ジムニー

ジムニーシエラの意味・歴史は?歴代最強モデルはどれだー!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

ジムニーシエラは言わずとしれた、スズキの軽自動車ジムニーから派生した車ですね。軽自動車のジムニーから、普通自動車へと変化したジムニーシエラ。多くの車愛好家から愛でられ、または仕事や日常生活でも必須としているジムニーシエラ。その辿ってきた歴史を、知りたくありませんか。

スポンサードリンク

ジムニーシエラの意味って?

引用:公式スズキHP

ジムニーシエラという名前はどこからきているのか?そんなのは分かっているよ、ジムニーの…えーと。ということにならないように、しっかりとどんな意味なのかを知っていると惚れなおされますよ。

ジムニーシエラ=JIMNY SIERRA

ジムニーとは、発音のしやすさ、覚えやすさ。シエラとは、スペインや中南米の連邦や山脈の意味を持っていることから、上質なイメージを持たせることによって名前をつけたそうです。SIERRAはスペイン語ですから、それだけでもかっこよく響きますね!

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

ジムニーシエラの歴史

引用:公式スズキHP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 歴史は苦手だけど…ジムニーシエラのなら覚えられそう 

初登場は1993年のジムニーシエラJB31

パワフルなエンジンとワイドボディーを謳われてデビューした初代ジムニーシエラ。感動的な圧倒感、威風堂々さが漂っていますね。ジムニーをベースにしてあるとはいえ、全く別の作品として、ジムニーシエラの存在感を誇っていますね。

SPEC-JB31

エンジン型式 水冷直列4気筒4サイクル
総排気量 1,298cc
最高出力  70PS/6,000rpm
最大トルク 10,4kgm/3,500rpm
ボア×ストローク 74.0mm×75.5mm
サスペンション  リジッド式リーフスプリング
全長×全幅×全高  3,470mm×1,545mm×1,670mm
ホイールスペース 2,030mm
トレッド(前/後) 1,300mm/1,310mm
車両重量 980kg

引用:公式スズキHP

 

ジムニーシエラは、乗り心地もそうですが、それ以上に悪路を楽々と走ることができるスペックの高さ、ジムニーから受け継がれてきたラバーフレームなど、周辺装置の改良された点などが、注目ですね。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 かっこいい!僕も乗ってみたい! 

2代目 1995年 ジムニーシエラJB32

 

 

 

 

引用:公式スズキHP

今にも目の前に迫ってきそうな、迫力満点のジムニーシエラ2代目です。こちらは初代より高性能な分、はるかに重くなったのでは?と思いきや、実は車両重量軽量化を果たしているのです。進化は止まる気配がありませんね。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 初代とどう違うか、乗り比べだぜ 

SPEC-JB32

エンジン型式 水冷直列4気筒4サイクル
総排気量 1,298cc
最高出力 85PS/6,000rpm
最大トルク 10,8kgm/3,000rpm
ボア×ストローク 74.0mm×75.5mm
サスペンション リジッド式コイルスプリング
全長×全幅×全高 3,510mm×1,545mm×1,670mm
ホイールスペース 2,030mm
トレッド(前/後) 1,300mm/1,310mm
車両重量 960kg

引用:公式スズキサイト

3代目以降 1998年 ジムニーシエラJB33/43

引用:公式スズキHP

2代目に続き、3代目ジムニーシエラは孤高で、大人の余裕すら感じさせる存在感ですね。この車に乗ってどこまでも飛ばしていきたい、そんな大人の夢を再現したくなる、素敵なモデルです。

こちらは当初、「ジムニーワイド」と名前を変えて登場しましたが、2002年にはジムニーシエラとして、名前を戻したようです。ジムニーの歴史の中で考えていくと、少し異端児ですね。

spec

エンジン型式 水冷4サイクル直列4気筒
総排気量 1,298cc
最高出力 85PS/6,000rpm
最大トルク 11,3kgm/4,500rpm
ボア×ストローク  74.0mm×75.5mm
サスペンション 3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
全長×全幅×全高 3,550mm×1,600mm×1,705mm
ホイールスペース  2,250mm
トレッド(前/後) 1,355mm/1,365mm
車両重量  1,010kg <1,030kg>

表の引用:公式スズキHP

 

ジムニーの歴史とは切っても切れない仲

ジムニーシエラは、ジムニーから派生していますので、ジムニーの歴史もここで少し掘り下げていきましょう。ジムニーシエラの歴史は、ジムニーがあってこそ。共生しているからといっても過言ではありません。

ジムニーは、1970年代に登場しました。ラダーフレームを基本として、舗装の整っていない道でも信頼した走りができる車、軽自動車の本格四輪駆動車として有名ですね。実用性の高い車ですが、見た目のよさも群を抜いています。

ジムニーは初代から今に至るまで、様々なモデルチェンジをしながら愛され続けてきています。ジムニーシエラも、ジムニーのモデルを見直すタイミングで見直されたりと、ジムニーの歴史とは切っては切れない仲ですね。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 ジムニーシエラの良さは、外見だけでなく、改良されてきた中身も見過ごせないな

新車の値引きの裏技

 

ジムニーシエラ最強モデル

 

 

 

写真:公式スズキサイト

 

今回は、見た目と時代の面から判断して、最強モデルはズバリJB33/43でしょう。現代では仕事はできて当然の時代です。仕事以外のプラスアルファが求められる世知辛い時代です。その点、大人の余裕をかもしだすJB33/43に軍配があがります。

次はスペック面です。初代から今にいたるまで、変わらないものから、変化している面もありますね。これも賛否両論あるとは思いますが、初代から改良されていき、新型エンジン搭載など、進化し続けていっているJB33/43は、現代の最強モデルでしょう。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 俺は時代を走っているぜ 

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ジムニーシエラの意味とはスペインや中南米の連邦や山脈に由来している
  • ジムニーシエラの歴史はジムニーの歴史と相互関係にある
  • ジムニーシエラの最強モデルは時代の流れから読み取ろう

ジムニーシエラの魅力は、なんといっても外見だけではなく、終わることのない機能のグレードアップへの取り組み。乗りたくなってきましたね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット