SUV/スポーツ

新型スイフトスポーツは事故に強い?万が一のための耐久性や安全装備は大丈夫なの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさんこんにちは。宏樹です。スポーツカーが欲しくても車を2台も持つ余裕なんてない、という人におすすめなのがスイフトスポーツです。

車を運転するうえで大切なのが安全性ですよね。万が一の事故の際、乗っている人は無事でいられるのでしょうか。そもそも事故を未然に防ぐことができる車でしょうか。今回はスイフトスポーツ事故に強いか、事故を未然に防げるかをご紹介します。

 

スポンサードリンク

《スイフトスポーツ 事故》 スイフトスポーツは軽くて安全

スポーツカーといえば高級で普段使いはできないようなピーキーな車を思い浮かべるかもしれません。しかし、スイフトスポーツは普段使いもできるコンパクトなスポーツカーです。元々はスイフトのグレードの1つでしたが、後に独立した車として販売されました。

普段使いはもちろん、レースにも使われることがある本格派です。スポーツカーらしくターボエンジンを搭載してます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ターボとは過給機という意味で、空気をたくさん取り入れることでよりパワーを出す仕組みのことだよ。

スイフトスポーツについてはこちらでも詳しくご説明しています。

新型スイフトスポーツのエンジン交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

車は軽い方が燃費が向上します。軽い方が「停まる」「走る」「曲がる」という基本動作がしやすいと言われているので、特にスポーツカーは軽い方がいいという風潮が強いです。なので車両重量がわずか970kg(6MT車の場合)のスイフトスポーツは燃費が良くて基本動作がしやすい車ということになります。

しかし、軽いと万が一の事故の時に車が大破して中の人も無事では済まないのではないかと心配ですよね。しかし、スイフトスポーツは軽さを安全性の両立を実現しました。

スイフトスポーツはスズキの車らしく徹底的な軽量化がされています。軽量でありながら強靭なボディなので安全です。図のように超高張力鋼板高張力鋼板を使用しているので軽さと強さを両立しています。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
コウチョウリョクコウ?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
引張強度が高い、つまり力が加わっても曲がって破損しにくい素材だよ。

車が壊れた時は下のボタンを押して修理を依頼しましょう。

車の整備を依頼する

 

スポンサードリンク

《スイフトスポーツ 事故》 事故を防ぐ安全技術

予防安全技術 セーフティ サポート

スイフトスポーツは事故に強いか紹介するつもりでしたが、まずは事故に遭わないようにしたいものです。スイフトスポーツはスズキの予防安全技術「セーフティ サポート」をメーカーオプションで付けることができます。その中でも事故防止に重要だと思うものを独断でご紹介します。

デュアルセンサーブレーキサポート

事故になりそうな時は車が教えてくれる、防いでくれる技術です。目の前の車や歩行者に衝突しそうになるとブザー音やメーターの表示で運転手に警告します。衝突しそうで危ないとシステムが判断した時は自動でブレーキかかります。

誤発進抑制機能

最近の交通事故で耳にするのがアクセルとブレーキを踏み間違えたという操作ミスです。まさか自分に限ってそんなミスはないと考えがちですが、絶対にないとは言い切れません。この誤発進抑制機能があれば安心です。

シフトをD、Mの位置に入れて停車か徐行している時に前方4m以内に障害物があると作動します。アクセルを踏むと、最長5秒間はエンジンの出力を抑えてブザー音とメーターの表示で危険を警告する機能です。

車線逸脱抑制機能

うっかりよそ見をして気が付いたら車線をはみ出して他の車と衝突なんて考えただけでも怖いですよね。車線逸脱警報機能はそういった事故を防いでくれます。単眼カメラが車線をはみ出さないか観察しています。システムが車線をはみ出すと判断するとアシスト制御でステアリングを元の車線に戻すように手助けします。

2017年度 予防安全性能評価

理恵(りえ)
理恵(りえ)
スズキは安全のために頑張っているのね。でも客観的な評価がないとね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
参考になる制度があるよ。

では、スイフトスポーツの安全性はどのように評価されているのでしょうか。スイフトを評価した賞ならあります。スイフトじゃなくてスイフトスポーツだ、という突っ込みが入りそうですね。

スイフトスポーツのベースになっているのはスイフトというコンパクトカーですが、スイフトもスイフトスポーツも搭載しているスズキ セーフティサポートは同じです。事故を防ぐ技術であるセーフティ サポートは高く評価されています。

スイフトのスズキ セーフティサポート搭載車が2017年度JNCAP予防安全性能アセスメントでASV++(ダブルプラス)を受賞しています。JNCAPとはJapan New Car Assessment Programの略で、独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)と国土交通省が自動車の安全性を評価する制度です。

事故に備えて保険を見直してみませんか。

自動車保険を見直す

 

《スイフトスポーツ 事故》 実際に事故に遭うとどうなの?

考えるだけでも恐ろしいですが、実際に事故に遭うとスイフトスポーツはどうなるのでしょうか。

車のバンパーは見るも無残にへこんでいます。しかし、中に乗っている人間は無事です。エアバッグがあるので頭を打つ心配もありません。2017年度JNCAP衝突安全性能アセスメントで最高のファイブスター賞を受賞しているスイフトの実験です。スイフトスポーツはスイフトがベースになっているので参考になります。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • スイフトスポーツは軽さと安全性を両立させている。
  • 予防安全技術 セーフティ サポートで事故を未然に防ぐ。
  • 衝突実験でも安全性を証明している。

スイフトスポーツはよく走って安全なスポーツカーです。その安全性もお墨付きです。万が一の事故を未然に防ぎ、事故に遭っても人を守ってくれる車なのです。安心してスイフトスポーツを楽しみましょう。

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット