バレーノ

新型バレーノの値引き限界額はいくら?ディーラーとの交渉方法も徹底解説

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさんこんにちは。宏樹です。バレーノといえばインドで生産されていることが話題になっている車です。

200万円以下という低価格でありながら洗練された雰囲気の車なので購入を検討している人は多いはずです。どうせ買うならお安く買いたいですよね。今回はバレーノ値引きについてご紹介します。

《バレーノの値引き》バレーノってどんな車?

洗練は、大人の誇り。」というキャッチコピーの通り洗練された雰囲気が素敵な車です。バレーノはインドで生産されている車です。
品質が心配になるかもしれませんが、心配はご無用です。

インドのマネサール工場で生産され、ムンドラ港を通って日本の湖西工場で検査を受けて市場に出ています。マネサール工場とムンドラ港でも検査をする厳重な品質管理で日本車にふさわしい高品質を維持しています。

インドで生産しているおかげで元の価格を低く抑えているせいか、バレーノはあまり値引きができないと評判だったようですが、最近は変わってきたようです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
値引きって商談のプロじゃないとできないんじゃないの。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ここでは誰でも簡単にできる値引きを紹介するよ。

2019年10月現在のバレーノの値引き相場は次の通りです。

バレーノ値引き難度:普通
車両からの目標値引き:21万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~30万円

引用元:夢あるカーライフ

値引きと言えばこれです。こちらもご覧ください。

新車の値引きの裏技

 

《バレーノの値引き》セールの時に買う

まずは、車を買うタイミングについて考えましょう。大きな買い物ですので、焦らずに安くなる時期を待ちましょう。車に限らずセールの時はどこの業者も薄利多売で利益を上げようとします。

スズキの場合、2月9月に決算セールを行っています。インターネットでお知らせをしてるのでお近くのスズキディーラーのサイトでブログをチェックしましょう。

余談になりますが、こまめにディーラーのニュースをチェックしていれば大試乗会がいつ開催されるかも確認できます。
新車の購入のためには実際に乗ってみるのが一番の判断材料になるはずです。

新車購入には保険がつきものです。

自動車保険を見直す

 

《バレーノの値引き》競合車と迷っていると伝える

他社のライバル車の見積書を取っておきましょう。

バレーノのライバル車をどれにするかは人によって意見が分かれるところです。今回は最も代表的だと独断で選んだホンダのフィットとの違いをご紹介します。
フィットとバレーノの違いは何でしょうか。知っておくことで説得力が上がるでしょう。

ホンダ フィット

先進的なスタイルであることを強調しています。バレーノよりも多くのグレードがあり、自分好みのグレードを選ぶことができます。燃費はフィットの方が良いです。バレーノの幅は広めなので、フィットの方が幅が狭くて駐車しやすいでしょう。

前方に向かって緩やかな下り坂になっている独特のデザインのおかげか、居住性ではフィットの方が勝っています。
フィットの方が背が高いので乗り降りは楽です。フィットはバレーノよりも室内が広いのも強みです。

バレーノ同士を競わせる

他社のライバル車との比較以外にも、別のスズキディーラーの店舗と比較して安い方のバレーノを買うという手段があります。見積書を出してもらって他店舗へと持って行きましょう。

どの車と競合させるにしても、見積書という証拠がなければ値下げには応じてくれないでしょう。
値切りする値段だけではなく、どういう方法で値下げするのか誠実に説明してくれる営業マンから買うのが得策です。

営業マンとの相性が悪いと感じた時は別の店舗で購入した方が後も楽です。車は買った後のアフターサービスが必要になります。買った後でアフターサービスのために別の店舗を探すのは面倒です。

当たり前のことですが、営業マンは人間です。
無茶な値段の値下げを迫る、横柄な態度で威圧するなどの非常識な行動をとると購入を断られてしまします。お互い気持ちよく付き合えるウィンウィンな関係を目指しましょう。

車検の時はこちらが参考になります。

車の整備を依頼する【グーピットオンライン予約】

 

《バレーノの値引き》オプション値引き

車本体の値引きできる価格には限界があります。高級車は大きな値引きを狙えますが、低価格であるバレーノは大きな値引きをすることができません。どれだけ粘っても無理なものは無理です。

しかし、ディーラーオプションならディーラーの裁量で値引きができます。
オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションに2つがあり、メーカーオプションは後からつけることはできませんが、ディーラーオプションは後付けができます。

メーカーオプションとは車を製造する時に取り付けるもので、ディーラーオプションとはディーラーの工場で取り付けができるものです。
安全装置や本革のシートはメーカーオプション、フロアマットやサイドバイザーはディーラーオプションです。

よく相談して自分にあったオプションを選ぶと無駄な出費を抑えることができます。よくあるオプション値引きと言えばナビ割といってカーナビを付けると値引きされるサービスです。カーナビが必要な方は検討するといいでしょう。

こちらも参考にご覧ください。

新車の値引きの裏技

 

《バレーノの値引き》下取りに出す車の価格をチェック

新車を買う時、多くの人が手持ちの愛車を手放しますよね。下取り価格を上げればその分バレーノを安く買うことができます。

まずは手持ちの愛車の査定額の相場をチェックしましょう。相場を知らなければ安く買い叩かれてしまいます。一般人には車の下取りの相場なんて検討がつきません。かと言って査定額の相場を調べるためだけに買取店の査定を受けるなんて気が引けます。

そこでおすすめなのがオークサポートというサイトで調べる方法です。オークサポートとは名前の通り中古車をオークションに出すサービスです。オークサポートの相場のデーターベースは車の業者が使っているオートオークションの落札データをもとに作られています。

営業マン
営業マン
オートオークションというのは車のオークションのことです。

このオークサポートで調べることができる相場は業者オークションの値段です。

買取店の利益は約10%程なので、オークサポートのデータベースでの値段×0.9がユーザーの車の査定額です。愛車の情報を入力するだけでおおよその相場が分かります。

ディーラーは中古車の売買ではなく新車の販売が商売のメインです。高いお金を出してまでユーザーの車を下取りする理由はディーラーにはないので、あくまで目安程度と考えた方がいいでしょう。

まだ値段がつく状態がいい車なら中古車の買取店に買い取ってもらい、新車購入の資金にするという手段があります。
下取りに比べて面倒な手続きが必要ですが、下取りよりもいい値段で買い取ってもらえるなら時間と労力を費やす価値はあります。

しかし、値段がつかない古い車はディーラーに下取りしてもらった方が手間がかからない上に値引き交渉の材料にもなります。

合わせてこちらもご覧ください。

新車の値引きの裏技

 

《バレーノの値引き》未使用車を買うという選択肢

バレーノは約150万円~170万円の低価格な車ですが、宏樹の収入では大金なのです。新車の購入がどうしても厳しいなら未使用車を買うという手もあります。

正確には届出済未使用車という名前です。
ディーラーの名義ですでに陸運局に登録済みですが、必要最低限の移動以外では使っていない、新車同様の状態です。中古車扱いの車ですが新車のようにピカピカなのでお得な買い物です。

新車は基本的に受注生産になりますが、見込み発注をすることがあります。
製造から9か月経つと新車登録ができなくなるので、売れ残って中古車として売り出されている車を未使用車といいます。

こちらはお得な買い物をしてディーラーは売れ残りを減らすことができるお互いにとって魅力的な選択肢ですが、自分の希望通りの色やグレードがあるとは限らないのがデメリットです。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

  • 2月と9月に決算セールがある
  • 競合車や他の店舗のバレーノの見積書を取る
  • ディーラーオプションを活用する
  • 下取りに出す車の査定額をチェック
  • 未使用車という選択肢

 

バレーノを値引きする方法についてご紹介しました。ただでさえ低価格な車なのにさらに値引きなんてできるのでしょうか、という疑問がこの記事で解消できたなら幸いです。お財布に優しい買い物をして憂いなくバレーノを楽しみましょう。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット