SUV/スポーツ

新型スイフトスポーツのグレードは? スイフトとの違いも徹底比較!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは!
クルマ好きにとって、スポーティーな車は憧れますよね~!

「でも、スポーツモデルって高いんでしょ?」

いや~わかります!
スポーツモデルには憧れるけれど、お値段的になかなか手が出せないんですよね…。

そんなあなたにおすすめなのがスイフトスポーツ。
走りとお手軽な価格を両立している車として、いま大人気なんです!

今回はスイフトスポーツグレード&普通のスイフトとの違いについて調べてみました!

スポンサードリンク

スイフトスポーツとは? どんなグレードがある?

引用: スズキ公式HP

スイスポ」と略されることもあるスイフトスポーツ。

スイフトスポーツはコンパクトカーのスイフトをベースに、2003年から販売が開始されました。
あくまで派生車種であり、スイフトとは別の車という位置づけにあるようです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
やっぱり格好良いなあ~!!

スイフトスポーツは2017年にフルモデルチェンジしました。

その性能とデザイン、そして手の届きやすい価格から好調なセールスを記録しています!

そんなスイフトスポーツのグレードはどうなっているのでしょうか?

ハイグレードモデルのほうが走行性能が高い?
やっぱりインテリアも格好良い?

……と思って調べてみたのですが、なんと……

スイフトスポーツは1グレードのみの展開となっています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そもそもがスポーツモデルという限定的なジャンルだから、これ以上グレードを分ける必要はないってことなのかもしれないね。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
なるほどね!

新車の値引きの裏技

 

スイフトスポーツとノーマルスイフトの違いを比較!

引用: スズキ公式HP

スイフトスポーツにグレード展開はありません。

スイフトスポーツを買おうと思ったら、グレードであれこれ迷わなくて良いということですね。

次に気になってくるのは、「普通のスイフトとはどう違うの?」ということだと思います。

引用: スズキ公式HP

こちらの写真はスイフトRStグレードのものです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
うーん、フロントグリルの大きさが違うくらいかしら? 他はそんなに違わない気がするけど……

ノーマルスイフトにはグレードが複数あります。

スイフトスポーツにもっとも近い走行性能を持っているのはスイフトRStというグレードになりますので、こちらと比較していきます!

※条件を揃えるため、AT車で比較しています。

【エンジン】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ DOHC16バルブVVT
スイフト(RSt AT): 水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ

スイフトスポーツと普通のスイフトの最も大きな違いといっても過言ではないのが、エンジンです!

理恵(りえ)
理恵(りえ)
どちらもターボ付きなのね。直列○気筒っていうのはどういう意味?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
気筒はエンジンの燃焼機関である、金属製の筒だよ。シリンダーとも言うね。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
本数が多いほうが走りに強いってことかしら?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
その通り! 出力が上がるから、そのぶん最高速度も高くなるよ。

【排気量】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 総排気量 1.371L
スイフト(RSt AT): 総排気量 0.996L

エンジン性能が違うので、もちろん排気量も異なります。

一般的に総排気量が大きいほど一度に発生する動力が大きくなるので、発進がスムーズで上り坂に強く、スピードも出せるということになります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
気をつけなければいけないのは自動車税だね。
排気量が多いと自動車税が高くなるんだ。

【自動車税】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 34,500円/年
スイフト(RSt AT): 29,500円/年

理恵(りえ)
理恵(りえ)
1年につき5,000円の差があるのね。毎年となるとそれなりになるわね……

【使用燃料】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 無鉛プレミアムガソリン(いわゆるハイオク)
スイフト(RSt AT): 無鉛レギュラーガソリン(いわゆるレギュラー)

無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)とは、オクタン価が高いガソリンのことです。

「オクタン価が高い=ガソリンが勝手に燃えにくい」と言われています。

エンジンのシリンダーの動き(ピストン運動)と関係ないタイミングでガソリンが勝手に燃えてしまうと、ピストン運動が不規則になってしまいます。

そうなると、スムーズに動力を生み出すことができません。
この現象を「ノッキング」といいます。

ハイオクはノッキングが起こりにくい、すなわちエンジンパワーを効率的に使えるガソリン、というわけです。

ハイオクはレギュラーガソリンより高くなってしまうのでお財布にはちょっと痛いですが、スポーツ車としての性能のためには仕方ありません。

実際にハイオク車であるスイフトスポーツにレギュラーガソリンを入れて検証してくれた人がいます。
いい検証動画だな~と思ったので、ぜひ見てみてください!

やっぱり、指定された種類の燃料を使わないとダメなんですね……。

万一、無鉛プレミアムガソリンが入手できないときは、一時的に無鉛レギュラーガソリンを使用することができますが、継続的な使用はエンジンに悪影響をあたえるおそれがあります。

引用: スズキ公式HP

公式HPにも書いてあるので、「ガス欠になっちゃったけどレギュラーガソリンしかない!」などの緊急時以外は、ハイオクを入れるようにしましょう!

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
「ハイオク満タンで」って言えたらなんか格好良い気がしてくるなぁ。

【燃費】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 16.2km/L
スイフト(RSt AT): 20.0km/L
※JC08モード

走りが力強いぶん、スイフトスポーツのほうが燃費は悪いです。

燃費の数値だけでなく、そもそも使用するガソリンも違うので、スイフトスポーツのほうが大幅に燃料費がかかるということですね。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
その代わりにパワフルな走りを手に入れられる、ということだね。
燃費の悪さはスポーツモデルの宿命みたいなところがあるから、これくらいの差は仕方ないね……

【デザイン】を比較!

スイフトスポーツ(AT): 身体を包み込む形状の運転席・助手席(ホールドタイプ)
スイフト(RSt AT): 一般的な乗用車の運転席・助手席

・スイフトスポーツのシート。ホールドタイプになっている

引用: スズキ公式HP

・スイフト(RStグレード)のシート。一般的な乗用車によくある形状といった印象

引用: スズキ公式HP

スポーティーな走りをするときには、身体をしっかりホールドしてくれる座席の形状がよいとされています。

ただし、長距離を走って疲れたときにちょっと伸びをしたいときなどは窮屈に感じるかもしれません。

【価格】を比較!

スイフトスポーツと、スイフトRStグレードの価格は以下の通りになります。

スイフトスポーツのMT車の場合は、AT車の価格からさらに70,200円安くなります。
※消費税8%込みの価格となっています。

メーカーオプションである安全装備の有無によって価格が変わってきます。
何が含まれて、何が含まれていないのかを一覧にしてみましたので、参考にしてみてください!

ざっくり言うと、

  • スイフトRStグレードにはセーフティパッケージ相当の装備が初めからついているが、スイフトスポーツにはない
  • スイフトスポーツ、スイフトRStともに、メーカーオプションで全方位モニター用カメラパッケージをつけることができる

ということになります。

 

↓スイフトスポーツ↓

【標準装備】

  • 軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 頭部衝撃軽減構造インテリア
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ

 

【セーフティパッケージ装着車のみ】

  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • 誤発進抑制機能 (6AT車のみ)
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • アダプティブクルーズコントロール
  • エマージェンシーストップシグナル

 

【セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車のみ】

  • 全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]

 

↓スイフト↓

【標準装備】

  • 軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 頭部衝撃軽減構造インテリア
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • アダプティブクルーズコントロール
  • エマージェンシーストップシグナル

 

【全方位モニター用カメラパッケージ装着車のみ】

  • 全方位モニター用カメラ[フロント/サイド(左右)/バックカメラ]

 

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
でも、スポーツモデルとはいえ200万円を切っているし、人気車種なのもうなずけるよね。

 

新車を安く買える裏技をご存知ですか?

この裏技、知っているのと知っていないのとでは大違いなんです!

スイフトスポーツが気になるけれど「ちょっと予算がなぁ…」迷っているあなた!
まずはこれを読んでから考えてみるのをおすすめします♪

きっと前向きな決断ができるはずですよ。

新車の値引きの裏技

 

スイフトスポーツはこんな人におすすめ

スイフトスポーツは、何と言っても「車が好き」「運転するのが好き」な人に向いている車です。

MT車が選べるのも、車好きにとっては嬉しいポイントですよね!

実はスイフトRStグレードに近い性能でMT車が選べるRSグレードというものもあります。

しかし、こちらにはターボがついていませんので、やはりスイフトスポーツの走行性能には及びません。

逆に言うと、そこまでパワフルな走行性能を求めていない人は、スイフトRStグレードまたはスイフトRSグレードで満足できるということになりそうです。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

  • スイフトスポーツのグレードはない(1種類だけ)
  • スイフトスポーツは強力なエンジンを搭載しており、よりパワフルな走りを楽しめる
  • スイフトスポーツはスイフトRStグレードより本体価格が高い
  • スイフトスポーツはハイオク車なので、スイフトRStグレードより燃費が悪い
  • でもやっぱり……車が好き・運転するのが好きな人はスイフトスポーツがおすすめ!!

 

車好きの間でも高評価続出のスイフトスポーツ。
その魅力は、走行性能と価格のバランスの良さにあります。

やはり、それを確かめるには試乗してみるのが一番ですよね!
ぜひあなたも、スズキのお店でスイフトスポーツの力強い走りを体験してみてはいかがでしょうか?

↓こちらの記事もおすすめですよ!

新型スイフトスポーツのタイヤ交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット