バレーノ

新型バレーノのバッテリー交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

スズキの新型バレーノに乗っている皆さん、バッテリー交換について悩んだ経験はありますか?まだ一度もバッテリー交換をしたことのない方にとっては、時期や値段、そもそもどこでどうやって交換できるのか、悩みどころですよね。

スズキ初のインドからの逆輸入モデルであるバレーノ。洗練された曲線が美しく、かっこ良いですよね。そんなバレーノのバッテリー交換について解説していきます。

 

そもそもバッテリー交換っていつが良いの?

バッテリー交換時期の目安は、車に乗る頻度や走行距離など、その人の車の乗り方によって変わってくるため、一概に言い切ることはできません。では、一般的にはどのタイミングで交換すべきなのでしょうか?

バッテリーの寿命は2~5年

バッテリーの製品自体の寿命は、2~5年と言われています。2~5年と言ってしまうと、じゃあ2年が良いのか、5年まで大丈夫なのか、また悩んでしまいますね。この2~5年という広い基準からも、車の使い方によって寿命が変わることがうかがえます。

ここで、バレーノのバッテリーに着目してみましょう。スズキが指定するバレーノのバッテリーは、「55B24L」という形式のものになります。バレーノにはこの「55B24L」形式が適合します。このタイプのバッテリーは、製品情報を見ると、保証期間が2年のものが多いです。

保証期間が2年ということは、最低でも2年は不良があった場合の保証をしてくれるということなので、普通に車に乗っている場合2年くらいは交換せずに使い続けることが前提のようです。

みんなどれくらいで交換してる?

では、実際には車のバッテリー交換はどれくらいの時期でしている人が多いのでしょうか。SNSの投稿を調べてみました。

調べてみたところ、3年~5年で交換している人が多そうです。しかし、1年で交換した人や10年で交換した人もちらほら。交換のタイミングとしては、車検と合わせて交換している人が多いです。

たしかに車検のタイミングと合わせれば、バッテリー交換も忘れずにできるので良いですよね。毎日車を使う人や、突然バッテリーが上がるのが困るという人は、車検のタイミングと合わせて2年くらいで交換できると安心ですね。

バッテリー交換のサインはあるの?

自分自身でチェックできるような、バッテリー交換の判断目安となるサインはあるのでしょうか?

一番分かりやすいサインがあります。それは、エンジンがかかりにくくなるということ。前よりもエンジンがかかりにくい、元気がないと感じたら、バッテリー交換が寿命になるサインの可能性が高いです。

その他にも、ヘッドライトが暗くなる、バッテリー液がにごってくる、などのサインがあります。

私自身もそうなのですが、バッテリー交換には費用もそれなりにかかるので、なるべく寿命まで使ってから交換したい、という方も多いと思います。そういう方も、これらのサインがあった場合には早めにバッテリー交換をした方が良さそうです。また、使用し始めてから2年以内の場合でもバッテリー交換が必要になることもあるので注意しましょう。

新車の値引きの裏技

 

新型バレーノのバッテリー交換方法は?

では、新型バレーノのバッテリーを交換する場合、どのような方法があるのでしょうか。バッテリー交換をしてくれる場所は様々ありますし、自分でも交換できます。気になる費用も含めて、それぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

ディーラーで交換

まず考えられるのが、バレーノを購入したスズキのディーラーで交換してもらう方法です。バッテリー交換にかかる費用は2~3万円くらいが相場です。

ディーラーで交換してもらうメリットは、何と言っても全てお任せできるところ。自分で適合バッテリーを選んだり購入したりする手間もなく、全てやってもらえます。また、プロの整備士が作業してくれる点が安心ですよね。

デメリットは料金が高めなこと。バッテリー自体も正規のものを使用し、工賃もカー用品店などに比べると割高です。ただ、料金が高い分、洗車や簡単な点検、整備のサービスがあることも多いので、面倒くさがりの人、間違いのない品質のものを使えれば多少高くてもokという人にはオススメできます。

カー用品店で交換

カー用品店とは、車に関するさまざまな用品を販売、車検、取り付けなどをするお店のこと。車自体の販売もしています。オートバックスや、イエローハットなどが有名ですよね。カー用品店でも、バッテリー交換をしてくれます。

カー用品店で交換するメリットは、こちらもプロがやってくれるので、安心という点です。また、カーショップの場合、取り扱うバッテリーの種類が多く、さまざまな価格帯のバッテリーから選べる可能性があります。そのため、費用もディーラーより安くなることが期待できます。

デメリットは、ディーラーと同じ正規のバッテリーを選んだ場合は、料金はディーラーとさほど変わらないかもしれないという点です。

ちなみに、私のオススメはカー用品店です。カー用品店の整備士は車のプロですし、1つのメーカーに限られない幅広い車の知識があるからです。ディーラーの整備士も知識のあるプロだと思いますが、カー用品店の方からはより客観的なアドバイスが期待できますよね。

ガソリンスタンドで交換

バッテリーはガソリンスタンドでも交換してくれるところがあります。

ガソリンスタンドのメリットは、何と言ってもその手軽さですよね。ガソリンを入れるついでに、15分ほど待てばやってもらえるのは嬉しいですね。

デメリットは、ガソリンスタンドのスタッフはあくまでガソリンを入れるプロなので、バッテリー交換のプロではないということ。また、バッテリー交換をやっていないところもあります。バッテリーの品揃えも少なめなので、ディーラーほどではないにしろ、料金も高めになるでしょう。大体1万5000円くらいが平均的です。

ガソリンスタンドでの交換を考えている場合には、ガソリンを入れるついでにバッテリー交換をやっているのかや、料金設定などを確認しておくと良いでしょう。ただし、まだ交換の必要がないのにバッテリー交換勧められるということもありえますので、注意しましょう。

自分でバッテリーを買って持ち込む

バッテリーは自分で買うこともできます。インターネットでも買えますし、ホームセンターにも売っています。特にインターネットでは、豊富な種類の中から選べます。カー用品店は大概は持ち込みokですし、意外とディーラーやガソリンスタンドでも交換してくれることが多いです。(事前に確認しましょう。)ただし、工賃はその場で購入するよりもやや高くなる場合があります。

自分で買うメリットは、料金がかなり安くできる可能性があるということです。実店舗にあるものと同じバッテリーが格安で購入できたり、ネットでないと手に入れるのが難しいものもあります。バッテリーさえ安く手に入れば、工賃は500円~2000円くらいですので、トータルでかかる料金がかなり安くなるでしょう。

デメリットは、失敗の可能性があるということです。車に適合しないバッテリーを間違えて買ってしまうこともありますし、適合するものを選んで買っても品質が心配なものも中にはあります。そうなると安く抑えるはずの費用が逆に高くついてしまうリスクがあります。前述しましたが、バレーノに適合するのは「55B24L」形式ですので、購入の際はよくチェックしましょう。また、自分で製品を探す購入の手間も発生します。

カー用品店などで1度バッテリーを購入した経験があれば、ネットで同じものが安く売っていないかチェックすると良いかもしれません。費用を安く抑えたい人にはオススメできる方法です。

自分で買って自分で交換する

最後に自分でバッテリーを交換する方法を紹介します。バッテリー交換は難しくない作業なので、自分で交換する人も多いんです。

自分で交換するメリットは、とにかく費用が安いことです。工賃がかからずほぼバッテリーだけの料金で済むため、ディーラーで交換する時の半分以下の料金で済むかもしれません。

デメリットは苦手な人にはハードルが高く、手間がかかるということです。道具がなければ用意する必要がありますし、簡単とは言え慣れない作業は怖いですよね。

こちらは車のバッテリー交換の方法を紹介する動画です。面白そう、簡単にできそうと思った人には良いかもしれません。

私は苦手分野ですが、思ったより簡単そうだなという印象を受けました。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

いかがだったでしょうか?このように新型バレーノのバッテリー交換方法はいろいろあります。バッテリーの交換時期と自分にあう交換方法を見極め、安心してバレーノを楽しみたいですね。

バレーノに関する記事をもっと読みたい方はこちら↓

新型バレーノの長距離ドライブは快適?長時間、高速道路を運転していても疲れない?

バレーノ スズキ アクセサリーで人気のおすすめ特集!

新型バレーノのタイヤ交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット