スペーシアギア

新型スペーシアギアのオイル交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

ムロツヨシさんのCMでおなじみの新型スペーシアギアは、2018年12月に発売されたハイトワゴンタイプの軽乗用車です。

軽では珍しいSUV車ということで、家族とのドライブやアウトドアでも大活躍のはず!日常シーンからレジャーシーンまで幅広く利用するからこそ気をつけておきたいのは、車のメンテナンスについて。

特にエンジンオイルは、「あれ?いつ交換だっけ?」と忘れてしまう方も多いのではないでしょうか。不注意で自動車の寿命を縮めてしまわないよう、抑えておきたいポイントをまとめました。

 

エンジンオイルの役割とは?

自動車のエンジン内

車にとってのエンジンは人間でいうところの心臓の役割を果たしています。つまり、エンジン内を流れるエンジンオイルは車の血液のようなもので、エンジンオイルの状態が車の寿命にも影響してくることは言うまでもありません。

そんなエンジンオイルには主に5つの役割があります。

  1. 1分間に数百回~数千回の高速運動をするエンジン内部の潤滑作用
  2. 部品と部品の間に生じる隙間からエネルギーが逃げてしまわないようにする密封作用
  3. 燃焼や摩耗によって高温となったエンジン内部の熱を放出する冷却作用
  4. 燃焼や高速回転よって溜まった汚れを取り除く清浄作用
  5. エンジンの機能を低下させるかもしれない錆の発生を防ぐ防錆作用

車の心臓部を流れるエンジンオイルには、まさに人間の血液のように自動車が正常に動くために必要な役割があるのです。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

先にも説明したとおり、エンジンオイルとは人間でいうところの血液のようなもの。では、血液がドロドロになったらどんな影響があるでしょうか?人間の場合は、血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなることで、頭痛や関節痛、手足の痺れなど全身に不調が起こりやすくなります。

これは人間だけでなく自動車の場合も同じです。

エンジンオイルが劣化することで、エンジンは本来の役割を果たせなくなります。そして次のようなことが起こります。

  • 燃費の悪化
  • 部品の摩耗、消耗
  • エンジンの焼付き

場合によっては修理では直すことができず、エンジンそのものを取り替えなければいけないという事態になることもあるので注意が必要です。「スペーシアギアを長く乗り続けたい!」と思っている場合はオイル交換は忘れずに行いたいですね。

 

オイル交換の方法は?

自動車修理の工具

エンジンオイルを交換する方法は大きくわけて2つ。

  • 自分で交換する
  • お店で交換する

それぞれの方法をもう少し詳しく見ていきましょう。

自分で交換するには?

エンジンオイルの交換にはもちろん費用がかかります。少しでも自動車の維持管理費を抑えるために、オイル交換を自分でしようと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分でオイル交換を行う場合、古いエンジンオイルを上抜きするか・下抜きするかで必要な手順や工具は違います。

上抜きとは、上部からホースを入れて古いエンジンオイルを抜く方法。それほど大掛かりな作業ではないため、初心者でも気軽にできるというメリットがある一方で、古いオイルを完全に出し切ることができないなどのデメリットもあります。

対して、下抜きとは、車体をジャッキアップして底部からエンジンオイルを抜く方法です。車種を選ばずにどんな自動車でもオイルを抜くことができる方法ですが、ジャッキアップという作業が必要なので、導入ハードルは高いように感じます。

上抜き・下抜きのいずれかで抜いた古いエンジンオイルは、廃油処理箱に入れて固形化してから処理をするか、オイルの状態でガソリンスタンドで回収してもらうことができます。

※回収・処理のルールはお住まいの自治体によって違うので必ず確認をしましょう。

このように自分で行うオイル交換は、より自分の自動車と深く関わることができるので車好きの方なら楽しめるかもしれません。しかし、節約という目的の場合はよく考えたほうがいいでしょう。

なぜなら、工具などの備品を自分で揃えるため、初期費用が意外とかかるからです。また、場合によっては大掛かりな作業になるため怪我などの恐れもあります。

お店で交換するには?

エンジンオイルの交換をお店でする場合、どこに行けばいいのでしょうか?主に4つの選択肢があります。

  1. 大型カー用品店
  2. 車の購入店や修理屋
  3. 新車ディーラー
  4. ガソリンスタンド

もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあるのですが、悩んだ場合は、「値段」×「品揃え」×「作業時間」などの要素を総合的にみて判断しましょう。

例えば、大型カー用品店の場合。カー用品店だけあって、エンジンオイルの種類は豊富です。会員制度などを利用して安い値段で対応してくれる店もあるので総合的に見るとバランスが良いです。ただし、あくまでも修理屋ではないため、その他の修理や細かい要望が発生する車種の場合は不向きなことも。

 

交換時期はいつ?

山道を走る自動車

一般的にエンジンオイルの交換目安は次のように言われています。

  • シビアコンディションの場合・・・5,000kmまたは6ヶ月
  • 上記以外の場合・・・15,000kmまたは1年

シビアコンディションというのは、発進・停止を頻繁に繰り返す都市部や、起伏の激しい山道をよく走る場合を指します。そういった環境ではエンジンにかかる負担が大きいため、こまめな交換が必要となります。

スペーシアギアはSUV車なので、日常生活だけでなく、家族や友人とのレジャー・アウトドアで利用することも多いかもしれません。その場合は、シビアコンディションに該当する可能性もあります。

1ヶ月点検でのオイル交換は必要?

新車を購入した経験のある方は、1ヶ月後の点検でオイル交換を勧められたことがありませんか?

実はこれには理由があります。工場で生産されたエンジンは、あまり回されることなくユーザーに届けられます。ユーザーの元に届き、エンジンが回されることで微量ですが、各部品が削れ金属粉が発生し、それがエンジンオイルによって洗い流されます。

そのため、生じた金属粉をエンジンの外に出すために、1ヶ月点検でエンジンオイルを交換する必要がありました。

しかし、現在は1ヶ月の点検でのオイル交換は「必須ではない」とも言われています。

製造技術の進歩によって、昔ほど金属粉が出ることはあまりなくなったからです。ただし、「必須ではない」だけで、「必要ない」ということではないので、ディーラーさんとご相談のうえ決めてくださいね。

 

交換費用はいくら?

オイル交換にかかる費用は、エンジンオイルそのものの料金+エンジンオイル交換工賃です。

エンジンオイルそのものの料金はメーカーなどによって異なりますが、相場は1Lあたり1,000円前後です。

工賃に関しては、どのお店で交換するかによって様々です。大型カー用品店では500円~などと比較的安い料金で対応していただけます。スズキ自販売で交換を行う場合は、エリアによって設定金額がまちまちで、スズキ自販売中部は3,240円、青森の場合は2,916円となっています。

迷ったら安心メンテナンスパックを利用しよう

スペーシアギアを販売しているスズキには、「安心メンテナンスパック」があるのをご存知ですか?

オイル交換などのメンテナンスと車検がパック料金となったお得なサービスです。スズキの自動車を知り尽くしたプロが対応してくれるという安心感はもちろん、点検の時期を事前に知らせてくれるなどのサービスもついています!

安心メンテナンスパックの画像

引用:スズキ公式HP

 

まとめ

スペーシアギアのオイル交換については、以下を意識するとよいでしょう。

  • エンジンオイルの交換方法は自分でするかお店でするか(よっぽどの車好きでない限り、お店でするのがおすすめ)
  • 交換時期は5,000kmまたは15,000km(アウトドア利用が多い場合は5,000kmを目安に)
  • 交換費用はエンジンオイル料金+工賃(スズキの安心メンテナンスパックに入るとお得で安心)

自動車の維持管理費は決して安くはないため、「オイルをちょっと交換しないくらい大丈夫だろう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、エンジンオイルは車の血液です。スペーシアギアに快適に乗り続けるためにも、定期的なメンテナンスを行いましょう!

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット