道を走ることがあって、クロスビーの走りってどうなのかな?見た目が可愛いから苦手なのかな?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
見た目が可愛いから雪道が苦手だと決めつけるのはまだ早いよ!それじゃぁ!クロスビーの雪道での実力について一緒に調べよう!まずはクロスビーの特徴を見てみよう

 

スズキで本格的クロスカントリーとして抜群の知名度と実力を誇るのが2018年7月5日に待望のフルモデルチェンジをしたジムニーですよね。

見た目のゴツゴツしたデザインは軍用車を連想させ、現行デザインはカラーバリエーションも豊富で街中でもオシャレにマッチしていますがその本業はやはり

雪道、砂利道、川などオフロードがメインでアウトドアの趣向が強く、外観の可愛らしさや室内空間の広さなど女性やファミリー層からの購入対象からは少し外れていました。

女性にも満足してもらえるような可愛い外観でオシャレな内装、ファミリー層にも満足してもらえるような室内空間の広さ

そしてジムニーのようなオフロードでの高い走破性能、老若男女に受け入れられる優等生そんなコンセプトで開発された車それがクロスビーなんです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
見た目も可愛くて雪道も走れちゃう!って事は私にピッタリな車
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
うん!そうだね街乗りから、オフロードまで名前の通りクロスして走り抜けちゃうそんな欲張りな車なんだ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
なら雪道でもジムニーと同じように安心して走れるのね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
さすがにジムニーと同じレベルの走破性能は難しいかな、、、でも安心して!クロスビーには一般的な雪道での十分な走破性能と装備を備えた頼れる車なんだ!次はクロスビーの雪道での走破性能について調べてみよう

 

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

雪道で新型クロスビーが滑るって本当?

本格的なクロスカントリーと比べると

スズキ公式スズキ引用

確かに本格クロスカントリーと比べれば、劣ってしまうのも事実です、例えば15㎝~20㎝程度の新雪ならクロスビーでもグイグイ力強く走れますが、30㎝以上の新雪だとさすがに本格クロスカントリージムニーの出番です。

それでもクロスビーには、突然の雪やアイスバーンなどへっちゃらで走り抜けちゃう頼もしい実力を持っています。

舗装された路面はもちろん、滑りやすい雪道や荒れた路面などでも、いざというときに安心して走ることができる4WDシステムを採用しました。路面状況にあわせてさまざまなシチュエーションで走行できるから、行動範囲がより一層広がります。公式スズキ引用

スポーツ

力強いトルクを発揮。エンジン回転数を高めにキープすることで、パワフルでスポーティーな走りを実現します。公式スズキ引用

スノー

必要以上のエンジントルクを抑制し、タイヤの空転を抑えることで、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進・加速をサポートします。公式スズキ引用

グリップコントロール

タイヤの空転が発生した車輪のブレーキ制御を早めかつ強くすることで、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートします。公式スズキ引用

ヒルディセントコントロール

ブレーキ操作をしなくても自動的に車速を約7km/hにコントロールすることで、急な下り坂で車速を制御します。公式スズキ引用

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんな風にクロスビー4WDには4つのモードが用意されていて、その時の状況に合わせて選ぶ事が出来るんだ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
雪道ではどんなモードを設定すればいいの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道ではスノー、グリップコントロール、ヒルディセントコントロールこの3つのモードがおススメだよ。次はこのオススメ機能について詳しく調べよう

どんな雪道でも活躍するスノーモード

普通雪道を運転する時はタイヤのスリップを避けるために、発信や加速時に繊細なアクセルワークが必要ですが、それを自動で行ってくれるのがこのスノーモード!万が一タイヤがスリップしてしまっても自動でブレーキをかけてくれるから安心ですね。

アイスバーンでも楽々発進グリップコントロールモード

例えばアイスバーンでの発進時に片輪が空転してしまったそんな時に活躍するのがこのグリップコントロールモード!

空転している軸をブレーキ制御して、空転していない軸には強めのグリップをかけてくれます。この制御によってアイスバーンの滑りやすい状況でもスムーズに発進が可能です。

滑りやすい急な下り坂でも任せて安心ヒルディセントコントロールモード

実は雪道下り坂では危険がとっても多くスピードが出やすいし急なカーブが連続することも、そんな時に活躍するのがこのヒルディセントコントロールモード!ブレーキ操作をしなくても、時速7kmに維持してくれます。ペダル操作をしないで良いから視界の悪い時でも前方の道とステアリング操作に集中出来ますね!

注意:ただしモードには作動条件があります。

マニュアルモードに入っている

時速が25km以下である

この条件がそろっていないとボタンを押しても作動しません。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
すごい!こんなに頼もしい機能がそろっているなら、雪道での運転経験の少ない私でも楽に運転できそう!なんだか雪道で運転するのが楽しみになって来ちゃった!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね!実際に雪道でのアクセルワークやブレーキングを体験した事のないドライバーでも安心して運転できるよ。でもいくら運転サポートシステムが進化しているからって油断は禁物だよここでは雪道での走り方のコツや準備しておいたほうが良いアイテムを見てみよう

新車の値引きの裏技

 

雪道での走り方のコツ

スズキ公式スズキ引用

どんなに車が進化してもそれを運転するドライバーに心構えがなければ雪道はとても危険です。まず実際に雪道を走る前に雪道での心構えと準備を覚えましょう。

最低限準備するもの

スタッドレスタイヤ、タイヤ用チェーン

まず準備するのはスタッドレスタイヤです。ドライブ当日に雪が降っていないくて道路に雪がないからノーマルタイヤで大丈夫なんて安易に考えてはいけません。

溶けた雪が朝方に凍っていてスリップしてしまうなんて事もあります。2wd4wdどちらの場合でも雪が降る可能性がある地域はスタッドレスタイヤを装着しましょう!

また想定外の豪雪に遭遇してしまい、身動き取れなくなってしまうそんな緊急事態のために雪道用チェーンを常備しておきましょう!滅多に使わないかもしれませんが、いざという時にとっても重宝します。

『急』な運転は避けよう

まず雪道でやってはいけない運転は『急』の付く運転です。

これは急発進、急ブレーキ、急ハンドル、の事です。いくら優れた運転サポートがあってもスピードを出しすぎたまま雪道に突入してしまたり、急にハンドルを切ったり、急にブレーキを踏んでしまってはとても危険です。スピードの出たままスリップしてしまうと制御不能におちいる可能性もあります。

後続車には道を譲ろう

後続車が接近してきた場合は加速するのではなく出来るだけ道を譲りましょう。また道を譲るのは平坦な道か下り坂にしましょう、上り坂で道を譲った時に停車してしまうと発進時にスタックしてしまって立ち往生なんて事もあります。

減速時はエンジンブレーキを使おう

雪道でのブレーキングに自信がない場合はギアを一つ下げてエンジンブレーキを使いましょう。ブレーキを踏まずに減速出来るので安全に減速出来ます。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうなんだ!車の性能に頼り切るんじゃなくて、雪道を運転するまえの準備と心構えがとても大切なのね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだよ!せっかく欲しい車を買っても事故してしまっては意味がないからねしっかり準備してから出かけよう!
スポンサードリンク

まとめ

公式スズキ引用

  • クロスビーはオシャレな見た目と雪道での高い走破性を合わせ持つ頼れる車
  • 多彩な走行モードが用意されていて、初心者でも安心して雪道を走る事が出来る
  • 一般的な雪道やウィンタースポーツを楽しむレベルなら十分な走破性能を備えている
  • 雪道で走る前に道具や心構えも忘れずに準備

 

クロスビーは運転初心者からアクティブに遊びたいハードなユーザーまで、幅広く愛される車です。

普段乗りでは快適に、そして急な雪道では力強く走破!この他にもコンパクトなボディーにはたくさんの魅力が詰まっています。

あなたの使い方は街乗り?アウトドア?さあ今からクロスビーと一緒に走り出しましょう!!

 

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット