ワゴンRスティングレー

新型ワゴンRが人気の理由は?口コミ・評判・レビューから徹底調査

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

どうも宏樹です!

私のようなおじさん世代にとってスズキの軽自動車と言えばワゴンRという印象が強いです。最近では昔から乗ってきた固定ユーザーと新規ユーザーの両方に人気があるとのこと。伝統ある車が幅広い世代のユーザーに愛されるのはなぜか気になりますね。

そこで今回は新型ワゴンRが人気の理由を口コミ評判・レビュから調査しました!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ワゴンRも歴史の長い車だよね~
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
平成初期にはもうあったからそろそろ30年になるね
子ども
子ども
 新型はどのくらい進化しているのか気になる!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
人気なだけあって30年の進化はスゴイんだ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ワゴンRより年上のあなたにも進化して欲しいな~
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ムムム……、精進します……

 

・伝統を引き継ぐ

引用:スズキHP

6代目である新型ワゴンRは初代のデザインを現代風にアレンジしているそうです。一方でフロントマスクはグレードごとに3種類あり、廉価グレード以外にはLEDランプが標準搭載され、大きな進化を感じます。。

特にFZグレードとスティングレーのフロントデザインはワゴンRのイメージを一新する軽トールワゴンではあまり見ないスポーティなものでかっこいい軽自動車を求める層には魅力的でしょう。

また5代目に引き続きガソリンエンジンのFAグレードには5MTが用意されています。軽トールワゴンクラスでは唯一のMT車なのでこのクラスでMTをあえて使いたいという人には第一候補の車種になっています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
後ろのライトのデザインが初代ワゴンRにそっくりなんだ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ホントだ~。ライトが低くて四角な感じすっごい懐かしい!
子ども
子ども
昔は四角いライトだったの~?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうそう。でも今の車のライトになっても古臭さはないいいデザインだね。やっぱり優れたものが伝統として残るんだね

HYBRID FZグレード
引用:スズキ公式サイト

HYBRID FXグレード引用:スズキ公式サイト

スティングレー HYBRID Tグレード引用:スズキ公式サイト

新車の値引きの裏技

 

開放感のあるインテリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

シゲツグ115さん(@shigetsugucar)がシェアした投稿

引用:スズキ公式サイト

水平調のダッシュボード(前席正面の内装全体のこと)が採用されて車内を広く感じさせるインテリアになりました。またフロントシートからの見通しが非常に良くなっているそうです。

【運転席側サイドガラスの広視界】
ドラポジの関係かもしれないが、頭悪い言い方をすると「大パノラマ」。視界を遮るものが一切ないので左右確認はしやすいと思う。

引用:みんカラ

※ドラポジ…ドライビングポジション、運転席の位置取りのこと

インテリアのカラーはブラックとベージュの2種類が用意されています。ベージュはかなり白っぽいようで口コミサイトにはこれではプラスティック感が強く安っぽいという声もありました。

またベージュだと晴天時の照り返しがフロントガラスに反射して視認性が悪化するという声も……。インテリアの色調を含めてこの辺りは実車で確認する必要がありますね。

ベージュとは対照的にブラックのインテリアではマイナス評価は見られませんでした。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ダッシュボードがほとんど水平……。すごいデザインだね
子ども
子ども
後ろからでも前がよく見えるね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
縦に広々としたフロントガラスは開放感があって気持ちいな~

新車の値引きの裏技

 

車内の広さ

 

 

 

 

 

 

引用:スズキ公式サイト

車内の広さは軽トールワゴンで最も重視されるポイントです。新型ワゴンRは室内長245cmで軽トールワゴンでは最大クラスの広さです。シートアレンジも自由度が高く、ほぼフルフラットの状態にすることも可能です。

後部座席は大人でも足元が広々と使える大空間で一昔前の軽自動車のように窮屈さも感じることもないでしょう。前のモデルよりも車内は広くなっているので普段使い以外にも遠出やレジャーなどいろいろなことに使えそうですね。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
軽自動車なのにフルフラットにできるんだ
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ワゴンタイプだからね。他にもいろいろシートアレンジできるよ
子ども
子ども
三人家族ならたくさん積めそうだね

新車の値引きの裏技

 

良好な走行性能

引用:スズキ公式サイト

バッテリーが十分に充電されていればモーターのみで10秒間のクリープ走行ができるようになりました。またISG(モーター機能付発電機)によって信号停車時からのエンジン再始動と発進が非常に静かになっています。

【エンジン性能、走行性能】
同じスズキのラパンやダイハツムーブや現行タントにも試乗しましたが、アイドリングストップからのスタートの騒音振動が皆無で、普通に走る分にはかなり静かで快適です。

引用:価格.com

またスポーツモードでは燃費が悪くなるかわりに走行性能はかなり向上するようで、スポーティな走りを求める人でも満足できるポテンシャルを持っているといえます。たまの遠出で高速道路を使うなら十分すぎる性能です。

【スポーツモード】
AT車のオーバードライブスイッチと同位置(シフトレバーのボタン付近のアレ)にある、このスイッチを押すとワゴンRは本気を出してくれる。滑らかで静粛なクルマなので実感はさほどないが気付いたら100キロくらいあっという間に出ていてビビるぞ。エンジンブレーキも効きやすくなり、峠道などでも活躍。もちろんターボ搭載車には敵わないだろうが、必要十二分な動力性能を発揮してくれる。当然エコインジケータは「エコ、しないんだね」というような反応をしだすし、使いまくってれば燃費も落ちるしエコスコアもダダ下がりだろう。

引用:みんカラ

さらにスティングレーのターボ付きグレードは800kgという軽さも相まって1Lエンジン車並みの走りができるようで、登坂や高速道路、ワインディング(曲がりくねった道を走ること)も難なくこなせるそうです。

【エンジン性能】
とにかく静かでよく走る。
ターボやモーターのアシストもあり、平坦な道だとアクセルを踏み込むことはほとんどない。
またCVTとの相性も良く、変速ショックなくスムーズに加速していく。
もちろん坂道もなんのストレスもなくかけ上がる。

引用:価格.com

実績のある従来技術にいくつもの新しい技術を組み入れてワゴンRの走行性能は前モデルから大きく進化しました。今までの街乗りメインの軽自動車とは一線を画す静かながらパワフルな走りが人気の主な理由の1つとなっているようです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
軽自動車の走りを年々進化していくね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
レンタカーで借りた軽自動車もすぐ60kmまで加速したな~
子ども
子ども
昔の軽自動車はどんな感じだったの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
すぐに回転数が上がってうるさかったよ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ワゴンRはマイルドハイブリッドだからすごい静からしいね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
古い普通車じゃ、もう太刀打ちできないかもね

新車の値引きの裏技

 

軽トップクラスの燃費性能

ワゴンRのハイブリッドグレードの燃費は以下の通りです。

燃料消費率
(国土交通省審査値)
JC08モード
33.4km/L
(HYBRID FZ 2WD車、HYBRID FX 2WD車)

引用:スズキ公式サイト

カタログ燃費は軽自動車トップクラスです。しかし多くのユーザーが気になるのはやはり実燃費。口コミから調べてみるとカタログ燃費には届かないものの燃費は期待通り良いという評判が多く見られました。

【燃費】
納車から約1ヶ月、慣らしも終わって3,000kmを越えましたが、停止⇒発進加速で回転数を上げ過ぎないようにすれば(私の場合、理想は2,000回転w、上限2,500回転w)、大体カタログ値の8掛け、26km/Lはいきますね。

引用:価格.com

本日、90kmほど走ったコース
知立バイパス野田から道の駅筆柿の里幸田まで。
幸田から和泉インター~市街地。
市街地からR1で道の駅藤川宿。
R1~K48と市道で帰宅。
平均燃費26.8km/㍑

引用:みんカラ

口コミやSNSを調べてみると実燃費の良い値はカタログ燃費の80%でした。街乗りメインの平均的な実燃費は20~24kmほどでした。これは同クラスの車を上回る数値なのでワゴンRの燃費は軽自動車トップクラスと言って間違いないでしょう。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
実燃費でも25km/L前後はさすが軽自動車って感じ
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
マイルドハイブリッドと車重が軽さが低燃費の理由だね
子ども
子ども
普通の車と比べるとどのくらい低燃費なのかな?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
実燃費で考えると一般的な普通車の2倍近いかな
子ども
子ども
じゃあ大体の車の2倍は長く走れるってこと? スゴイね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ガソリン代も半分くらいになるよ。車に使うお金を少なくしたいならワゴンRは1番の選択肢になるかもね

新車の値引きの裏技

 

充実の安全装備

               引用:スズキ公式サイト

この安全装備が前モデルから一番進化した箇所と言えるでしょう。デュアルセンサーサポートやハイビームアシスト機能がスズキの軽自動車では初めて採用されています。

他にも誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、車両走行安定補助システム、全方位モニター、エマージェンシーストップシグナル、ヒルボードコントロールなど安全装備が充実しています。

特に注目したいのは全ての軽自動車で初装備となるHUD(ヘッドアップディスプレイ)です。走行中の視線移動を最小限に抑えてくれる先進装備です。

  格納時           引用:スズキ公式サイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

トラストガレージさん(@trustgarage)がシェアした投稿


このHUDの評判はかなり良く、速度確認する時にほとんど視線を動かさないことや表示される情報が最小限に抑えられていて見やすいことが評価されています。また近未来感が楽しいというギミックそのものへの好印象をよく見かけました。

子ども
子ども
HUDが未来の車って感じでかっこいい!
理恵(りえ)
理恵(りえ)
安全装備がこれだけあれば普段の運転で心配はないね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
安全装備目的で新車を買う人も増えてるからワゴンRが人気なのもたくさんの安全装備がついてるからなんだろうね

新車の値引きの裏技

 

まとめ

  • 伝統を受け継ぐスタイル
  • 開放感のあるインテリア
  • 車内の広さ
  • 良好な走行性能
  • 軽トップクラスの燃費性能
  • 充実の安全装備

調査の結果、以上の6つがワゴンRの人気の理由だと判明しました。伝統を守りながら確実に進化していることで新旧異なるユーザーを同時に獲得できているわけです。

スズキはこういった戦略が本当に得意ですよね。私のようなおじさんの心も若い人の心もくすぐってきます。

昔ワゴンRに乗っていた、あるいはこれから便利な新しい軽自動車を購入しようと考えている方は新型ワゴンRを候補として考えてみるのはどうでしょうか。

ワゴンRの関連記事はこちら。

新型ワゴンRのディーラーオプションの種類まとめ!おすすめはナビ?

新型ワゴンRは事故に強い?万が一のための耐久性や安全装備は大丈夫なの?

新型ワゴンRのグレードの違いを徹底比較!おすすめはFX!

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット