スペーシアギア

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

宏樹です!

軽スーパーハイトワゴンは、高い人気が続いていますね。各自動車メーカーも積極的に軽スーパーハイトワゴンを設計・販売しています。

スーパーハイトワゴンが生まれたことで、車中泊も凄く楽になったといえます。しかもTVコマーシャルなどで「遊べる」・「ゆとりの空間」など、車中泊したくなるようなワードが盛りだくさんでアピールされています。

ここでは、スズキスペーシア ギアとダイハツ ウェイクを車中泊目線で比較してみたいと思います。

スズキ スペーシア ギアってどんなクルマ?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:スズキ公式HP

スペーシア ギアは、2018年12月に販売開始されています。広い空間とアクティブ性を融合したSUV風なディテールをミックスしたモデルです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ファニーな顔つきなのが好きよ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
CMでも、アクティブな感じがふんだんに盛り込まれているよね。

営業マン
営業マン
全グレードハイブリッドモデルで構成されていますので、燃費性能も良好なモデルです。またターボとノンターボ、FFモデルに4WDモデルが設定されています。

ダイハツ ウェイクってどんなクルマ?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:ダイハツ公式HP

ダイハツ ウェイクは、2014年11月から販売開始されたモデルです。開発段階から45シーンもの使用用途を考慮して設計されています。軽自動車最大の車内空間を目的に幅広い用途で乗れるように造りこみがされています。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
このウェイクは、四角くて広そうに見えるわ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
うん!確かに広く見えるよね!

営業マン
営業マン
2014年から販売されているウェイクは、非常に良い車だと思います。そしてスズキとしてもウェイクを超えられるように、「遊べる」というコンセプトでスペーシア ギアを開発しています。

車中泊目線で検証!スペーシア ギアvsウェイク

理恵(りえ)
理恵(りえ)
パパ!2つのモデルって、車中泊にはどっちが最適なのかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
私も今それを考えていたんだよ。それじゃあ、これから車中泊をすることを前提に、どっちがより車中泊に向いているか検証していくよ。

エクステリアは?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
やはり、躍動感のあるスペーシア ギアの方が好みだわ。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
僕もそう思うよ!それにスズキHPでもこの躍動感のあるエクステリアデザインが、よりアップするような雰囲気に仕上がっているんだよ。
スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:ダイハツ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ウェイクは、カチッとした感じのモデルに見えるわね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ウェイクは、いろいろな使い方(45シーン)に併せて作られたデザインだから「車中泊」も含まれているけど、それ以外の多くのシーンに合わせたバランスの取れたデザインにしているんだと思うよ。

宏樹のワンポイントアドバイス

スペーシア ギアは、ベースのスペーシアを大きくモディファイし、SUVテイストをふんだんにエクステリアに盛り込んだモデルです。アウトドアレジャーにピッタリ合い、躍動的に遊びたいユーザーに向けて開発されたモデルです。

他のモデルとは、一線を画すデザインが一番の特徴となっています。

車内空間は?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:スズキ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
じつはスズキさんには、一つ提言したいんだけど、HPの提案をもう少し車内空間がどのくらいあるかとか、こんなに広いとかアピールしてもらいたいんだよね。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
狭いってことかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
いやいや、かなり広いと思うよ!それをHPとかでアピールしていないと思うんだよ。ようするにもう少しうまくユーザーに伝わるようにしたら良いのにと思うんだよ。
スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:ダイハツ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ダイハツの場合は、ウェイクのコンセプトが45シーンの使用用途としていることもあり、HPでの表現も上記のようにいろいろ工夫されて、アピールされているんだよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
確かに、わかりやすいし広くも見えるわね。
車内空間比較表 全長㎜ 全幅㎜ 全高㎜
スペーシア ギア 2155 1345 1410
ウェイク 2215 1345 1455
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
たしかに、ウェイクの方が全長と高さが大きいんだけど、軽自動車としてスペーシア ギアも、かなり広いと思う。これをアピールした方がもっと良いと考えるんだよ。
営業マン
営業マン
そうですね、ウェイクよりは空間全体の容積は小さいのですが、スズキモデルの中でもエブリーに次ぐ広い車内空間ですので、もっとアピールしても良いですね。

宏樹の勝手目線!

車中泊をするのに車内空間は、非常に重要であると考えます。今回ウェイクの車内空間の方が若干広いという結果になっています。しかしながら、もともとかなりスペースの広い2モデルの差は、ほぼないと言ってよいと考えます(スペーシア ギアはそれぞれ数センチ狭い)。

スペーシア ギアには、広さが若干狭くても積み込む荷物汚れが車に付着しずらいように、リアシート裏などにも防汚素材が使用されていたりします。

ラゲッジスペースは?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
あら、随分ウェイクのラゲッジスペースが豊富に見えるわ。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
じつは、僕もびっくりしているんだけど、車中泊にはいろいろなラゲッジスペースがあった方が良いから、ウェイクの方にプラス加点となるかな。
スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:ダイハツ公式HP

営業マン
営業マン
私もウェイクのラゲッジスペースの豊富さには、ビックリしています。早速追いつけるように上司に話して、次のモデルに活かしていきたいと思います。

販売価格は?

スペーシア ギアのラインアップ表

グレード名 駆動方式 燃費 価格
ハイブリッドXZ FF 21.2km/l 1,687,400円
ハイブリッドXZ ターボ FF 19.8km/l 1,764,400円
ハイブリッドXZ フルタイム4WD 20.2km/l 1,807,300円
ハイブリッドXZ ターボ フルタイム4WD 19.2km/l 1,884,300円

スペーシアのラインアップ表

グレード名 駆動方式 燃費 価格
ハイブリッドG スズキセーフティサポート非装着車 FF 22.2km/l 1,298,000円
ハイブリッドG FF 22.2km/l 1,380,500円
ハイブリッドG スズキセーフティサポート非装着車 フルタイム4WD 20.2km/l 1,421,200円
ハイブリッドG フルタイム4WD 20.2km/l 1,503,700円
ハイブリッドX FF 21.2km/l 1,524,600円
ハイブリッドX フルタイム4WD 20.2km/l 1,647,800円
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ウェイクの方が、随分グレード数が多いような気がするわ!?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
もともとウェイクは、1モデルの中に多数のグレード展開をしているモデルなんだよ。それに対して、スペーシアギアは、スペーシアからの派生モデルとしてラインアップしている側面もあるからちょっとフェアではないんだよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうなんだ?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
だから、通常のスペーシアとスペーシア ギアを足したグレード構成で比較するとわかりやすいと思うよ!

ウェイクのラインアップ表

グレード名 駆動方式 燃費 価格
FF 17.4km/l 1,375,000円
D SAIII FF 17.4km/l 1,441,000円
LスペシャルリミテッドSAIII FF 17.4km/l 1,518,000円
L SAIII FF 17.4km/l 1,584,000円
L レジャーエディションSAIII FF 17.4km/l 1,628,000円
LリミテッドSAIII FF 17.4km/l 1,644,500円
LスペシャルリミテッドSAIII フルタイム4WD 16.8km/l 1,644,500円
GターボSAIII FF 16.9km/l 1,705,000円
L SAIII フルタイム4WD 16.8km/l 1,710,500円
Gターボ レジャーエディションSAIII FF 16.9km/l 1,749,000円
GターボリミテッドSAIII FF 16.9km/l 1,749,000円
L レジャーエディションSAIII フルタイム4WD 16.8km/l 1,754,500円
LリミテッドSAIII フルタイム4WD 16.8km/l 1,771,000円
GターボSAIII フルタイム4WD 16.1km/l 1,831,500円
Gターボ レジャーエディションSAIII フルタイム4WD 16.1km/l 1,875,500円
GターボリミテッドSAIII フルタイム4WD 16.1km/l 1,875,500円

たとえば、スペーシア ギアの最高グレードであるハイブリッドXZ ターボの4WDとウェイクの最高グレードであるGターボリミテッドSAIIIの販売価格は、1,884,300円と1,875,500円で、少しスペーシア ギアの方が高いのですが、スペーシアの方がSUVテイストに仕上げている分特別感があがっていると考えます。

一番廉価グレードであるスペーシア ハイブリッドG スズキセーフティサポート非装着車とウェイク Dで比較すると、スペーシアの方がお安くなっています。スペーシアの競合車種は、ダイハツでいうとタントとウェイクになりますが、基本的にエンジンユニットのみのダイハツ車とハイブリッド車のスズキとでは、システム構成の違いもあります。

燃費は?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
公表されている燃費だと、スペーシア ギアの方がよさそうだわ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
先ほどもちょっと触れたけど、やはりエンジンユニットのみのウェイクとハイブリッドのスペーシア ギアでは燃費に差が出ると思うよ。
  • スペーシア ギアの車両重量880㎏~940㎏
  • ウェイクの車両重量990㎏~1060㎏

 

軽自動車規格でこの重量差は、燃費に大きく関わる部分でもあります。最高グレードで比較すると、120㎏もの違いがあります。大人2名分(55㎏換算)以上の違いが車単体であるということです。

車中泊に便利なオプション設定は?

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
パパなら、スペーシア ギアのオプションパーツにドキドキしちゃうんじゃないか?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
とくに、バックドアネットは暑い日に車中泊するのにすごくよさそう。ウェイクにはないオプションなんだよ。蚊とかに刺されたくないから、こういったパーツは純正が良いな。あとリラックスクッションが、車内空間一面に広がるのも見逃せない!

宏樹のワンポイントアドバイス

オプションパーツは、純正だけでなくアフターマーケットでも購入可能なものがあると思います。ただ汎用のアフターパーツだとピッタリフィットしなくて困るという場合は、純正オプションを選ぶのも良いと考えます。

まとめ

スズキスペーシアギアとダイハツウェイクを車中泊目線で比較検証!を宏樹なりにまとめていきます。

  1. エクステリアでは、活発に遊びたいと思わせるスペーシア ギアが一歩リード。車中泊もワクワクになるでしょう。
  2. 車内空間は若干ウェイクが広いものの、もともと広い両モデルは、大人2名+子供までは、車中泊できるのでドロー。
  3. ラゲッジスペースは、豊富な設定のあるウェイクが一歩リード。
  4. 価格は、グレードによって高い安いがあるのでドロー。
  5. 燃費は、ハイブリッド搭載で軽く作られているスペーシア ギアが一歩リード。
  6. 車中泊などに便利な純正オプションが、豊富(ウェイクにも同様のオプションパーツ設定が数点あり)なのでスペーシアギアが一歩リード。

 

今回は、私自身も甲乙をつけるのに、非常に悩みました。それはラゲッジスペースが豊富な方が、車中泊をするのに便利だと考えるからです。

しかしながら車中泊を「ワクワク」させるエクステリアと、長距離走行での燃費差を考えた場合、スペーシア ギアの方に「おススメの票」を投じたいと思います。

こちらの記事もおススメです!→徹底比較!スペーシアギアとウェイクどっちがおすすめ?

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット