アルト

新型アルトのオイル交換方法は?時期はいつ?費用はいくら?

スズキ新型アルト

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさま、こんにちは。

今日は新型アルトのオイル交換時期について軽く述べたいと思います。
新型アルトって、最新の軽自動車の割りに値段が安くリーズナブルな上に、アルトワークスは、今時珍しいマニュアルミッション車でもあります。

そんな新型アルトについて、オイル交換の時期などについて、説明をしたいです。エブリイワゴンのオイル交換との比較にも触れたいとも思います。

オイル交換の時期はいつ頃が良いのか?

引用:スズキ公式HP

オイル交換の時期は、あくまで3,000~5,000km。または半年に一回の交換を推奨しています。

エンジン内に鉄粉が溜まると性能が落ちるだけでなく、エンジン焼けの原因にもなります。

オイルが漏れたりすると、エンジンの修理になったりして、かえって高く付く場合もありますので、エンジンオイルの交換はこまめにやりましょう。

 

DIYは総合的に見て安く済むが、敷居が高い。

引用:スズキ公式HP

初心者とも言えども、自動車学校で習うのは、あくまで運転技術。
メンテナンスまでは習いません。

自分でオイル交換できる猛者ともなると、オイル代とオイル処理箱代だけで済みますが、オイル処理箱の処理が地方自治体によって違いがありますが、不燃物として捨てなければならないほど面倒で、それまでの保管が大変です。

エブリイワゴンも新型アルトも同じ軽自動車なので似たようなものですが、オイルエレメントなどは違います。

エブリワゴンのオイル交換はある動画では簡単にできると録画されていますが、自分でやるには、ある一定以上の技術が必要ですし、ジャッキなどの装備が余分に必要になってきます。

エブリイワゴンはエンジンが助手席の下にありますし、素人が簡単に調べられるものではありません。

新型アルトの場合はどうでしょうか?

DIYでやろうとすると、様々な道具が必要になってきます。

  • オイル入れ(2.7リッター入れば大丈夫なので、普通に買える。)
  • カップレンチ
  • 下に潜って作業ができる環境(ガレージ)か、ジャッキアップ
  • 17のメガネレンチ
  • オイル処理箱
  • パーツ洗浄スプレー
  • その他

これらを買い揃えるのは、実に大変です。

そこでライトユーザーは、ディーラーか、カー用品店でやってもらうのが吉です。

 

ライトユーザーはオートバックスでやってもらうのが一番。

ライトユーザーは、どうすれば良いのかと言うと、新車の場合でしたら、ディーラーで無料点検をやってもらうことが多いものです。

しかし、中古車やディーラーよりも安く済ませたい場合は、カー用品店でやってもらうのが吉です。

オートバックスでオイル交換をやってもらった場合の値段を調べました。

  • オイル交換 525円~(軽自動車は525円で済みますが、オイル会員になって無料化したほうがお得。)
  • オイルエレメント交換 525円~(軽自動車は525円で済みますが、オイル会員になって無料化したほうがお得。)
  • エンジンオイル 実費(純正品は高い。鉱物油と化学合成油があり、化学合成油が高い)

これだけで、実質3,000円でお釣りが来ます。(エレメント込みで4500円前後)

ライトユーザーはぜひ、オートバックスなどのパーツショップでオイル交換しましょう。

 

DIYのメリット・デメリット

DIYのメリット・デメリットについて述べたいと思います。

DIYのメリット

  • 長い目で見れば、安く済む。
  • こだわりのオイルをネット価格で買うことが出来る。
  • エンジン、足回りなど他の部品のメンテナンスが同時に出来る。

DIYのデメリット

  • ジャッキやガレージなどの装備が別に必要。
  • オイル処理箱の処理のタイミングが地方自治体によって違うことがある。(不燃物か、危険ゴミ扱い。)
  • 服が汚れる=作業着を着れば回避できる。
  • 指先が荒れたりすることがある=ゴム手袋をつけると回避できる。
  • 作業に失敗すれば、車の修理になるかも知れない。(自信がなければ、プロに任せよう。)

 

パーツショップのメリット・デメリット

パーツショップのメリット

  • 作業時はピットにいるだけで済む。
  • 作業用の道具・ガレージを買い揃える必要がない。
  • 軽自動車だったら、値段を安く抑えることが出来る。
  • 専門の知識が特別必要がない。

パーツショップのデメリット

  • こだわりのオイルの持ち込みができない。または、値段が上がる。
  • ネット通販で安く済ませることができない。
  • オイルが万が一漏れていた場合、コーティングを押し売りされる恐れがある。
    (ディーラーいわく、オイルポットにヒビが入らない限り、漏れることはないとのこと。)
  • メンテナンススタッフを選ぶことができない

 

まとめ

せっかくの新車だから、ディーラーで見てもらうことをおすすめしたいのですが、ディーラーでは純正品しか扱いがないので、純正品以上の製品を使うことができません。

パーツショップもピンからキリまであるので、ご自分にあった場所が見つかるといいですね?

また、N/A車やターボ車によっては、扱うオイルが違うことがありますので、そのへんも慎重に選ばれることをおすすめいたします。

それでは、楽しいカーライフを!

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット