メンテナンス PR

スズキ愛車無料点検(9月まで)は受けるべきか?何故、無料点検を開催しているの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

宏樹です!

スズキ愛車無料点検という言葉をコマーシャルやSNS、ネット上などで見たことがあるでしょうか?

スズキは、ほぼ毎年スズキ愛車無料点検を実施しています。では、この愛車無料点検は受けるべきなのでしょうか?

また何故スズキは、無料で愛車点検を開催しているのでしょうか?

今回は、僕が調査したスズキ愛車無料点検で得られるスズキディーラー側のプラス部分や、ユーザーは受けるべきかという点などについてお話しします。

スズキ愛車無料点検(9月まで)は受けるべきか?『点検項目は?』

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
わたし、テレビで見たことあるわ!このスズキ愛車無料点検!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スズキは大々的にコマーシャルを行っているから、見たことある人も多いのではないかな?

スズキは、毎年スズキ愛車無料点検を行っています。では、この点検内容は、どのような物なのでしょうか?

15項目の点検をしっかり無料で行ってくれる

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
15項目の点検が行われるのですね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
15項目だから30分くらいとも言えるかな
宏樹の勝手目線

15項目の点検は無料なのですが、点検の中で見つかった不具合を直すのは有料です。軽い気持ちで点検に出したら、「不具合があります」と言われると、その店で直すことが多いのではないでしょうか?特に日本人であればそうなる気がします。

もちろんこういった不具合探しも、点検する方からしたら大事な仕事になっているとも言えます。点検は無料ですが、修理は有料であることをしっかり考えましょう。

納車後1年以上経過の車が対象で9月までの開催

理恵(りえ)
理恵(りえ)
点検って年がら年中行っているのかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
今年は、9月までとなっているよ!

愛車点検無料ののぼりがある店舗が対象

理恵(りえ)
理恵(りえ)
のぼりがある店で点検すれば良いのね?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ディラー店舗によっては、スペースの関係などによって実施していないこともあるみたい、だからのぼりのある店を見つけておくと良いね!

スズキ愛車無料点検(9月まで)は受けるべきか?『なぜ無料?』

ここでは、スズキディーラーがなぜ愛車無料点検を実施しているのかについて触れてみます。

顧客は無料だがディーラーはメーカーから点検料がもらえる

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ユーザーは無料で嬉しいけど、それだとディーラーは点検する時間などで経費が掛かっちゃうわよね?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
うん!単に無料点検していれば、ディーラーの経費が増えてしまうよね。

スズキ愛車無料点検を実施すると、ディーラーはメーカーから点検手数料がもらえる仕組みになっていることが多いでしょう。そのため、点検を無料で行っても極端なマイナスにならないようになっています。

点検しながらリコール対象車や対策済みの有無を調査できる

理恵(りえ)
理恵(りえ)
リコール対策済みかがわかるのはすごくうれしいわ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
リコール対象車か知りたいがために、点検に入れる人も多いみたいだよ!

リコールの有無や対策済みかは、車検証があれば検索できます。もちろんスズキ愛車無料点検では、車検証もディーラーは拝見します。そのときに車がリコール対象かなどについても調査します。

もしそこで、見対策の車があれば、それをユーザーにお知らせし、ディーラーの費用負担で対策できます。もちろん工賃などがディーラーに入りますので、それも利益になります。

無料点検から新規ユーザーの拡大を目標にできる

理恵(りえ)
理恵(りえ)
点検している間に新車を見たら欲しくなっちゃうかも・・・
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ディーラーさんの一番の目的だよ!それは!!!

スズキ愛車無料点検を行う最大のディーラー側メリットは、新車を売る環境が増えることです。

例えば10年前のモデルに乗っているユーザーが居て、20万キロ走行していたとしたら、そろそろ乗り換えの時期となる可能性があります。

こういった車両情報やユーザー嗜好などを店舗に待っていて知ることができるのが、スズキ愛車無料点検だと感じます。

スズキ愛車無料点検(9月まで)は受けるべきか?

それでは、スズキ愛車無料点検を受けるべきなのでしょうか?僕なりに解説してみます。

愛車無料点検を受けること自体は車にとって良い事!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
点検を無料で受けない方が良いという選択肢はあるのかしら?だって無料ですよ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
点検自体を受けることは、僕も賛成だよ!

無料点検を受けるという事は、点検時に不具合が見つかり、大きな故障を未然に防ぐことができるという事です。点検自体は受けて良いと思います。

ただし、無料点検の副産物として、新車を薦められたり、今後の故障や乗り換えの話をされたりする可能性があります。自分の意思をしっかり持っておくことは大切でしょう。

新車割引クーポンを配布している店舗もある!

引用:スズキアリーナ幸手中央HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
新車買い替えのクーポン券を配っているの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そういう店舗も実際にあるみたいだよ!理恵さん食いついた!

新車を売りたいと強く思っている店舗は、上記のようなクーポン券を配っている場合もあると考えます。

通常値引きのほかに、3万円のクーポンを利用できるのであればお得感が増すといえるでしょう。

15項目の点検は実は自分でもできることが多い!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
点検項目は、自分でもできるようなものなのかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
車に少し知識のある方ならできると思うよ。日常点検に少し毛が生えたといった内容だから!

少し自分で愛車を整備している方は、15項目の点検に物足りなさを感じるかもしれませんね。なぜなら「自分でやっている項目が多いじゃん!」となるからです。

ということはこの愛車無料点検は、車の維持整備に無頓着な方が、一番向いているといえるでしょう。

まとめ

スズキ愛車無料点検(9月まで)は受けるべきか?何故、無料点検を開催しているの?をまとめると

  • スズキ愛車無料点検は、ディーラーが新車を販売するための情報集めの場であるといえます(ディーラー目線では)。
  • 車の維持管理に無頓着なユーザーは、スズキ愛車無料点検を受けておくのは良いと考えます。リコールも見つけられます。

 

今回は、スズキ愛車無料点検について触れてみました。スズキは、新車を売るために色々なキャンペーンをやっていますが、ある意味この無料点検もその一環としてのサービスと感じます。

こんな記事もおススメ→ハスラーのエアコンは大丈夫ですか?エアコンが効かないと危険な時も!

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット

カテゴリ