スイフトスポーツ

新型スイフトスポーツのATとMTの違いは?口コミ・評判・レビューから徹底比較!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキはまた楽しそうな車を作ってくれました。

国産コンパクトカーの中でも、1.4Lターボエンジンを搭載したスポーティな車である

「スイフトスポーツ」

新型スイフトスポーツを購入する際、ミッションをAT(オートマチック)かMT(マニュアル)にするか判断材料のひとつになってきますよね。購入前に試乗して確かめたいとは思いますが、ATとMTどちらも用意しているディーラーがすべてとは限りません。

「MT乗りたいけど奥さんも運転するからどうしようかな?」

「ATは実際の走りはどんな感じ?」

今回は、スイフトスポーツATMTの違いを口コミ・評判・レビューから徹底比較します。

スイフトスポーツ MT編

MTミッションの特徴

  • 6速MT
  • 高トルクの特性を活かすためのギヤ比クロスレシオ化
  • ショートストローク化によるシフトフィールの向上
  • スムーズでダイレクト感のあるスポーティーなシフトフィーリングの実現

まるで自分の手足のように動かす感覚でシフト操作をすることがMTの魅力の一つですよね。

新型スイフトスポーツのMTはシフト操作が楽しそうな車であることが伝わります。

それでは実際に運転された方の感想を見てみましょう!

MTの口コミ、レビュー

  • とにかく各ギアがクロスしていて、シフトアップしてもほとんど回転が落ちず、ギアの繋がり感は抜群。
  • MTですが街中でもそんなにストレスを感じません。ずぼらなシフトチェンジでもモリモリ加速していく感じです。
  • シフトフィールはショートストロークに感じてスコスコ入って小気味良かったです。
  • 上手く操作できなくてもギクシャクしにくい。頭や神経を使わずに運転できる。相当ミスらなければガッコンガッコンしない。初心者も安心のイージードライブが可能。

実際乗られた方(試乗含む)の感想からは、かなり感触の良いシフトフィールであることがうかがえます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 MTのシフトフィールは運転する際に大事なポイントですよね。

峠やサーキット走行する方ももちろんですが、買い物や街乗りなどの日常の走行に置いても運転しやすい車は、運転が楽しい車です。

扱いやすいMTは、運転する際のストレスを軽減し楽しい運転が期待できます。

衝突防止機能の「デュアルセンサーブレーキサポート」(オプション)、MT車の場合「誤発進抑制機能」の機能が使えない?

引用:スズキ公式HP

「デュアルセンサーブレーキサポート」(オプション)とは、アクセルの踏み間違えなどによって障害物に接触を抑制してくれる機能です。MTはこの中の「誤発信抑制機能」がありません。これは、一般的にMT車はクラッチ操作が必要なためAT車と比べた場合事故事例が少ないらしいです。MTの特徴の一つであるシフト操作をすることが、より安全な運転を心掛けれるのではないでしょうか。

新車の値引きの裏技

 

スイフトスポーツ AT編

ATミッションの特徴

  • 6速AT
  • 低速域では鋭い加速を実現
  • 高速域では静粛性と燃費性能を向上
  • MT感覚で操作できるパドルシフト

先代のモデルはCVTでパドルシフトによる疑似的な変速は出来ていましたが、MTと比べるとダイレクト感に欠け加速が劣っていました。

6速ATとすることで、パドルシフトでのシフトチェンジがよりダイレクト感のあるものになっています。

次はATに実際乗られた方の感想を見てみましょう!

ATの口コミ、レビュー

  • 踏めば踏むほど制動力が立ち上がる。変速プログラムもよくできており、速度に合わせて小気味よくシフトチェンジが行われていると感じた。
  • MモードにすることでパドルシフトでMTライクなシフト操作ができる。速くて楽に運転を楽しむことができる。
  • ATでも加速が良い。MTよりも速いかも?

ATの評判もMTに遜色せずかなりよさそうな印象ですね。

渋滞が多い場所や都市部などのストップアンドゴーの機会が多い場所で運転される方の中にはMTでの頻繁なシフト操作(クラッチを切る、シフトを入れる)が煩わしいと感じている方もなかにはいらっしゃるかと思います。

純粋にアクセルとハンドル操作で運転を楽しむことに集中したい、MTの運転ができない/苦手な家族も共用で乗る車にする方はATの選択もありではないでしょうか?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
車好きの夫だけじゃなく、AT限定の私も運転する機会があるからこれなら買ってもいいんじゃないかしら

AT限定免許でも「走り」を楽しめるのが魅力

ATはDドライブではエンジン回転数・速度に合わせてコンピューターが自動でシフトチェンジを行いますが、Mモードでパドルシフトで任意のシフトチェンジが可能となり、AT限定免許の人でもMTのようにシフトチェンジが可能となり、それは車を自分の手足のように操作できる「人馬一体」をMTの車でなくても体験できるでしょう。

営業マン
営業マン
若い世代の約6割の方がAT限定免許を取得されています。車離れの時代ですが、ATでも走りを楽しめるのがスイフトスポーツのセールスポイントですね! 

 

まとめ

MTとATの違いを口コミ・レビューを交えながらここまで見てきましたが、

車の完成度はMT・ATいずれも高い車であるので、運転を楽しむ方はどちらを選んだとしても満足度はかなり得られると思います!

スイフトスポーツの購入を検討される場合は、ご自身の家庭環境や運転するシチュエーションに応じてMTにするかATにするかで選択してみてはいかがでしょうか。

スズキ公式HP

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット