ソリオ バンディット

トールとソリオバンディットを徹底比較!おすすめはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。ピカピカの新車はつい眺めてしまう前田です。

ピカピカの新車、やはりカッコいいですよね。自分自身で選んだ車でなら毎日の通勤もスタイリッシュに決めたり、休日のレジャーもお出かけできる範囲が増えてもっと楽しくなると思います。

そこで、今回は「新車はどんな車を買おうか?」と悩んでいる方の為におすすめ!

ダイハツのトールと、スズキのソリオバンデットを徹底比較していこうと思います。

 

スポンサードリンク

手軽さのトール、質のソリオバンデット

結論としてはどちらも良い車ですのでこちらが確実におすすめ! とは言い切れません。

ですが「こういう車が買いたい! 」という条件があれば、おすすめする方向性としてそれぞれの車に特徴があります。

シンプルに手頃な価格で買いたい! という方やファミリー向けならトールを。

引用:ダイハツトール公式HP

乗り心地や安全性などの高品質さを選ぶならソリオバンデットをおすすめします。

引用:スズキ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ソリオバンディットは機能性が高くて好きだなあ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
お手頃で家族向けなら、トールの方にしようかしら?

トールとソリオバンディットは両方ともコンパクトハイトワゴンという、分かりやすく言えばミニバンと軽自動車のいいとこ取りをした次世代車なんて呼ばれたりしている同じジャンルの車です。

ジャンルが同じだからこそ共通点の多い車ではありますが、どちらがどういう点でメリットとデメリットがあるのか徹底的に見ていきたいと思います。

新車の値引きの裏技

 

徹底比較!価格編

まずは、一番気になってしまうであろうお値段についてです。

最低グレードでのお値段ですが、トールが179万円(税込)でソリオバンディットは209万円(税込)となっています。

なんとその差額は30万円!

最高グレードでもトールが215万円、ソリオバンディットが237万円でその差は22万円という感じです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
30万円もあったら色んなモノが買えちゃうよね
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ブランド物のバッグにジュエリーにちょっとした旅行にも行けるわ!

圧倒的に本体のお値段ではトールの方がお得な気はしますね。ですがソリオバンディットの方はお値段以外の場所に良さがあります。

新車の値引きの裏技

 

徹底比較!見た目編

お値段の次はなんといっても車の見た目です。

毎日通勤で乗ったりレジャーに出かける以上は必ず人の目に入りますし、車内の見た目も乗っている間の気分にも影響するかと思います。

もちろんジャンルが同じといってもトールとソリオバンディットは違いがはっきりとしているので、どちらがいいと思えるかしっかりと見ていきましょう!

外装の違い

まずはトールから見ていきます。

引用:トール公式HP

全体的にころんとした丸みのある、老若男女問わない可愛げのあるデザインです。

カラーは全部で14色!

その内5色はルーフ(屋根にあたる部分)が黒色となっているツートーンカラーです。デザインも相まって誰が乗っても違和感を感じさせません。

引用:トール公式HP

こちらはおすすめカラーブリリアントカッパークリスタルマイカ。ピンクとブラウンの間のような柔らかみのある色です。

引用:トール公式HP

こちらはツートーンカラーのトール。黒×青の組み合わせもきりっとしてていいですね。

続いてソリオバンディットです。

デザインの差が分かりやすいようにトールと同じシルバーを選んでいます。

引用:スズキ公式HP

丸みはありますが全体的にシュッとした、カッコいい雰囲気の強いデザインです。

カラーは全部で13色!

その内5色はトールと同じくルーフ部分が黒色となっているツートーンカラーです。深めのカラーリングが多いので、よりスタイリッシュな印象ですね。

引用:スズキ公式HP

こちらはおすすめカラークラレットレッドメタリック。遊び心のあるワインのような味わい深い赤色です。

引用:スズキ公式HP

こちらはツートーンカラーのソリオバンディット。黒と黄の組み合わせがモードな雰囲気を感じさせます。

外見だけでも相当違う雰囲気を持つのがお分かりいただけたでしょうか?

この時点でも、カジュアルなトールとスタイリッシュなソリオバンディットといった雰囲気を感じますよね。

内装の違い

さてさて、次は内装の違いです。まずは運転席の様子をまとめて見てみましょう!

引用:トール公式HP

引用:スズキ公式HP

上がトール、下がソリオバンディットの運転席の様子です。

まず、一番特徴的なのはメーターの位置でしょうか。

ソリオバンディットの方は中央部にまとまっていて近未来的な雰囲気、トールの方はハンドルの前にメーターがあり内装も温かみがあります。

続いて、シートを含めた全体の内装です。

引用:トール公式HP

引用:スズキ公式HP

先程の運転席と同じく上がトール、下がソリオバンディットの内装です。

外観と同じくトールはカジュアルな印象のある丸みのあるデザイン、ソリオバンディットはモードな角ばったデザインですね。

内装も外装もどちらも一長一短といった感じですが、私は乗る方のこだわりを感じるソリオバンディットのデザインの方が好みです。

新車の値引きの裏技

 

徹底比較!安全編

引用:スズキ公式HP

続いては車の安全性のお話ですが、どちらも比較的新しい車種なので全方位モニターを始めとして様々な安全機能があります。

安全機能の一例
  • ペダルを踏み間違えても安全!誤発進抑制装置
  • 前方に人がいたら警報とブレーキを掛けてくれるサポートシステム
  • 切り忘れ無し!自動でロービームにするハイビームアシスト

 

上記で挙げたものはあくまでも共通の内の一例です。ここまで安全性能が上がっていると至れり尽くせりといった感じもしますよね。

さて、安全性能においては圧倒的にソリオバンディットがおすすめです。

一通りの安全機能はもちろん、居眠りなどで起こるふらつきを走行パターンから計測して警報するふらつき警報機能。そして何より「ここまで進化しているのか! ?」と驚いたのが、

アダプティブクルーズコントロール

というシステムです!

なにそれ?という方に説明いたしますと、先行している車両をカメラで計測して自動で車間距離を測って加速や減速を行うシステムです。つまりは条件はありますが車が勝手に色々調べて走行していくという夢のような機能なのです。

ここまで機能が進んでいると思うと凄いですよね。安全性においてはコンパクトハイトワゴンの中でソリオバンディットが最強格だと思われます。

新車の値引きの裏技

 

日常でもっと知ろう!

今までは価格・デザイン・安全のそれぞれの視点でトールとソリオバンディットを比較してきましたが、ここからはトールとソリオバンディットの日常におけるメリットとデメリットを見ていきましょう!

トールのある日常

トールの最大の特徴は、ターボエンジンだからこそ力強さがあり市街地などで長距離運転するのに向いているということです。ターボ車は普及しているNAエンジンよりも回転数が多いためその分パワーがあるのだそう。

またファミリー向けな点として、乗降用の補助グリップが二段になっていたり、足元にランプがあったりと乗り降りのしやすさが高いのが好印象です。ドアの開口部も1mを越える広さがあるので、大型の観葉植物やギターなど結構大きいモノでも積み込みやすいのがいいですね!

ただ、問題点としては最大の特徴でもあるターボエンジンであるため、高速道路などではエンジン音が大きくなったり、燃費も他のコンパクトハイトワゴンに比べて少々悪かったりと山や海へのお出かけにはあまり向いていません。

ソリオバンディットのある日常

ソリオバンディットの最大の特徴は、2種類のハイブリットが用意されておりそのどちらでもどんな状況でも走りやすくなっております。モーターのアシストのお陰で低燃費かつ、本当に走っているのかと疑いたくなるぐらいエンジン音がとても静かです。

また、車内の広さが室内長で2m50cmとコンパクトハイトワゴンでは随一の広さを誇り、のびのびとゆっくり座れる快適さを持っています。ハイブリッド車なのもあってかきびきびとした走りなので小回りも効く、どこまででも走れる強さがありますね。

ソリオバンディットはコンパクトハイトワゴンの中ではかなりクオリティの高い車種なので、これといった問題点は質の面ではありません。ですが、やはり質の分だけ元々の価格が高いので本体価格がやはりネックですね。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

さて、トールとソリオバンディットの違いがお分かりいただけたでしょうか?

トールとソリオバンディットのそれぞれの特徴を纏めますとこんな感じです。

トール
  • 価格が手ごろでお財布に優しい
  • デザインが万人向けでカラーリングも豊富
  • ターボエンジンで力強い走り
  • 家族で乗りやすい設計
ソリオバンディット
  • 安全性能が高く走りやすい
  • デザインがスタイリッシュでカッコいい
  • 2種類のハイブリッドで低燃費でスムーズな走り
  • コンパクトハイトワゴン随一の広さ

今回は同じコンパクトハイトワゴンであるトールとソリオバンディットの比較でしたが、同じジャンルの車でもかなり違いがあったと思います。

どちらも良い車ではありますが、私個人のおすすめとしてはやはりソリオバンディットですね。

確かに値段が高くはあるのですが、スタイリッシュなデザインや安全や走行性能という質に見合うお値段だと考えればソリオバンディットが欠点も少なく乗りやすい車だと思います。

あなたはトールとソリオバンディット、どちらでしょうか?ぜひ購入を検討している方は参考にしていただけると幸いです。

他にもソリオバンディットと他の車種の比較や、ソリオバンディットについてもっと知りたい方はこちらの関連記事もどうぞ!

↓↓関連記事はコチラ↓↓

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット