比較記事

徹底比較!スイフトスポーツとカローラスポーツおすすめはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。

自慢の車で思いっきり走りたい!こう思ったことはないでしょうか。

日々忙しかったり、ストレスが溜まったり。すべてを忘れて、好きな車で好きなだけかっ飛ばしたい。

そんな方に今回はスズキのスイフトスポーツとトヨタのカローラスポーツをご紹介いたします。2つの車を比較しながら、自分にあった車を見つけて、快適なドライブをしてみませんか?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

徹底比較!スイフトスポーツとカローラスポーツおすすめはどっち?

引用:スズキ公式HP

引用:スズキ公式HP

スイフトスポーツの特徴は?

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんにちは。スイフトスポーツに興味があってきました。
営業マン
営業マン
スイフトスポーツですね。わかりました。
まずスイフトはコンパクトカーというカテゴリでありながら、加速しやすいエンジン性能が特徴です。
エンジンとギヤが良いバランスで設定されていますからスポーティーな走りをしてくれますよ。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
具体的にいうとどんなところですか?
営業マン
営業マン
コーナー手前ではアクセルを離してもギヤをキープするので、立ちあがりでのタイムラグが少なくなっています。アクセルを踏み込んだ瞬間に加速するといった直感的な運転を体感できますよ。
また最小回転半径も5.1mと優れており、狭い道の路地や駐車場などでも安定した取り回しができます。
スイフトスポーツのここがおすすめ

価格帯にしては段違いのパワー
コストパフォーマンスに優れる
直感的な挙動で運転するのが楽しい

カローラスポーツの特徴は?

引用:トヨタ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
カローラスポーツも興味があるんですが、こちらはどうですか?
営業マン
営業マン
カローラスポーツはまず内装の質感に優れています。シート表皮は座り心地がいいファブリックを全グレードで使用しています。シフトレバー付近はブラックとシルバーの配色で統一されており、シンプルで飽きにくいのが魅力ですね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
さすがのスポーツカーといった感じですね。
営業マン
営業マン
あとカローラスポーツにはハイブリッドとガソリンターボの2種類があり「街乗り」や「走行性」など用途によってグレードを選択しやすい点がありますね。ハイブリッドグレードはもちろん燃費に優れています。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
幅広く選べるというのはいいですね。他にも特徴はありますか?
営業マン
営業マン
1.2Lターボタイプでもパワー不足を感じることなく快適な走りを楽しめます。また「iMT」と呼ばれる新型のMTは非常に扱いやすく、もしMTに乗りたいという方には幅広くオススメできるかもしれません。
カローラスポーツのここがおすすめ

内装の質感が高い
燃費性能に優れる
高い走破性がありMTに乗りたい方にもオススメ

新車の値引きの裏技

 

スイフトVSカローラ スペックを徹底比較します

引用:スズキ公式HP

引用:トヨタ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
それぞれの特徴はわかりましたが、実際にどれくらいの差があるんですか?
営業マン
営業マン
わかりました。でしたらそれぞれのスペックを比較していきましょう。ただし、スイフトとカローラではもともとカテゴリが違いますので単純比較はできない点に注意してくださいね。

スペック比較 数字で比べてみましょう

全長・重量でスイフトスポーツが小さめとなっていますね。

ただコンパクトカーよりのスイフトとSUVなどのカテゴリにあるカローラとでは単純な比較は難しいのかもしれません。  

燃費比較 維持費も確認を!

費性能はカローラスポーに軍配があがります。

ターボエンジンで比較しても、スイフトスポーツはハイオク仕様、カローラスポーツはレギュラー仕様を採用されているため、維持費の面でもカローラスポーツですね。

ただし、税金などの維持費を考えるとスイフトスポーツが優れています。

理由は重量にあります。つまり重量税ですね。

重量税とは自動車の重量や経過年数に応じて課税される税金のことです。車両重量0.5トンごとに税金が増えていきます。

スイフトは車重が1トンを切っているため、カローラより重量税が安いです。またカローラのハイブリッドは1.8Lであり、総排気量によって変動する自動車税においても1.4Lのスイフトのほうが安くなります。

比較ポイントとして「燃料タンクの差」も見逃せません。
スイフトはカローラよりも燃料タンクが6~13Lほど少なめとなっています。

さすがにここまで差が出てくると航続距離が目に見えて違ってきますよね。

「長距離ドライブがしたい!」という方にはカローラスポーツのほうが便利なのかもしれません。

価格比較 どっちがオススメ?

車の値段はスイフトスポーツのほうが安いですね。

これはサイズやハイブリッドであるかも関わってくるので、
一概に比較は難しいですが、40~70万近い価格差を燃費の良さで埋められるか、といったところがポイントになると思います。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 運転する楽しさを重視するならばスイフトスポーツがオススメ
  • ハイブリッドやターボエンジンを選択できるカローラスポーツは「ドライブを楽しみたい」「燃費も追及したい」向け。
  • 燃費についてはどちらもメリットあり。何を重視するかによって優先度が変わりそう。

どちらも気持ちよくドライブできそうな車ですよね。

この車さえあればどこへでも。そんな気分にさせてくれるスイフトとカローラ。あとは検討される方の希望次第ですね。

みなさんはどちらがお好みですか?

 

関連記事はこちら

新型スイフトの4WDの性能はどんな感じ?2WDと4WDと迷うけどどっちがいい?

新型スイフトスポーツのターボ車とノンターボ車の違いは? 加速はどんな感じ?

徹底比較! イグニスとスイフト買うならどっち?

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット