値引き

乗り出し135万円!新型ハスラーを買うならセーフティサポート非装着車!無くなる装備をリストアップ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

新型ハスラーはセーフティサポートがてんこ盛り!

安全に安心して運転できるサポート機能です。

けれども・・・本当に必要なのでしょうか?

今回はスズキ・セーフィティサポート【非装着車】の購入を検討する為に比較してみました。

新型ハスラースズキ・セーフティサポート【非装着】の価格差

私は2トーンカラーだけが欲しいのでツートーンカラーで比較です。

ハスラーのHYBRID Gグレード 2WD ノンターボの価格は1,409,100円(税込)で、セーフティサポート非装着車は1,324,400円です。

価格差は84,700円です。

ちなみにモノトーンカラーの場合は、Gグレードが1,365,100円(税込)で、セーフティサポート非装着車は1,280,400円で差額は84,700円で同じ価格差です。

ツートーンは価格が44,000円高くなってます。

今回、スズキ自販沖縄での見積もりの乗り出し価格は135万円です!

値引きは24,490円
自賠責は14,270円(沖縄は本土35,610円の半額以下です)。

本体価格の約2.5万円プラスで乗り出せる計算です。オプションは何も無しです!

利益になるディーラーオプションをつけなくても値引きを入れてくれるスズキ自販沖縄は素晴らしい!

ディーラーオプションを入れたい場合はよりお得なプランもあります。乗り出し価格はもちろん高くはなりますが、オプションを装着したい場合は検討してみてください。

セーフティサーポート非装着車の特別なメリット

65歳以上であれば絶対につけましょう!

補助金が7万円適用できますので価格差は無くなります!

引用:スズキ公式HP

セーフティサーポート非装着車の安全装備

セーフティサポート非装着車と呼ぶくらいですから安全装備は削られています。削られている安全装備をひとつひとつ見ていきましょう。本当にあなたのハスラーに必要か判断してください。

比較はHYBRID GグレードですのでGグレードに装着されていない安全装備は含みません。

衝突被害軽減ブレーキ

`いちばん重要な衝突を避けるためのブレーキ機能です。

この機能は衝突が予想されるとハスラーが自動でブレーキをサポートしてくれます。あくまでも補助機能なので、外的な要因で作動しなかったり、作動しても直前で停止できないこともあります。

衝突被害軽減ブレーキ(デュアルカメラブレーキサポート)

フロントガラスのカメラが無くなり、先行車のセンシングが無くなります。

センターミラーの後ろにゴツゴツとしたカメラが無くなるので視界が良くなります。

衝突被害軽減ブレーキ(後退時ブレーキサポート)

後退時のブレーキサポートはリアの超音波センサーが付いていないので使えません。

真後ろに人がいたり、壁が有るときに衝突を防止してくれます。

ハスラーは四角いので車両のサイズ感が掴みやすいのでバックの時もサイドミラーを使えば距離感が分かりやすいですでが視覚に入るものが有るとサポートしてくれます。

誤発進抑制機能

誤発進抑制機能はフロントデュアルカメラを使っているので使えません。

アクセルをブレーキと間違えて強く踏んだときに急発信を回避してくれます。

車線逸脱警報機能

車線逸脱防止機能もフロントカメラが無いので使えません。

この機能はあくまでも警報なのでぼんやりと運転しないなら不要です。

ふらつき警報装置

ふらつき警報装置もフロントカメラが無いので使えません。

眠気に襲われやすいならあるとよい機能ですが、しっかりと休憩を取れるドライバーには不要です。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせは、まさに不要な装備です。

渋滞中や信号で停車中にスマホを触ってしまう人向けの装備ですね。

ハイビームアシスト

ハイビームアシストは対向車が来ると自動でロービームに切り替えてくれる機能です。

夜間に街灯が少ない道を走る機会が多いと役立ちます。

都会では知ることが多い人や、夜間の走行が少ない人には不要ですね。

暗くなると自動でライトがオンになるオートライトシステムは付いてます。

標識認識機能

標識認識機能もフロントカメラを使用するので、フロントカメラが装着されていない車両では使えません。

ただ、そもそも標識はしっかりと自分自身で確認するものなので不要ですね。

合わせて、標識を認識するたびにお知らせ音がなるので少々うざったいです。

リヤパーキングセンサー

パーキングセンサもリアの超音波センサーが無いので使えません。

けれども、ハスラーは車格が小さく、スクエアデザインでリアも見やすいので、必要ないでしょう。

セーフティサーポート非装着車の快適装備

快適装備も削られているものがあります。

メモリーナビゲーション、GPSアンテナ、TV用ガラスアンテナ、ハンズフリーマイク

スズキ・セーフティサポート非装着車はナビを装着する装備も付いていません。ナビをつけたいならば通常のHYBRID Gグレードにする方が良いです。

しかしながら、オーディオディスプレイでスマホ連携で使う場合は必要ありません。オーディオディスプレイは社外品で廉価なものも増えてますので好きなものを選べます。GPSはスマホがキャッチするので要らないですね。

セーフティサーポート非装着車のインストルメントパネル

インストルメントパネルは簡易的になっています。しかしながら運転するには必要十分ですので、派手な装飾が不要な場合はかえって魅力的です!

ステアリングガーニッシュ「シルバー」

ステアリングが真っ黒になります。

個人的にはシンプルで好きです。

ステアリングオーディオスイッチ

ステアリングのオーディオスイッチが無くなります。

ステアリング上のスイッチが無くなることでトラブルの可能性が減ります。

社外のオーディオを装着する予定ならば基本的に不要でしょう。

ステータスインフォメーションランプ

代わりにエコドライブインジケータが付きます。

メータパネルないで緑や青にひかるランプでエコ状態を把握できます。

面白い機能ですが、慣れてくれば見るとも無くなるランプです。

マルチインフォメーションディスプレイ「カラー」

シンプルなマルチインフォメーションディスプレイが装着されるのでかえって見やすいです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
オレンジ色単色で表示される方が見やすいのは私だけ?

セーフティサポート装着車のマルチインフォメーションディスプレイ【カラー】はこんな感じです。上部で青色に光るのがステータスモニターインフォメーションランプ。

メモリーナビゲーション専用オーディオガーニッシュ

スズキの純正メモリーナビゲーションをとりつけるtめのオーディオガーニッシュとUSBソケットが無くなります。

カメラなしでは純正ナビを付ける意味がないので外して有るのでしょう。

2DINのスペースが開けられているので、好みの社外ナビやオーディオを取り付けると良いですね。

モニター用のUSBソケットは得には要りませんね。

アクセサリーソケット(シガーソケット)は付いているのでUSB充電アダプタを百均で購入しても事足ります。

アンペア数を十分に確保したい場合でも千円出せば良いものが手に入ります。

セーフティサーポート非装着車のインテリア、シート、収納スペース、エクステリア

インテリア、シート、収納スペース、エクステリアはGグレードと同じです。

セーフティサーポート非装着車の『まとめ』

「衝突軽減ブレーキ」と「誤発進抑制機能」のためにスズキ・セーフティサポート【装着】をおすすめします。この2つの機能は運転中に他者を事故に巻き込む可能性を軽減してくれるからです。

最先端の安全装備やハイビームアシスト、ステアリングオーディオスイッチなどの快適装備は無くても困らないと思いますし、運転に慣れている方には車線逸脱抑制なども不要かと思います。装備が多くなると不具合が発生した際の修理代も高額になりますし。

しかしながら、他の機能はおまけで「衝突軽減ブレーキ」と「誤発進抑制機能」に料金を払うと考えればよろしいかと存じます。

 

写真引用:ネクステージHP

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット