ジムニー

新型ジムニーリセールバリューの相場はいくら?高く買い取って貰うコツは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

自動車の売却をするとき、自分の車がいくらで売れるのか気になりますよね。
自動車を売却する際の価値をリセールバリューと呼び、車種やブランド、新車時の価格と密接に結びついています。

今回は2018年に約20年振りに変身をとげ話題となった新型ジムニーのリセールバリューについてご紹介いたします!!

年代問わず、絶大な人気を誇るジムニーリセールバリューの相場はもちろん、より高く買い取ってもらう為のコツもご紹介!!

本題に入る前に、まずは新型ジムニーの魅力に触れてみましょう。

 

ユーザーの心を刺激する、本格派軽自動車

引用:スズキ公式

2018年7月に20年振りにフルモデルチェンジして、発売開始前から話題になっていた4代目となったスズキ「ジムニー」。
発売開始から1年が過ぎましたが、ユーザーの期待以上の車という事で、まだまだ人気が衰える事を知りません!

街を走れば、最近の新型車は丸い車が多いですが、それとは逆に角ばったフォルムは健在。
直線基調のボディに伝統の丸型ヘッドランプを備え、原点回帰のイメージです。
ジムニーファンを裏切らないルックスに仕上げてきましたね。

最も大切なのは、ジムニー/ジムニーシエラは『悪路向けのSUV』である事を忘れていません。
モノコックフレームではなく、初代モデルからの伝統であるラダーフレームと4輪リジッドサスペンションを採用。さらに、ターボ仕様のFRベースの4WD!
ステアリングや足まわりは、悪路・雪路はもちろんビックリするほどの激しいデコボコを難無く受け流す設定になっています。

200万円以下で世界TOPクラスのパフォーマンスを楽しめるジムニーは多くのユーザーが注目し、SUVの本質を突いた本格派軽自動車とも言えます。

新車の値引きの裏技

 

リセールバリューとは?

日常で耳にする機会が少ないため、リセールバリューという言葉を知らない人も多いので簡単に説明すると……

「リセール=再び売る」・「バリュー=価値」ということで、 購入車を使用したあと新車購入時の下取りとして、販売するときの価値のことです。
一般的に3年後に手放す場合に、どのくらいの価値があるのかという予想になります。
新車価格に対する残価比率としてパーセントで表すこともあります。

リセールバリューが50%ということは、3年後にはおそらく新車の50%程度の価格で売却できるだろうということになります。

一般的な利用の場合(3年間で3万km程度)では、おおむね40%から60%程度であることが多い傾向にあります。

なんと同条件での状態の良いジムニーのリセールバリューは84%!!  実際には車種、装備、色、利用状況、消費ニーズなどによっても左右されるので、購入時の推測はあくまで推測ですが、最近の販売手法では、このリセールバリューを保証する「残価設定プラン」での契約を結ぶ方も多くなっています。

3年を目安にリセールバリューを考える理由は3つ

  1. 新車購入だと車検が3年後にあり、メーカーの保証が3年までであること
  2. 新車に乗ってから年数が浅いうちは比較的よい状態が維持されていることが多く、マイナス査定も少ない
  3. 手放す車が最新モデルであれば、人気が落ちないうちに売ってしまうことができるので、高い査定額が期待できます

 

新車の値引きの裏技

 

リセールバリューのメリット

車を買う時に、なぜリセールバリューを考えなければならないのでしょうか。

その理由は大きく分けて3つあります。

手放すとき、お金になる

リセールバリューが高い車を選ぶことで途中で手放すことになった場合、次に買う車の実質コストが抑えられるからです。

先程も言いましたが、一般的に3年経つと売値が新車価格の50~60%程度まで下がると言われています。(状態にもよりますが……)

3年を目安にリセールバリューを考える理由はさまざまですが、新車だと車検が3年後にあり、メーカーの保証が3年までであることが特に関係しています。

また、新車に乗ってから年数の浅いうちは比較的よい状態が維持されていることが多くので、マイナス査定も少ないです。

さらに手放す車が最新モデルであれば、人気が落ちないうちに売ってしまうことができ、高い査定額が期待できます。

新車で人気の車種はリセールバリューが高い

新車時に人気の車種はリセールバリューも高く、高価買取の可能性が高いです。

新車時に人気ということは、誰もが欲しがる人気車種だけではなく、たとえ少数でも絶対にこの車に乗りたい!という根強いファンの多さも含みます。
中古車の場合(特にジムニーのような!!)でも車自体に人気があれば、高値がつきます。

急な生活の変化や家庭の事情にも応用が利く

「家族が増えた」・「子供の年齢に応じて車の使い方が変わっていく」・「転勤の可能性がある」などなど、急な環境の変化によって途中で乗り換えることもありますよね?

多くの人はローンを組んで購入するので、そう簡単には手放せません。
不要になった車を持ち続けるのは損ですし、それを踏まえた上で車を選んだ方が合理的です。

セールバリューが高い車を選ぶことで、便利さを維持しながらお得に気に入った車に乗ることができます。

 

新車の値引きの裏技

 

気になるジムニーのリセール状況は?

引用:スズキ公式

軽自動車ながら高い機動力をもち、外見の格好良さやアウトドアでの利便性を備えたジムニーは、国内外で安定した人気を誇っています
SUVファンだけでなく、日常的に山道や悪路はもちろん、雪道での走破性といった理由で指名買いするユーザーが多くいるため、必然的にリセールバリューが高くなります
大きめのSUVと異なりボディが小さいので、狭い駐車スペースでも停められるのが利点です。

またジムニーはモデルチェンジしてもイメージが大きく変わらない部分もリセールバリューは高くなります。

その理由は、モデルチェンジしても旧モデルの車に乗り続けることに抵抗がなく、中古車として購入する人も多くいるからです。

何といってもジムニーの最大の特徴である、凹凸の激しい道を走り抜く高い車高とラダーフレーム構造に併せ、ぬかるみやわだちでタイヤが滑るのを防ぐデフロック付き四駆を備えていること。

その2点が、軽自動車ながら本格的なクロスカントリー車として固有のファンを持ち、特別に人気となっています
優れた耐久性が値落ちのしにくい理由にも繋がりますね。

さらに、ジムニーは海外でも人気があり、このこともリセールバリューに大きく影響しています。
現在の納車状況を見ても、ジムニーのリセールバリューはトップクラス!

短期での乗り換えでのリセールバリューはもちろん、5年以上の長期保有の場合でもかなり高いリセールバリューが期待できます

通常の軽自動車は走行距離が10万kmを超えると一気に買取価格は下がる傾向にありますが、ジムニーの場合、同じぐらいの年式の車よりもはるかに買取金額が高くなります。

もしジムニーを買ったけど、1年や2年乗って自分のライフスタイルに合わなくなった場合でも割と安心です!

注意
ただしジムニーシエラ(普通車)の方は従来通りでいくと、それほどリセールは良くない傾向にあります。シエラは中古車市場で余り人気が高くないので注意が必要です。

 

新車の値引きの裏技

 

高評価・高価買取を狙うためのポイント

買っただけで得をしそうな新型ジムニーですが、より高いリセールバリューを狙うには以下のポイントを心掛ければバッチリです。

ジムニーの人気グレードを購入

ズバリ!ジムニーの売れ筋人気グレードは、上位グレードの「XC」又は特別仕様車のランドベンチャーです。前モデルのジムニーの流通台数を見ても、この2台は多いです。

ジムニーのグレード構成は、ベーシックグレードのXG豪華なXC・ベーシクグレードのXGに追加の装備を付けたランドベンチャーの3種類があります。
ジムニーXGの上位グレードであるXCには、フォグランプやリヤシートヘッドレスト・ルーフレールなどの追加装備が14個も装備されています。

特別仕様車のランドベンチャーには運転席・助手席シートヒーターや本革巻ステアリングホイール、専用メッキフロントグリルなど14個も装備が追加されています。

やはり、高級車並みの装備を備えた、見た目が豪華なランドベンチャーは人気があります。

しかし現行ジムニーではまだ発売されていないので、現状では上位グレードの「XC」がリセールの高いグレードといえます。

現行ジムニーでも特別仕様車や限定車が追加されれば、1番の売れ筋グレードとなるでしょう。

グレードを確認したい方はコチラをチェック

オートマorマニュアル

さらに近年はオートマ車が当たり前になっていますが、マニュアル車は希少性も高くオールドファンからも絶大な人気があります。

ジムニーの5速マニュアル車なら、オートマ車よりリセールが強く、さらに年式が古くなったり、走行距離が伸びても価値が粘り強く残るので、長く乗る人でもミッション車がおすすめとなります。

リセールバリューから見たおすすめグレードはやっぱりXCの5速マニュアルになります。

リセールバリューから見たおすすめのカラーは?

ジムニーは色によるリセールの差はそれほど大きくないですが、それでも売却時には気になりますよね?

ボディカラーも外せない要素の1つです。

特に人気があり相場が安定しているのが、ピュアホワイトパールブルーイッシュブラックパールです。

また前モデルではブラウンも人気が高かったので、現行ジムニーでもやや強いかもしれません。

またブラック2トーンルーフは人気が出る事が予想されるので、リセールでもプラス査定が期待できるでしょう。

乗り手の好みが分かれるレッド系、ブルー系、イエロー系などの原色はリセールバリューが下がる傾向があります。

人気の高いブラックやホワイトとそれ以外の色の車では、3万円以上査定金額が違う事もよくあるそうです。

カラーバリエーションを確認したい方はコチラをチェック

人気のオプションが装備された車はリセールバリューが高い

装備が充実しているの方が、確実にリセールバリューは高くなります。

特に大多数の人がつけたがる純正装備(自動ブレーキやカーナビ、ETCなど)が付いている車種はその例です。これらの装備をあえて選ばなかった場合、リセールバリューが下がる場合が多いです。

革シートやエアロパーツなど好みが分かれるものは、リセールバリューにはあまり影響しないのでご注意を!

逆効果!?  カッコ良くカスタマイズしたジムニーは元に戻さないと安い査定になる……

 

あとは皆さんも見たことあると思いますが、ジムニーは改造車比率が非常に高いです。
そしてしっかりとした改造車需要が中古車でもあります。

ですが、買取業者で売却する場合、改造した車はジムニーに限らず安い査定になることが多いです。
なぜなら、買取業者の多くは改造した車を販売するルートを持っていないからです。

ポイント1
改造したジムニーの買取を業者に頼む場合は、事前に元の状態に戻すことをおすすめします。その為にはジムニーを改造した際は純正品はオークションなどで売らずに手元に保管しておいてください。

ポイント2
エンジンルームまではあまり手を掛けない方がいいです。
というのも、かなりの大金を注いでエンジンを改造したところで、見えない部分に対しては付加価値が付き辛いのです。

結局は、ノーマルで乗るのが一番損しないんです。

車を売るベストなタイミングは?

いざ売ろうと思った時、最大限に高価買取を狙うのならばタイミングも重要です。
一般的には以下のタイミングで売ることをオススメします。

  • 車検前に売る
    基本的なことですが、車検に通しても車検費用が査定額に上乗せされることはありません……。車検が近い場合は、車検前に売ってしまうことがオススメです。

 

  • 決算時期やボーナス前に売る
    これもよく耳にする話ですが、決算時期の3月や9月は新車、中古車ともに車が一番売れる時期です。需要と供給のバランスがとれたこの時期が一番高く買い取ってもらえる場合が多くなります。またこの時期にはさまざななキャンペーンも実施されてたりします。賢く活用しましょう。

 

つまり3月末に売却するよりも1月や2月に。9月末よりも7月や8月といった少し早い時期に売却をした方が高値で売れる可能性があります。
新モデルが出たばかりのジムニーでもその点は変わりません。

3年を目処に売ってしまう

新車購入の場合は3年経つと車検があり、それなりの費用が発生します。

長く乗り続ければ走行距離や年数が経過するにつれて売値が下がっていく上に、メンテナンスの費用もかかります。

しかし、3年を目処に乗り換えると買取に出しても高い査定額がつく可能性が高く、車検費用もかかりません
これらの差額を次の車に乗り換える時の購入費に充てることで、総合的なコストが安くなります。

必須!!定期点検をした整備記録を残しておく

次に大事な点は定期点検をした整備記録を残す事です。定期点検整備記録簿は、オイルの交換や消耗品の交換をしたかなどの記録が残っています。

しっかり定期点検をしたことが確認できれば、買取業者も安心して車を販売できます。

もし、整備記録がなければ、大幅なマイナス査定に響きます……。
定期点検整備記録簿を無くしてしまった場合は、メンテナンスノートを探せば整備記録簿も一緒に入っていることが多いので今すぐご確認を!

日頃からジムニーを可愛がる事で査定金額アップが狙える

車を売却する場合、車が綺麗な状態と汚い場合では査定金額に差が出ます。

普段から車を洗車していたり、車内の掃除をして可愛がっていれば、買取業者も安心して車を販売できるので、その分査定金額も高くなります。

例えば、洗車を済まし、その上ワックスまでかければ見た目がかなりよくなります。
査定士は、マニュアルに沿って買取金額を割出しますが、判断するのは人間です。

やはり、状態が綺麗な車だと他の項目を査定するときも「この人は信頼がおけそうだな」と思ってもらえるので、査定が甘めになる可能性は……、

ゼロではありません!!

あとはもうサビとの闘いです……。

沿岸部や毎年冬には雪が多く降る地域の方々は頑張って頂くしかありませんが、こまめに洗浄してなんとか乗り切りましょう!

ジムニーの買取相場を知っておくことが大前提

買取業者によっては安く買い取ることを一番に考える業者も多いので、1つの買取業者だけで判断すると、ここまで頑張ったのに損をします。

売却予定のジムニーの車種がどのぐらいの値段で売れるのか相場が分かる事で、感覚も掴めるし、今後の交渉にかなり役立ちます。

その場合、店に出向く事無く、自宅のソファーから指1本でできる、ネットでの一括査定がオススメです!

ネットで簡単に一括査定ができるので、手間が掛かりませんし、初めての方でも簡単に操作できるので安心。
複数の業者を比較することで値段交渉の結果、査定金額が大幅にアップするケースがあります。

最後の裏技!

最後に紹介するのは、かなり手間も時間もかかる個人売買です。
知り合いに聞いて回るのもいいですが、手取り早いのはヤフーオークション (通称:ヤフオク)などでジムニーを出品して、車を売却します。
書類の準備に保険の準備と全て自分でしなくてはなりませんが、面倒なら個人売買の代行業者に依頼をする方法もあります。

個人売買のメリットは、ジムニーマニアの方が落札をしてくれるので、買取業者や下取りに出すよりもビックリする値段がつきやすい点です。

補足

年式が古い車は、逆に希少価値が高いので思わぬ値段がつくこともあります

 

しかし、個人売買のデメリットは出品するのにかなり詳しく説明を書かなければならないのと出品するだけで数千円かかります。(ヤフオクの場合)
そこそこ車に詳しい方でも大変な作業が多いです。
なんといっても面倒なのは金銭トラブルに発展する可能性がある点です。
特に専用掲示板でのメッセージだけでのやり取りをするのは危険性が高いので注意してください。
あまりオススメは出来ませんのでオマケ程度にお考え下さい。

新車の値引きの裏技

 

おまけ

引用:スズキ公式

ジムニーは軽自動車なので税金が安いです。

ジムニーの軽自動車税は年額1万800円、ジムニーシエラの普自動車税は2019年10月1日から3万500円になりました。

車検を受ける時に納める2年分の自動車重量税は、ジムニーが6,600円、ジムニーシエラは2万4600円です。

車両の価格は、消費税10%になりましたので、ジムニーの最上級グレードとなるXCが1,875,500円、ジムニーシエラJCは2,057,000円になりました。

アルミホイールとタイヤのサイズが異なり、ジムニーシエラにオーバーフェンダーが装着されるといった違いはありますが、価格差となる181,500円の大半はエンジンの違いによるものです。

価格が割安なのは約18万円安いジムニーで、税額も下まわります。
なのでジムニーを選ぶ方の方が多い傾向にあります。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

高いリセールバリューを狙う方法をまとめると……、

  • 人気のあるグレードを購入する(現状のおススメはジムニーXC)
  • できればミッション車の購入(免許がオートマ限定の方はあしからず)
  • 車のカラーはピュアホワイトパールとブルーイッシュブラックパール又はブラウンを選ぶ
  • 手放す際は、ベストなタイミングを狙う
  • 純正パーツや定期点検整備記録簿は必ず保管しておく
  • 日ごろからジムニーを可愛がる 

 

スズキの稼ぎ頭、新型ジムニーはいかがでしたでしょうか?

唯一無二の軽自動車として、新車・中古車ともに絶大な人気を維持し続けています。軽自動車のリセールバリューランキングでも常にトップクラスに位置しており、まだまだ高価買取を期待できます。

今回の記事を参考に、是非賢くカーライフをお過ごしください!!

もしくは、乗ってみたくなってウズウズしてきた方は、こちらの記事を参考にしていただければ、いつハンドルを握れるのか詳しく解説してありますので読んでみる価値アリですよ!! ⤵︎⤵︎

新型ジムニーの納期・納車の状況は?待ち時間を短縮させる裏技を紹介

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット