ソリオ バンディット

新型ソリオバンディットの不具合・リコール情報まとめ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキの人気のソリオバンディットですが、車内が広くスタイリッシュで人気があります。
リコール??そんなのはめったにないと思っている人が多いと思います。
実際にはえっ!?と思うリコールがあります。!!

今回はソリオバンディットに絞ってリコールをまとめてみました。

車のリコールは1年でも数十件ある!?
リコールは内容にとっては大事故の可能性!!
不具合が出たらすぐに相談しよう!!

 

新型ソリオバンディット不具合・リコール情報まとめ

まず1つ目はこんなリコールが!!

部位内容原因
補機ベルト・機械自動変速機コントローラーエンジンが停止ウォーターポンプベルトの強度不足

補機ベルトについては、マイルドハイブリッド車およびハイブリッド車にて、
ウォーターポンプベルトの強度が不足しているため、使用過程で破談することがある。

そのため、ISG(モーター機能付発電機)とウォーターポンプが作動しなくなり、
発電不良により充電警告灯が点灯し、冷却水温上昇により水温警告灯が点灯。

また最悪の場合、

エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある

エンジンが停止して再始動できなくなるともうどうしようもないですね??

 

改善措置として 全車両、ウォーターポンプベルトを対策品と交換してくれるとの事なので、もしもの方は販売店にご相談ください。

2つ目のリコールです!!

 

 

部位内容原因
エアバックエアバックが正常に動かない固定用スクリューの付け忘れ

助手席エアバッグの取付作業が不適切なため、
固定用スクリュが取付けられていないものがある。
そのため、衝突時にエアバッグが正常に展開せず、
乗員保護性能が低下するおそれがある。

エアバックはもし万が一の時の安全な項目 もしもの時に作動しなかったら!!ちょっと!!ぞっ!?としますよね??

改善措置として、全車両、助手席エアバッグ固定用スクリュの有無を確認し、
取付けられていないものはスクリュを取付ける事なので、確認必須です!!。

最後になりますが3つ目です!!

「上を向いて考える若い外国人の女性」の写真[モデル:モデルファクトリー]

スズキは2019年4月18日、完成検査の29車種、計約202万1590台のリコールを国土交通省に届け出た。対象車の製作期間は2015年5月6日~2019年2月1日の間とされています。

今回のリコールは、4月12日に発表を行なった4輪車で行なっている完成検査業務の中で作業訓練中の検査補助者のみで完成検査を実施していたことや、完成検査作業内での保安基準への適合性の4輪車を造る上での確認が適切に実施されていませんでした。

つまり見習いが完成検査をしていたって事では??

ぜひ気をつけていただきたいと思います。

 

最後に

ほかの自動車メーカーと比べると、スズキは比較的リコールが少ない会社となります。
要因にはスズキの自動車の車種やラインナップが他社に比べて少ないことや完成度の高いプラットフォームを様々な車種に流用していることが大きな理由となっているようです。

比較的少ないとはいえ、それでも全車種リコール自体は年に10数回発生しています。
想定していない不具合などが発生した場合は早急にディーラーや自動車メーカーに伝えるようにしましょう!!

新車の値引きの裏技

 

まとめ

・ウォーターベルトの強度不足でエンジンが停止して再始動できない可能性のリコール

・固定用スクリューのつけ忘れでエアバックが正常に作動しない可能性のリコール

・作業訓練者の検査補助者が完成検査をしていたリコール

・スズキは他社に比べてリコールが少ない会社。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット