アルトワークス

新型アルトワークスが人気の理由って?さまざまな口コミ・評判から調査してみました。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

皆さん、こんにちは、宏樹です。

新型アルトワークスについて調査してみました。
機械音痴のおっさんが”頑張って”、生の意見をまとめましたので、購入する時に参考にしてください!

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
3代目の車は新型アルトワークスかな?!

そもそもアルトワークスってなに?

SUZUKIが開発したハッチバック型(※)軽自動車です。
昔は主に、商用車として利用されていました。執筆時点までに、5世代登場していました。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
(昔よく見たなぁ…)

※ ハッチバック型:乗車空間とトランクが一体となっている形のことです。

引用:https://urunara-urunara.com/hachiback

アルトとの違いって?

ただ、どんなに読んでも、「そもそも”アルトワークス”と”アルト”の違いがわからん」となる人は多いはず。私もそうです! 調べました!!!

答えとしては、ベースとなる考え方が違います。

アルト:”軽自動車を作る”というコンセプトで製造。
アルトワークス:”高性能な軽自動車を作る”というコンセプトで製造。

ここで言っている高性能というのは、”他の軽自動車群と比較して”という意味です。

その為、”軽自動車ながらもスポーティ・快適に走りたい”場合は、アルトワークスを選ぶ人が多いですし、”軽自動車がほしい”場合は、アルトを選ぶ人が多いです。
人によって購入理由はもちろん異なりますが、大きくわけるとこの2つです。

では、口コミ・評判を確認しますか。

アルトワークスの口コミ・評判

価格.com編

まずは、価格.comから。

価格.comの評価平均は、プロの方(価格.com認定)の評価が含まれてないことに注意してください。

  • 一般の方の評価

一般の方からの評価平均は以下の通りです。

聞きなれない言葉が2つ程あるので、解説しておきます。
エクステリア⇒外装、インテリア⇒内装
第三者から見て、参考にならないものを掲載しても仕方ないので、参考にした人が最も多い口コミをピックアップしてみます。
では、さっそくピックアップです。

・ 人を選ぶ車。快適さを求める人にはお勧めしない。

【エクステリア:外装】

安っぽい。角いのは良いのだが、メッキパーツが正直安っぽさに拍車を掛けてる。どうせならメガネも配色変更できたら良かったのに。
サイドのWORKSの文字もただのステッカーで
黒ベースしかなくボディ色が黒だと殆ど保護色になってしまう。
昔のサイドパネルにWORKSのバッジは良かったのにねえ・・・。
ソニカもそれ程良い顔ではなかったがスタイルは良かった。

※ 聞きなれない言葉の補足
メッキパーツ:エンブレム等銀色に輝いている部分の所

引用:https://www.webcartop.jp/2018/04/227584
メガネ:フロントライトのこと
サイド:運転席や助手席に乗る時に空ける方向の部分
ボディ色:車のメインカラーのこと
サイドパネル:運転席や助手席に乗る時に空ける方向のドア以外の部分
ソニカ:ダイハツが販売したハッチバック型の軽自動車
―――――――――――――――――――――――――――――――――

どうやら、昔と違ってメッキパーツの質が落ちているように記載されてるね…
ただ、外装は経年劣化するものなので、特段気にする所ではない気がするなぁ。
2代目のハスラーみたく可愛いものだったら気にするけど…

―――――――――――――――――――――――――――――――――

【インテリア:内装】
非情に安っぽい。所詮はアルトバンかと言わんばかり。エアコン操作盤以外
グローブボックスの小ささ、収納の無さ、と25年前のアルトから何も変わってない。大きさは車検証入れるだけの余裕しか無いグローブボックス。
容量的にはソニカの半分程度しかない。収納はエアコン操作盤の横と下に気持ち程度の小物入れがあるだけ。ドリンクホルダーも付いてはいるがシフトノブの前とサイドブレーキの後ろというどう考えても使い勝手を考えていない。
軽とは言え今時なら両サイドのエアコン吹き出し口近くにドリンクホルダーくらい設けてよ。

※ 聞きなれない言葉の補足
シフトノブ:マニュアル運転の際にギアチェンジをするレバーのことです。
グローブボックス:助手席の前にある収納スペースのことです。
引用:https://www.carsensor.net/contents/terms/category_466/_6589.html
ドリンクホルダー:走行中に飲み物が倒れないように入れておく場所。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

インテリアは大問題。グローブボックスが車検証くらいしか入らないのは、正直辛いです。今って、いろんなものを入れることが多いと思うんですよ。

例えば、車内&ガラス拭き用クロス、スマホ充電用のUSBコード、スマホホルダー、カーオーディオ・ETC等の説明書、CD、観光マップ等。ただ、車検証だけなのは如何なものか…
このインテリアに対しての意見は重要視する必要がありそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【価格】
コスパは非情に悪いといって言い。
高級軽自動車なのに、その値段に対して非常にチープ。
ドアの開け閉めも昔と殆ど変わらない軽い鉄板の「パンッ」て感じもそう。
RECAROシートは何故、助手席にまで採用したのか(KeiーWORKSもそうだったが)。

レースするとして助手席に人乗せる?ラリー車でも目指した?
全くもって「「無駄」」。WORKSと言うことで走りに特化は判る。
だが所詮は一般軽四であって、サーキット走るレーシングカーじゃ無い。
サーキット走行する人だって、その大半は普段使いだろう。
内装は20年以上も全く進歩していないアルトそのままで、シートや足回りを固めたからといって、それで軽自動車最高クラスの価格設定は余りにボリ過ぎだ。
コペンやS660の様に車自体が専用開発のものとは訳が違うのだから。
走っていて楽しい車であることは確かだが、収納が少なすぎて物は置けない。

飲み物を持ち込んだらドリンクホルダーがとんでもない位置にあって使いづらい…どころかシフトチェンジしてるとナビ側の人は邪魔で手が出せない。

※ 聞きなれない言葉の補足
RECAROシート:自動車のハイパフォーマンスシートとして知られています。主にレース用の車のシートに利用されています。
Kei-WORKS:4代目のアルトワークスが酷評されたことにより、4代目の後継として製造された車です。
コペン:ダイハツが製造している軽自動車のオープンスポーツカータイプです。
S660:ホンダが製造している軽自動車のオープンスポーツカータイプです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、満足度と比べて低い3つの項目(外装、内装、価格)を見てきました。

外装は、「使っているから劣化するのは仕方ない。」と思えるので、まだ救いようがありますが、内装、価格は救いようがないですね…。正直厳しい所があります。
ただ、軽自動車の中では走っていて楽しい車とのことです。

次はプロの方の意見を見てみます。

  • プロの方の評価

残念ながら、全て試乗された方の感想なので、参考になるかは正直、微妙な所です…

・ 思わず「ニヤリ」としてしまうほどの痛快ハンドリングマシン

先ほどと同様に、満足度と比較して低いところをピックアップ…
しようとしましたが、多かったので、同じ項目で比較してみます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【エクステリア:外装】

エクステリアはアルミホイールやドアミラーをブラックにするなどパッと見た際のターボRSとの差別化もできています。

※ 聞きなれない言葉の補足
アルミホイール:タイヤのことです。
ドアミラー:ドアについているサイドミラーのことです。
ターボRS:”アルト ターボRS”のことを表しています。アルト ワークス程ではないですが、高性能に近づけています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

この感想だけだと分からない…。一旦外装は無視します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【インテリア:内装】

インテリアはレカロシートのほか、エクステリア同様ブラックを基調にした色調でスポーティな印象に仕上げています。

※ 聞きなれない言葉の補足
レカロシート:先ほど説明しましたので略
スポーティー:スポーツカーをイメージさせる言葉

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

インテリアの感想もエクステリアと同様、一般の方との比較は出来なさそうです…
子供いるのにスポーティな所を押されても…

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【価格】

アルト・ワークスはその名にふさわしく、メーカー直系ならではのこだわりのチューニングが各所に施されていました。その魅力を満喫するには、やはりMTがオススメです。軽自動車のハッチバックとして見ると約150万円という価格は高めですが、チューニングの内容を考えれば、むしろ安いと思えるほどでした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロの方の意見は違いますね…
このスペックで150万円は安いと捉えるプロと実用性があまりなく高いと捉える一般の方…
大きな壁があるように感じます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
(う~ん、老後の資金…大学貯金…悩む)

みんカラ編

さて、次はみんカラの評価を実際に確認してみます。
みんカラは一般の方とプロの方の区別がないので、試乗したのか購入したのかは不明です…

  • 一般の方の評価

主に総評を確認していきます。

・ スズキにはこれからこういう車を作っていってほしい。

軽スポーツを楽しみたいという方にはぜひオススメ。

自分はフルノーマルでしたが、カスタムパーツも多いので、色んな遊び方ができます。

ノーマルでも山道は気持ちよく走れるし、買い物も問題ないです。

・  おとーさんの救世主

スポーツカーとしては絶対的な速さは大したことありませんが、150万円ちょっとでスポーツ仕様の軽自動車が手に入るという普通車が持てない走り好きなおとーさんにとってありがたすぎる車。

・  もうすぐ3年

見てくれに押し出しがある訳でもなし、乗り心地がよいこともなく、荷物が積みやすいわけでもない。

一人で乗ってビンビン走りたいヒト向き。世界最速ではないだろうが、町内最速は狙えるはず。

やはり”人を選ぶ車”のような気がしますが、乗り心地がイケてないのは満場一致っぽいですね…ただ、プラスの意見もあるので、一概に悪いとも言えなさそうです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
(乗り心地悪いと子供が辛そうだなぁ…)

まとめ

さて、ここまでに価格.comとみんカラの口コミを確認してきましたが
総括すると、以下の点があると感じたなぁ…
みんなの参考に少しでもなれば…!

  • 【エクステリア:外装】
    ある程度、我慢は必要。ただし、経年劣化は当たり前なので、そこまで気にしなくてもOK。
  • 【インテリア:内装】
    ドリンクホルダーと収納性、シートについては我慢が必要。
    楽天等でドリンクホルダーを買えば解決かも?!
  • 【価格】
    スポーツカーに似たようなものが買えるということである程度我慢をしよう。
    ただし、内装で見た時には、価格分の価値はないかもしれません…

購入する時には、参考にしてみてください。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
(もう少し他の車を調べてみよう!)

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット