スイフト

新型スイフトのグレードの違いを徹底比較!おすすめグレードはどれ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキのスイフトと言えば、発売当初から今まで、リーズナブルな価格スポーティなデザインで国内外問わず大人気のコンパクトカー。

現行モデルは4代目で、ハイブリッドシステムが2種類、直噴ターボエンジンなど更に様々なニーズに応えられるシリーズとなりました。デザインもさることながら、燃費や走行性能もトップクラスのスイフトは、次の車候補に入っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スイフトのグレード別に装備や燃費、機能を紹介していきます。

スイフトのグレードと価格、基本装備

なんといっても気になるのはその価格ですよね。いくらいい車でも、お値段をみて諦めたり、とにかく安さで決めて欲しかった装備が無かったり。そんなことの無いように、ここではそれぞれの価格と基本的に備わっている装備をまず紹介したいと思います。

 

ベースモデルのXG、充実のXL

出展:スズキ「スイフト」

 

¥1,350,000~(XG)/¥1,561,680~(XL)

ベースとなるグレードのXGは、言わずもがな最低減の装備で最も安価なモデルとは言え、安全面にはとても配慮されています。

軽量衝撃吸収ボディー「TECT」、衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能など、これだけでも凄いですよね!

また、すべてのガラスにUVカット機能を採用していたり、運転席シートヒーターなど女性にも嬉しい機能が満載です。

スイフトの内装は大部分が全グレード共通という形をとっているため、安っぽく見えることもないですし、コストをとにかく抑えたい方も遠慮せずに選べそうです。

 

XLは何が違うのかというと、従来のモデルではメーカーオプションであった「セーフティパッケージ」が標準装備されていること、16インチアルミや本革巻きステアリングホイールなど、走行が楽しく更に安全にできる装備が充実しているんですね。

 

XG、XLのトランスミッションやエンジンは共通して、2WDは5MTとCVTの2種類、4WDはCVTのみ、燃費性能に優れ、力強い走りを実現する1.2Lエンジン搭載となっています。

 

 

スポーツタイプのRS、直噴ターボ搭載のRSt

出展:スズキ「スイフト」

 

¥1,685,880~(RS)/¥1,800,360~(RSt)

RSではLEDヘッドランプ、オートライトシステム、LEDポジションランプ、リヤフォグランプ、RS専用ファブリックシート表皮、フロントグリル、RS専用フロントバンパー、RS専用リヤバンパーなど、エクステリアが細かく変更されています。専用の装備が多く、フロントグリルが格子状になったことでよりスタイリッシュな外観を演出しています。トランスミッションは、2WDは5MTとCVTの2種類、4WDはCVTのみの設定で、1.2エンジンを搭載しています。

RStはRSに専用のチューニングを施したグレードです。

ヒルホールドコントロール、パドルシフト、6AT(マニュアルモード搭載)、マルチインフォメーションディスプレイ、ブースタージェットエンジンなど、走行に特化した装備が充実しているのがわかります。特に、スイフトの中でも唯一の1.0L直噴ターボエンジンを搭載していることで最大トルクや出力が大きく向上しています。これによって更に高い次元での走行を可能にしています。燃費も気になるけど、力強い走りは外せない!という方には両方を叶えたピッタリのモデルですね。

 

マイルドハイブリッドとは?HYBLID ML、HYBLID RS

出展:スズキ「スイフト」

 

¥1,728,000~(HYBRID ML)/¥1,787,400~(HYBRID RS)

HYBLID MLとは前述のXLのハイブリッドモデル、HYBLID RSとはRSのハイブリッドモデルです。トランスミッションは2WD、4WD共通でCVTを採用、エンジンは1.2Lエンジンを搭載しています。

マイルドハイブリッドとハイブリッドの大きな違いは、マイルドハイブリッドが3.1馬力に対し、フルハイブリッドは13.6馬力というところ。何が変わるかというと、走行の際に使用するモーターの仕事量が大きくなるほど、燃費が良くなります。

マイルドハイブリッドとは、EV走行も可能なハイブリッドとは異なり、エンジンの補助のためのハイブリッドシステムです。発電効率に優れたモーター機能付き発電機を搭載することで、減速時のエネルギーを利用して発電したり、加速時に電力を活かしてエンジンをアシストすることができる仕組みです。まさに良いとこどりモデルと言えるでしょう。

 

フルハイブリッドモデルのHYBLID SL

出展:スズキ「スイフト」

¥1,949,400~

フルハイブリッドモデルのHYBLID SLは、トランスミッションはマニュアルに近い構造の5AGSを採用し、モーターとエンジンにはAGS(オートギヤシフト)を搭載することで力強いドライビングはそのままに低燃費を実現。

リチウムイオンバッテリーとインバータを一体化し「パワーパック」として荷室床下に格納しているので、従来のハイブリッド車にありがちな空間の狭さも解決しています。

走行面では、静寂性は勿論のこと、加速性を重視される方であれば「標準モード」、燃費性能が気になる方は「エコモード」と2つから選べるようになっています。従来のハイブリッド車のネガティブなイメージを払拭してくれる機能がしっかり搭載されています。

 

要チェックの特別仕様車!XGリミテッド

出展:スズキ「スイフト」

 

XGをベースにした特別仕様車。「セーフティパッケージ」が標準装備されています。フロントグリルにはクロームメッキが施され、ステアリングホイールに本革巻を採用するなど、非常にスタイリッシュ且つ機能面も充実しています。

新車の値引きの裏技

 

燃費で選ぶなら

スイフトのエンジンは3種類に分かれています。

1.2リットルガソリン(デュアルジェットエンジン)

モーターアシスト(マイルドハイブリッド)

1.0リットルガソリンターボ(ブースタージェットエンジン)

燃費が一番良いとされているのはカタログ値だとベースだとハイブリッドRS 2WD 27.4km/L

逆に、燃費が一番悪いのはRSt 20.0km/L

これはターボが影響しているようです。

まずはご自身の車の使用頻度や走行時間などを踏まえてガソリン車かハイブリッド車のどちらを選ぶかを決めましょう。選択肢が多様に用意されているのが、スイフトの良いところです。単純な燃費だけで選ぶなら、エンジン良いとこどりのマイルドハイブリッド車がおすすめです。

新車の値引きの裏技

 

結局、どれを選べばいいの?

グレードによる装備の違い、燃費の良し悪しはわかったけど、結局自分にはどれがあっているのかわからない…そんな方は、まず車を使う主目的は何かを思い浮かべましょう。

通勤、家族の送迎、休日のドライブ、人によって色々ありますよね。小さなお子様がいるご家庭には、セーフティパッケージ」が標準装備されたXGリミテッドがお買い得でしょう。お仕事などで毎日運転される方ですと、燃費重視のハイブリッドやマイルドハイブリッドの中から選ぶのが最適でしょうし、山や海、ドライビングを楽しみたい方にはRStなど、スイフトならではの多様性で、あなたの目的に合った車が見つかるはずです。

※ちなみに、カラーはグレードによって展開数が異なります。RS、RSt、HYBRID RSに関してはカラーがレッド、ブルー、ホワイト、ブラック、シルバーの5色に対して、それ以外の車種はプラスでブラウン、ネオンブルー、バイオレットの8色から選ぶことができます。

新車の値引きの裏技

 

おすすめはこの2種

コスパで選ぶならお買い得のXGリミテッド

XGリミテッドは廉価グレードのXGに安全装備を搭載している車種といったところ。セーフティパッケージやシートベルトやブレーキといった細かい部分など、危険回避に配慮した装備が追加されているので家族や友人を乗せる際にも安心です。

 

走行と燃費の良さが魅力のHYBLID RS

快適で力強い走行と、燃費の良さ。双方を一番理想的にかなえてくれるのはHYBLID RSでしょう。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

今回、スズキ「スイフト」のグレード別に見ていきましたが、車のグレードを選ぶときに重要なのは価格だけではありません。シチュエーションや使う頻度をしっかり想定したり、グレードを上げることで燃費が良くなることが期待できたり、安全装備の有無など、自身や家族の生活に合ったグレードを選ぶことが大切です。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット