ハスラー

雪道を走るには新型ハスラーとジムニーどちら?4WDの性能、脱出能力、登坂能力、維持費。雪国で生活するならどちらを買う?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

宏樹です!

新型ハスラーが販売されて、1年半が過ぎようとしています。ということは、クロスオーバーのハスラーで雪道を経験しているユーザーも多くいるという事ですね。

一方現行型ジムニーは、2018年から販売開始されている本格オフロードモデルです。

いきなり表ですが、

現行ジムニー 新型ハスラー
2018 25,663台
2019 27,941台
2020 44,824台 85,426台
2021 19,767台 40,980台
累計 118,195台 126,406台

全軽自協調べでは、現行ジムニーと新型ハスラーの累計販売台数は、近似値になっています。ハスラーはトップ10入りしていますし、ジムニーもトップ20入りする人気です。

この2つのモデルは、どちらが雪道に向いているのでしょうか?またはシチュエーションによって有利なのでしょうか?というお話を多方面から比較してみます。

ジムニー&ハスラー雪道での性能比較

子ども
子ども
お父さん!スズキで雪道に強そうなモデルって、ジムニーとハスラーかな?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね~。ジムニーはクロスカントリーで、ハスラーはクロスオーバーSUVだから、その考えで〇と思うよ!
子ども
子ども
じゃあ、どっちが雪道に強いのかな?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪道に強いといっても、いろいろなシチュエーションとかあるから、これから比較説明していくね。

ジムニーの4WD、脱出能力、登坂能力性能は?

子ども
子ども
上の動画を観ていると、なんかジムニーって雪山を豪快に走っていけるんだね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
やはり本格クロスカントリーモデルという称号に偽りはないね?(タイヤチェーン装備だけど)。

ジムニーには、トランスファーが装備されています。2H↔4H↔4LOが選択できるようになっています。

これによってシチュエーションが厳しい状況でも、走行できるようになっています。雪深くなる道を多く走行する人には非常にありがたいモデルといえます。

宏樹ワンポイントアドバイス

私の知り合いが、北海道に住んでいます。その方からの情報によると、今から2年前に彼の住んでいる地域に一日80㎝の雪が降った時があったそうです。

朝起きたら、普段終了している除雪も行われておらず、腰まで雪につかる状態とのことでした。

多くの車が出発したいけれど、車が埋まり全く動けなくなっている横を、2モデルだけはすんなり走っていたそうです。

一台がランドクルーザー80で、もう一台が新型ジムニーと話していました。

ジムニーの雪道性能は、かなり高く80㎝の軽い雪なら走行できそうです。また2H↔4H↔4LOを切り替えできることで、スタック時の脱出能力も高いといえます。

新型ハスラーの4WD、脱出能力、登坂能力性能は?

子ども
子ども
上の動画では、新型ハスラーも結構深い雪の中を走っているね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
新型ハスラーも、普通に最低地上高くらいまでの雪であれば走行はできるみたいだね!

ハスラー4WDは、滑り始めたら自動的に4WDになる仕組みです。そして空転を抑えるスノーモードと発進時などに役立つグリップモードが電動稼働できるように装備されています。

宏樹のワンポイントアドバイス

先程の北海道の知り合いによると、ノーマルハスラーで険しい雪山に行こうという人はあまり見かけないようです。

一方上のような動画位の雪の深さは、北海道では普通に毎日経験するレベルなので、ハスラーで特に問題なく走行できるとのことでした。

ハスラーの雪道性能は、20~30㎝くらいの軽い雪であれば特に不都合なく走行できそうです。

脱出能力は、スタックしてしまうと電子制御のグリップモードのみになるので、ジムニーよりは低くなるでしょう。

選択するタイヤがおかしいと、登坂は難しい

子ども
子ども
上の動画を観ると、運転している人は生きた心地しないだろうな
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
お父さんもそう思う、ゾクッとしちゃったね

ジムニーであってもアイスバーンでは、まったく登坂できないこともあります。オールシーズンタイヤはあくまで軽い雪上です。氷上では役に立ちません。

ハスラーの場合は、スタッドレスでも登坂できない可能性があります。というのは、動画にはアルトが登れず落ちてくるシーンが映っているからです。

濡れたアイスバーンでは、ジムニーやハスラーだけでなく車が登坂することが難しい場合があります。

現行ジムニーの方が、新型ハスラーよりも雪上性能は高いの?

子ども
子ども
今までの話を聞いていると、ジムニーの方が雪上性能が高い印象になるんだけど・・・。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そう見えるかな・・・。最初に話をしたシチュエーションによって違うんだよな~。まずは上の動画を観てみようか!
子ども
子ども
横転している・・・。

確かにジムニーは、雪深い道などではハスラーよりも有利かもしれません。一方で凍結や圧雪の高速道路や幹線道路を早い速度で走るときは、ハスラーの方がメリットがあると考えます。

またカーブなどにおいても速度が速くなると、ジムニーの方が不利になる場合があります。

新型ハスラー 現行ジムニー
全長 3,395 3,395
全幅 1,475 1,475
全高 1,680 1,725
ホイールベース 2,460 2,250
最低地上高 180 205

単位は㎜です。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これから話す情報は、東北の知り合いから聞いたんだけど、北海道の知り合いも同じ話をしてくれたんだよ。

現行ジムニーのホイールベースは、2,250㎜です。そしてハスラーは、2,460㎜となっています。

ホイールベースが長い分、ハスラーの方が速度が上がっても安定し、旋回時も安定感があります。

さらにジムニーは、本格クロスカントリーの特性上最低地上高や車高がハスラーよりも高いです。要するに重心が高いという事になります。

こういった状況からハスラーの方が、高速道路など速度が速くなる運転では安心感がアップします。また旋回時も安定感が高いといえます。

宏樹の勝手目線

これは、東北の知り合いも北海道の知り合いも言っていましたが、ジムニーは良く転がっているのを見かけるとのことです。

先程のホイールベース・重心位置の問題や、クロスカントリーだから大丈夫というドライバーの過信から発生しているのではないかと両者ともに言っていました。

現行ジムニーと新型ハスラーの維持費って?

子ども
子ども
同じ軽自動車で維持費って大きく違うの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これから維持費について説明してみるね?

ジムニーとハスラーでは、自動車税は同じ10,800円です。

車検を3年後に取得する際の重量税は、ジムニーは減税対象でないので基本的に2,000円ほど高くなります。ただしハスラーがターボ車の場合は、同じと考えてください。

普段のランニングコストは?

雪道を走るには新型ハスラーとジムニーどちら?4WDの性能、脱出能力、登坂能力、維持費。雪国で生活するならどちらを買う?
子ども
子ども
普段のランニングコストってどうなんだろう?

燃費比較

新型ハスラーの4WDモデルは、20.8km/L~23.4km/Lです。ジムニーは、13.2km/lL~16.2km/Lとなっています。40%以上もハスラーの方が低燃費になります。

月にハスラーで10,000円燃料が掛かるとしたら、ジムニーでは15,000円近くかかることになります。

任意の自動車保険は?

雪道を走るには新型ハスラーとジムニーどちら?4WDの性能、脱出能力、登坂能力、維持費。雪国で生活するならどちらを買う?
子ども
子ども
任意の自動車保険もきちんと入らないとならないよね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
もちろんそうだね。一年ごとの費用だしね。

自動車保険は、加入者(主たる運転者)や保険範囲、補償範囲で金額が大きく変わります。参考としては、保険会社が公開している型式別料率クラスがあります。

軽自動車は、1~3クラスに分かれています。1が最も基本保険料が安くなります。

①現行ジムニー

補償内容 料率クラス
対人賠償責任保険 1
対物賠償責任保険 1
搭乗者傷害保険 1
車両保険 1

②新型ハスラー

補償内容 料率クラス
対人賠償責任保険 2
対物賠償責任保険 1
搭乗者傷害保険 2
車両保険 1

同条件であれば、ジムニーの方が任意の自動車保険は安いという事になるでしょう(宏樹調べ)。

保険始期2021年1月1日~12月31日の車に適用され、毎年料率クラスは見直されます。

③スタッドレスタイヤ

子ども
子ども
冬道走るのだから、スタッドレスタイヤも必要だね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
雪上、氷上など色々あるから、最低でもスタッドレスタイヤは必須だよ。

サイズが大きい分、ジムニーの方がタイヤの代金は高くなると言ってよいね。

宏樹のワンポイントアドバイス

現行ジムニーと新型ハスラーで維持費を比較した場合、一番大きいのが燃費差ではないでしょうか。ハスラーの燃費は、マイルドハイブリッドを搭載している分かなり有利です。

そのほかの維持費に関しては長短がわかれるところですが、それぞれの要素でプラスマイナスゼロに近い状態かと考えます。

雪国で乗るなら現行ジムニーor新型ハスラー?

雪道を走るには新型ハスラーとジムニーどちら?4WDの性能、脱出能力、登坂能力、維持費。雪国で生活するならどちらを買う?
子ども
子ども
雪国では、結局どっちが良いのだろう!?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね、難しい部分もあるけど結論を説明するね。

①ジムニーをチョイスする場合

ジムニーを購入する場合は、やはり住んでいるところが雪深く、除雪回数も少ないところを普段から多く走る人、雪山などをレジャーで楽しみたい人御向け!

燃費は二の次で、まずは毎日雪山を超えたい人にもジムニーが向いています。

②ハスラーをチョイスする場合

雪があっても除雪されていて、数十センチの雪道にあう可能性の少ない地域で運転する、また走行距離を多く走る人向け!

高速道路や幹線道路を多く走る人は、ハスラーが向いているでしょう。

まとめ

雪道を走るには新型ハスラーとジムニーどちら?4WDの性能、脱出能力、登坂能力、維持費。雪国で生活するならどちらを買う?をまとめると

ジムニーとハスラーは、スズキ車でも雪道に強いモデルです。ただそれぞれの生い立ちの違いなどから、それぞれにメリット・デメリットがあります。

雪国で両候補を購入検討する場合は、普段どのように乗りたいかを検証してから購入するのが良いでしょう。

こんな記事もおススメです→新型ジムニーのエンジン交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

こんな記事もおススメです→ハスラーのリフトアップ、チョイ上げ、あげあげ?注文は何処に?何インチアップ?車検は大丈夫?軽自動車規格のまま?

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット