スペーシアカスタム

新型スペーシアカスタムのおすすめグレードは?違いはあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

前回発表しましたスペーシアと今回のスペーシアカスタムとはどう違うのか。

カスタムとは本来、量販車における上級グレードではなく、量販車のコンセプトを保ちつつ、個人的な趣向で改造した車のことを言います。よってスペーシアカスタムはオリジナルなスペーシアとは別グレードになります。

それではスペーシアカスタムグレードについてその違いなどを、順を追って説明していきたいと思います。

スペーシアカスタムの概要

グレード名駆動方式JC08モード(km/L)メーカー希望小売価格(税込み)
1ハイブリッドGS2WD28.21,576,800
2ハイブリッドXS2WD28.21,690,200
3ハイブリッドXSターボ2WD25.61,787,400

 

この表はスペーシアカスタムの各グレード別、ベースとなる標準仕様車の燃費数値および価格表です。 価格はグレードが高くなるにつれ当然上がってきます。 1と2の差は113,400円、そして2と3の差は97,200円となります。その価格差の原因については後ほど述べていきたいと思います。

燃費数値はあくまでもカタログ燃費ですが、ベースとなるスペーシアハイブリッドGで30km/Lとなり、少し低いだけで大変良いと思われます。なにせハイトールワゴン軽自動車では他のメーカーよりも大変燃費がすぐれています。燃費が優れているのはマイルドハイブリッドが装備されているのが大きな要因だと思われます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スペーシアはハイトールワゴン車ではすごく燃費がいいんだね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
他のメーカーと違って マイルドハイブリッドを採用してるからでしょうね

クリープ走行といいまして、車の発進時にブレーキペダルを離してアクセルを踏まないでいると、自動的にモーターの力でゆっくりと前進しますので、ガソリン代が助かります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
エンジンでなくモーターの力で動き出すからいいね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
本当にガソリン代が助かるし、排ガス対策にも貢献するわね

また減速時のエネルギーで発電・充電しますので無駄なくモーター力の強化につながります。

 

スペーシアカスタムのグレードは3種類

ハイブリッドGS

引用元:スズキ公式HP

スペーシアカスタムの中ではベースとなるグレードです。車のエクステリア(外装)はこじんまりして爽快感がありますが、特に車の前面、人間でいえば顔の部分がかっこよくて重厚な感じがします。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
フロントがかっこよくてインパクトのあるデザインだね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
本当にスポーティーで若い人好みね。

次に安全装備ですが全グレードにスズキの誇るスズキセーフティサポートが装備されています。これは事故を未然に防ぐための予防安全技術です。それでは順次説明したいと思います。

誤発進抑制機能

引用元:スズキ公式HP

前方に壁などがあるにもかかわらず、シフトをD等(前進)の位置で間違ってアクセルを強く踏み込むと、5秒ぐらい、エンジンが止まって急発進をふせぎます。

後方の障害物との衝突を回避

引用元:スズキ公式HP

センサーで後方の障害物との距離を測りブザー音で接近を知らせます。そして衝突しそうになると自動ブレーキが働いて、衝突の回避又は被害を軽くします

エマージェンシーストップシグナル

引用元:スズキ公式HP

高速で走行中に急ブレーキをかけると、ハザードランプが高速点滅し、後続車に急ブレーキを知らせます。

デュアルセンサー

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

フロントガラスに設置した「デュアルセンサー」(レーダとカメラ)でもって前方の人や車を検知して、自動ブレーキなどで衝突を回避いたします。

前方のクルマや歩行者との衝突を回避

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

衝突の恐れがあると、ブザーやディスプレイで警告し、ブレーキペダルを踏むと、ブレー
キ力を増大させて,さらに自動ブレーキをかけて、衝突を防ぎます。

先行車発進お知らせ機能

 

 

 

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

停車中,前の車が発進しても、動かない場合ブザー音や表示によって発進を促します。

ハイビームアシスト

 

 

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに。いなくなったり、暗くなると自動でハイビームに戻ります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
対向車が来たら、ロービームにして、いなくなったら、元に戻す。この作業はいつも手間だったね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
本当に自動になって助かるね

ふらつき警報機能

 

 

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

走行中に車が蛇行するなど、ふらつきがあった場合、ブザー音を鳴らして警告します

車線逸脱警報機能

引用元:スズキ公式HP走行中に車線をはみ出しそうになるとブザー音でドライバーに警告します。

ヒルホールドコントロール

引用元:スズキ公式HP

坂道での発進時に、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時、一時的にブレーキが働いてクルマが後ろに下がらないようになっています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
坂道発進の時、少し下がるので後ろの車に当たらないかいつも心配してたね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
これで心配がなくなってよかったね

 

後方誤発進抑制機能

 

 

 

 

引用元:スズキ公式HP

後方に障害物があるにも関わらず,シフトをRにしてうっかり間違ってアクセルペダルを強く踏んだ時、エンジン出力を自動的に弱めて急に後退しないようにします。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ブレーキとアクセルの踏み間違いによるお年寄りの事故が最近多いね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
これで被害が減るわね

以上11種類の安全装備を紹介しました。

快適装備もベースとなるスペーシア同様、フルオートエアコンロールサンシェイド,運転席シートヒーター後席左側ワンアクションパワースライドドア等も標準装備になっています。

 

引用元:スズキ公式HP

インテリアではメッキインサイドドアハンドルドアアームレスト加飾[ブラックパール]ドアトリムクロスなどで室内をゴージャスにしています。

 

引用元:スズキ公式HP

フロアは低床フロア設計になっており、低いリアステップ(地上高345mm)とゆとりある開口部でスムーズな乗り降りが可能です。

 

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
床が低いので子供やお年寄りに優しいね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
本当に怪我しなくなるから安心ね

 

引用元:スズキ公式HP

シートの装備ではワンタッチダブルフォールディング式リヤシートを採用しており、スライドドアと荷室側のどちらからもワンタッチで折りたためるリヤシートになっており、軽い力で操作でき、ほぼフラットな荷室になります。

そして荷室開口地上高は510mmと低床で開口部が広いため、大きな自転車も楽に積み下ろしできます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ワンタッチでシートが倒れて、自転車も簡単に乗せることができてよかったね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
女性に優しくて、ドライブの途中サイクリングもできるわね

これだけの装備内容が備わったスペーシアカスタム「ハイブリッドGS」の車両本体価格が1,576,800円(2WD)なのは大変お買い得感がします。

ハイブリッドXS

引用元:スズキ公式HP

次に中間グレードの「ハイブリッドXS」ですが、上記GSにさらに装備が追加されます。

快適装備では、後席両側にワンアクションパワースライドドアが取り付けられ、ワンタッチでスライドドアを自動開閉できます。

引用元:スズキ公式HP

エアコンは当然フルオートエアコンですが、それにスリムサーキュレーターという装備が追加されました。これは室内の空気を効率よく循環させて、室温全体を適温にキープする機能があります。これによってますます快適なカーライフを楽しめることになります。

エクステリア(外装)ではフロントバンパーにLEDイルミネーションが装備され、高級感をかもしだしています。またタイヤを支えるアルミホイールですが14インチから15インチに大きくなり、より安定した感がします。

インストルメントパネル(計器盤)ではステアリングホイール(操舵装置)、シフトノブともに本革巻きとなり、高級感を漂わせます。

他にも様々な装備が追加されますが、これだけ充実した装備内容で1,690,200円(2WD)と言うのはコストパフォーマンスの高いグレードです。

ハイブリッドXSターボ

引用元:スズキ公式HP

こちらはハイブリッドXSのターボ仕様ということで、スペーシアカスタムで最上級のグレードとなります。

ハイブリッドXSと標準装備は同じですが、2つだけ装備が追加されています。

引用元:スズキ公式HP

1つはパドルシフトです。ハンドルの左右についているレバーのようなスイッチで、これを走行中に親指で押すと変速ができるようになっています。画像で言うと右の「+」がシフトアップ。 左の「ー」がシフトダウンになります。これを操作してスポーツドライビングの爽快感を楽しむことができます。

 

引用元:スズキ公式HP

もうひとつはクルーズコントロールシステムです。
走行中に「クルーズコントロールスイッチ」を押すだけで、設定した速度を自動的にキープするので、アクセルを踏み続ける必要がなく、高速走行や長距離走行時にドライバーの負担が軽くなります。

この「ハイブリッドXSターボ」の車両価格は1,787,400円(2WD)となっており、ハイブリッドXSと比べると97,200円の価格差になっていますが、価格以上の機能が備わっているように思われます。

 

スペーシアカスタムのおすすめのグレードは

カスタムの中では最近の売上及び人気が一番のグレードはハイブリッドXSです。

ハイブリッドGSは安全装備、快適装備等でも十分にグレードの高い標準装置として機能していますが、ハイブリッドXSであれば、それに少し金額を上乗せするだけで快適装備、エクステリア、インテリアがさらに充実し、高級感、ラグジュアリー感あふれる車に生まれ変わります。

また普通の走行であれば、ターボ車でなくハイブリッド車(ノンターボ) で十分対応できると思います。以上よりおすすめはハイブリッドXSです。

 

まとめ

  • 安全装備、快適装備、インテリア・エクステリアと十分満足できる装備が標準仕様となっており、これで納得できる人はハイブリッドGS。
  • 予算に余裕があって快適装備、インテリア、エクステリアをさらにアップグレードして高級感、ラグジュアリー感に浸りたい人はハイブリッドXS。
  • 若い人などが、高速道路で高速走行してスピード感を楽しみたい人は。ハイブリッドXSターボ

以上購買層の嗜好によって分けてみました。ご参考にしてください。

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット