ソリオ バンディット

ソリオバンディットにハイブリッドが2種類ある理由

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキのソリオとソリオ バンディットは、スズキの意欲作です!
両車はデザインなどの違いで、それぞれのキャラクターを生み出しています。
あえてソリオ バンディットを選んだあなた、いいところに目を付けてますね。

でも、2種類のグレード、HYBRID SVHYBRID MVのどちらにするか、
つまり、フルハイブリッドにするか、マイルドハイブリッドでいいか、悩まれているのではないでしょうか。

これから、その違いをお話しします。
違いはエンジンだけではありません!
重要なあの部分も違うんです!

 

スポンサードリンク

ソリオ バンディットというクルマ

引用:スズキ公式HP

ソリオ バンディットは、ソリオという基本車種の派生バージョンです。
したがって、基本は同じ、細部のデザインを微妙に変えてある、というのは先にお話しした通りです。
例えるなら、ソリオ バンディットは、トヨタのアルファードに対するヴェルファイアのような存在と言えます。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
友達がバンディットを買ったので気になっていたんです。
赤なんだけど、ルーフの色が黒になってて、ちょっとオシャレな感じ。

ソリオとソリオ バンディットの違い

では、両車の違いを簡単にご説明しましょう。

  • フロントマスクが違います。バンディットの方がスポーティな印象です。幅広く見えるのも特徴です。
  • テールランプ間のパネルが、バンディットは黒になります。ソリオはクロームメッキです。
  • 室内のダッシュボード中央のパネルが黒になります。ソリオはグレイです。
    このため、バンディットの方が高級感があります。
  • バンディットはツートンのボディカラーが選べます。

ソリオ バンディットのグレード

グレードはたった2種類です。

HYBRID SVHYBRID MVです。
どちらもHYBRIDという名が付いていますが、
SVはフルハイブリッドMVはマイルドハイブリッドです。

両車とも、上級グレードの仕立てです。

こういうラインアップになったのには、実は深いワケがあるのです。

新車の値引きの裏技

 

ハイブリッドは当たり前?

引用:スズキ公式HP

今でこそ当たり前のハイブリッドですが、ソリオバンディットの直接のライバルである次の3車はどうなのでしょう?

ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンク、スバル・ジャスティがそのライバルですが、なんと! 意外にも、これらライバル3車はハイブリッドは用意されていません!

そんな中、スズキは、2種類ものハイブリッドを用意しています
冒頭で述べた、「スズキの意欲作」という意味がこれでお分かりいただけるでしょう。

これを裏付けるように、スズキの普通車の販売台数では、ソリオ+ソリオ バンディットはスイフトの次に売れています。

新車の値引きの裏技

 

ハイブリッドがあるのに なぜマイルドハイブリッドがあるのか?

引用:スズキ公式HP

ハイブリッドとは?

今までのクルマはエンジンで走ります。ハイブリッドは、これに、モーターを加えることによって、エンジンの負担を減らし、燃費と動力性能の向上を図るものです。
下の図で、イメージはつかんでいただけると思います。

 

ソリオ ハイブリッド 走行イメージ

引用:スズキ公式HP

マイルドハイブリッドとは?

ひとことで言えば、マイルドハイブリッドは、簡易型のハイブリッドです。
簡単なおかげで、コストも安く、スペースも取りません。
ちょうど、電動アシスト自転車のような感覚と言っていいでしょう。
とはいえ、電動アシストをご存じの方は、モーターのアシストがどれはど足(=エンジン)の負担を和らげるかおわかりでしょう。

まず、次の表をご覧ください。

ハイブリッドとマイルドハイブリッド それぞれの特長紹介

引用:スズキ公式HP

この表の解説を少ししてみましょう。

  • モーターアシスト燃費性能の項目
    まず、アシストするモーターの力が違います。
    マイルドハイブリッドの燃費性能が少し劣るのはそのためです。
    また、フルハイブリッドは、モーターだけでも走れるのに対し、マイルドハイブリッドはモーターの力が弱いので走れません。
  • 走行性能の項目
    ここで、AGSとかCVTとかの用語が出てきますが、これは、後ほど詳しくご説明します。
  • 室内空間の項目
    マイルドハイブリッドは構造が簡単なので、室内スペースを犠牲にしない、ということが書かれています。フルハイブリッドは、スズキの技術を持ってしても結構かさばります。

スズキのハイブリッドのすごいところ

すごいのは、スズキのフルハイブリッド/マイルドハイブリッドは100%自社開発であることです! 他社から技術やパーツを仕入れて組み立てているのではありません。

スズキは、トヨタとの資本提携により、トヨタグループに入ることが話題になっています。すばらしい点は、ハイブリッド技術において、トヨタは上位車種、スズキは軽を中心とした小型車種、と完全に棲み分けが出来ていることです。こうなると、トヨタグループに他社は太刀打ち出来ないのでは、と心配になるほどです。

なぜ2種類のハイブリッドがあるのか?

そこで、話をフルハイブリッド/マイルドハイブリッドに戻します。
フルハイブリッドは値が張るのに対し、マイルドハイブリッドは比較的安く造れ、価格の安い軽やコンパクトカーに向いている、ということです。

ざっと計算すると、素のクルマ代に上乗せして、マイルドハイブリッド代は約20万円フルハイブリッド代は約40万円かかります。

もちろん、安いマイルドハイブリッドは構造が簡単ですので、燃費や動力性能でフルハイブリッドに多少引けをとります。しかし、それでも充分な燃費向上の効果をあげています。

ソリオバンディットは、比較的買いやすい価格のクルマですから、リーズナブルなマイルドハイブリッドを付けた、ということです。
さらに、「どうせなら本格的なハイブリッドを」というお客さんに向けてフルハイブリッドも用意した、ということなのではないでしょうか。

これは、同時に、スズキのアンテナ販売でもあるはずです。
今後のクルマ開発に、どのようなシステムが最適かをリサーチしているわけです。

新車の値引きの裏技

 

ハイブリッド(SV)、マイルドハイブリッド(MV)の比較

引用:スズキ公式HP

燃費性能

先ほどの表からも明らかなように、メーカー公表燃費は、フルハイブリッド32.0km/Lマイルドハイブリッド27.8km/L(2WD)です。実燃費は通常この約7~8.5割ですから、22~27km/Lと19~23km/L程度と考えられます。

動力性能

やはり、強力なモーターを積んだフルハイブリッドが有利ですが、発進時のトルク(力強さ)は、マイルドハイブリッドも負けていません。
実際に、力不足を感じさせる場面はあまりないと言えます。

価格

HYBRID SV  2.208.800円
HYBRID MV  1.980.000円 (2WD)     2.108.700円 (4WD)
上がフルハイブリッド、下がマイルドハイブリッドです。
この価格に52.800円の追加で「全方位モニター用カメラパッケージ」が付けられます。
自動ブレーキ装置は全車標準装備です。

なお、MVには用意される4WDがSVにはありませんのでご注意ください。
SVにない理由は、フルハイブリッドのSVは、装置がかさばり、4WDメカを組み込むスペースがないからです(!)

居住性・荷物スペース

居住性に両車の違いはありません。
荷室スペースですが、フルハイブリッドのSVは、トランクのサブトランク(床下収納)がありません。かさばるハイブリッド装置のスペース確保のためです。

生涯燃費でハイブリッド代を取り戻せるか?

単純計算すると、1kmを走るのに要するガソリン代は、フルハイブリッド5.3円、マイルドハイブリッド6.1kmということになり、フルハイブリッドが22万円の差額を取り戻すには、27万kmを走らなくてはならないことになります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
  単純な燃費比較なんかしても無意味ということかもしれないわ 
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そう思う。むしろ、フルハイブリッドのクルマとしての価値を見つけられれば、それが「買い」ということではないかな?

新車の値引きの裏技

 

両グレードには、さらに大きな違いがある!

引用:スズキ公式HP

もうひとつの大きな違いは、トランスミッション(変速装置)です。
同じオートマチックでも、フルハイブリッドがAGSマイルドハイブリッドがCVTというまったく別のものが載っています。

どうしてそんなややしいことをしたか? というと……

CVTというオートマ装置が、フルハイブリッドを搭載すると収まりきらなくなるのです。
で、仕方なく、アルトに使用していたAGSというオートマチック装置を持ってきた、ということなのですが、事態はそれではおさまりません!

搭載して走らせてみると……ギアチェンジのショックが半端でない!! これはイカン!

スズキさんのすごいところは、ここからです。
ギアチェンジの時、エンジンの回転が落ちてガクンとなる瞬間を、ハイブリッドのモーターの力でカバーしようと思いついたのです!

結果は大成功。これは将来につながる技術になりました。パチパチ!
では、実際の運転感覚はどうでしょう?

CVTは、特に小型車に多く採用されている簡易オートマチックで、スムーズなのですが、これには悪癖があります。まず、ダイレクト感に欠けること。そして、車種によっては、一定のスピードを保ちにくいこと、などです。しかし、一般的に使われている方式なので、信頼性は充分です。

対するAGSですが、マニュアル5速の機械を基に開発しているので、ダイレクト感があります。そして、悪癖であった変速時のぎくしゃくをモーターが自動調整してくれる。ただし、一部の意見として、その作動がまだ不自然で、開発の余地がある、というものがあります。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
へぇー、スズキさん、がんばったわねー。でも、これが初めての採用になるんでしょ? なんだかちょっと大丈夫かなって思ってしまう……

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

結論

まとめてみましょう。

  • 燃費は15%ほどフルハイブリッドのSVが良い
  • 価格は22.8万円ほどフルハイブリッドのSVが高い
  • しかし、その差を埋めるには27万km以上を走る必要がある
  • オートマはフルハイブリッドSVのAGSが革新的だが、技術的に未完成

どうでしょう、フルハイブリッドでモーターを使ってシュルシュルと走ってみたい、という方以外、マイルドハイブリッドのHYBRID MVが無難なチョイスであるような気がしませんか? 4WDが選べるのはコレだけ、というのも大きなポイントになりますね。

記事にお付き合いいただき、有難うございました。

さらに、ソリオバンディットのことを知りたい方、以下の記事もご参照ください。

新型ソリオバンディットの試乗記/試乗レポートまとめ! 動画付きで分かりやすく紹介!

新型ソリオバンディットの内装をオシャレにdiy! 初心者でも簡単にできるカスタム方法を紹介

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット