軽自動車

新型ワゴンRスティングレーの不具合・リコール情報まとめ!制御プログラムは大丈夫?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさん、快適なドライブを楽しんでいますか? 私の愛車は変わらず元気(?)で快調に乗り回しているんですが、妻の友達のワゴンRスティングレーはちょっとご機嫌ナナメみたいです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
時々エンジンがかかりにくいんですって。一度お店で調べてもらったら、って言っておいたけれど……。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
もしかしたら、リコール対象の車なのかもしれないね。そんな不具合があがってた気がするよ。
子ども
子ども
りこーる……って、なに?

というわけで今回は、リコールとはなんなのか、ワゴンRスティングレーのリコールにはどんな内容のものがあったのかをご紹介します!

 

スポンサードリンク

知っているようで知らない、「リコール」ってなんだろう?

理恵(りえ)
理恵(りえ)
「リコール」って耳にしたことはあるけど、意味までは知らないわ。

それではリコール情報のまとめに入る前に、「リコール」とはどういう意味なのか解説します。

リコールとは?

リコールとは、設計もしくは製造過程で発生した不具合があった場合、自動車を無料で修理してくれる制度のことです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
無料で直してもらえるなんてお得ね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
もちろん、リコールとして届け出がされた不具合だけだよ? 

調査の結果、設計・製造過程の不具合であると自動車メーカーが判断し国土交通省に届け出をすることでリコール対象となります。

子ども
子ども
不具合の情報はどこから入ってくるの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
自動車に乗っている人からの情報を元にしているよ。 

不具合情報ホットライン

国土交通省では自動車の不具合情報を集めるため、不具合情報ホットラインというシステムを導入しています。

引用:国土交通省HP

HPや電話などでユーザーからの不具合に関する情報を集め誰でも見られるようにまとめています。

子ども
子ども
車に乗っていて気になることがあれば、ここから報告できるんだね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね。集めた情報を元にメーカーが調査を行って、リコール対象か判断してくれるんだ。 

リコールの情報はどこから手に入れる?

リコールになった車の情報は、ディーラーから所有者にダイレクトメールなどで連絡が行きます。

ただし、引っ越しなどで住所が変わった場合や車の所有者が変わった場合、手続きを行っていないと通知が届かない恐れがあります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
手続きをしておかないと罰金が課せられることもあるから、忘れずにしないとね。 
理恵(りえ)
理恵(りえ)
 お金とられるの!? 気をつけなきゃ……。

ちなみにリコールの情報は、国土交通省HPから検索することもできます。

引用:国土交通省HP

検索時に入力できる項目は「車名」「型式」「届出日」の3つです。

子ども
子ども
届出日はなんとなくわかるけど、車名と型式って?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
車名はディーラー名、型式は車に割り当てられた識別記号だよ。 
車名とは?

「スズキ」や「ダイハツ」など、自動車の製造・販売をしている企業の名前。

型式とは?

自動車の車種やモデルを分類するため、アルファベット+数字の組み合わせで自動車に割り当てられた識別記号。

アルファベットと数字を使う以外のルールは特になく、メーカーごとに割り振り方は違う。正規代理店を通さずに輸入された車や年式の古い車には、割り当てられていない場合もある。

型式は車検証(自動車の所有者、自動車保安基準に達していることの証明書)やコーションプレート(車の名札のようなもの)に記載されています。

コーションプレートについては、下の動画を参照してください。

動画でいうところの「TYPE」の右側に記載されている文字が、型式にあたります。

リコール制度って利用するべき?

子ども
子ども
無料で直してくれるのは嬉しいけど、修理しに行かなくちゃならないんでしょ? めんどくない?
理恵(りえ)
理恵(りえ)
無期限って聞くと、だらだらと先延ばしにしちゃいそうだし……。

エンジンや走行機能に不具合があった場合は焦りそうですが、変な音がする程度のちょっとした内容だったら放置しても問題なさそう、って思っちゃいますよね。修理に行く時間すら惜しい、って忙しい人も中にはいるかもしれません。

修理に出さなかったからといって、罰則はありません。しかし、もし放置したリコール対象車が事故を起こしたら、運転手の責任となります。たとえ実際はリコール該当箇所が原因だったとしても、修理を行わなかった運転手自身の責任になってしまうんです。

子ども
子ども
こっわ!! 通知が来たら、さっさと修理に行った方がよさそうだね……。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうね、万が一事故が起きたら嫌だものね。

リコール対象の修正は無期限なので、どんなに遅くなっても修理に出しておくのが賢明ですね。

自動車保険を見直す

 

スポンサードリンク

ワゴンRスティングレーのリコール情報

リコールとはなんぞや? の説明が一通り終わったところで、続いてワゴンRスティングレーのリコール情報をご紹介したいと思います!

新型ワゴンRスティングレーには、3つの不具合がリコール対象として挙げられています。

リコール情報① ナットの緩み

まずは、2017年3月3日に届け出がされた不具合です。

フロントストラットとナックルを締結するボルトとナットの締付けが不適切なため、ナットが規定トルクで締め付けられていないものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ナックルがストラットから外れ、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

引用:国土交通省HP

子ども
子ども
……ちょっとなに言ってるのかわかんない。

嚙み砕いて説明すると、フロントストラットを留めているナットが基準で定めているよりも緩いため、最悪の場合外れてしまい運転ができなくなる、といった内容です。

子ども
子ども
部品が緩んでいることは理解できたけど、そもそもフロントストラットがなんなのかわからないよ。

説明図があるので、見てみましょう。

引用:国土交通省HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
タイヤ近くの部品、ってことかしら?

そうですね。ストラットとは、ばねとタイヤを組み合わせた構造のことを指します。前を表す「フロント」という言葉がついているので、問題が発生したのは前輪の構造、ということになります。

対策としては、ワゴンRスティングレー含む対象車のナットの締め付け具合を点検し、緩んでいた場合は新しい部品と交換する、という措置がとられました。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
放っておいたら事故につながりそうだし、早めに見てもらった方がよさそうな不具合ね。

リコール情報② 制御プログラムの不具合

2つ目は、同じく2017年の7月7日に届けられた不具合です。

子ども
子ども
1つ目のも2つ目のも、ゾロ目の日に届けられてるんだ。……ゾロ目の呪い?
理恵(りえ)
理恵(りえ)
くだらないこと言わないの!

補助電源モジュールの制御プログラムが不適切なため、減速時アイドリングストップ状態から再加速に切り替わる過渡期に、スタータ機能付発電機に流れる大電流を過大と判断し、鉛バッテリへの充電回路を遮断したままとする保護制御に入ることがある。このため、表示灯が点滅し、そのままの状態で使用を続けると、鉛バッテリが放電し、最悪の場合、エンストやエンジン始動不能に至るおそれがある。

引用:国土交通省HP

プログラムの不具合によって、発電機に流れる電流の量が正常であるにもかかわらず異常と判断され、必要以上に電流の量を抑えてしまう、という内容です。

この状態のまま運転を続けると、エンジンがかかりにくかったり、急に止まったりといった症状を引き起こす可能性があるようです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
友達の車の不調も、このせいなのかしら?

対策としては、制御プログラムの修正もしくはモジュールそのものを取り換える、という処置がとられました。

リコール情報③ 検査不備

最後は、2019年4月19日に届け出がされた不具合です。

任命されていない検査員(検査補助者)が合否判定を行う等、完成検査工程における合否判定が不明確であったため、道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていなかった可能性がある。

引用:国土交通省HP

具体的な事象が発生したわけではなく、適切な検査が行われなかった可能性がある、という内容です。

子ども
子ども
こういうものまでリコールになるんだね。

こちらはリコール対象車の再検査を実施して異常があれば対応する、という対策をとられています。

今後このような検査不備が起こらないような対策も、一緒に考えてもらえていればいいのですが……。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
売りに出す以上、販売前の検査はちゃんとしてほしいものよね。

自動車保険を見直す

 

過去にはこんなリコールもあった

新型ワゴンRスティングレーのリコールは上にあげた3件ですが、過去にもいろいろあったようで……。

ざっと内容をまとめてみました。

もしワゴンRスティングレーの旧型を所有していて上にあげた内容に心当たりがある人は、一度詳しく調べてみてくださいね。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
プログラムの不備から部品の不具合まで……全部で14件もあるの!?

私も調べてみてびっくりしましたよ。まさかこんなにあるとは……。

Twitterを調べてみたところ、こんな厳しい意見が……。

過去は10件以上もリコールがあげられていましたが、新型ワゴンRスティングレーのリコールは現状3件だけです。件数が少ないところを見ると、不具合をあげないなんらかの対策が功を奏しているのかな、と思います。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
まだ見つかっていない不具合があるだけかもしれないわよ?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
それはさっさと見つかってくれた方が嬉しいけど……不具合がないに越したことはないよね。 

リコール件数が増えないよう、今後に期待ですね。

自動車保険を見直す

 

スポンサードリンク

まとめ

  • リコールとは、設計・製造過程で発生した不具合を無料で修正してくれる制度のこと。
  • 新型ワゴンRスティングレーのリコールで現状挙げられているのは3件。
  • 過去のリコール件数はなんと14件!

 

車に乗っていてなにか「おかしいな」と感じたことがあれば、一度国土交通省のHPを調べてみるのはいかがでしょうか。

リコールとして挙げられていて、無料で直してもらえるかもしれませんよ。

 

ワゴンRスティングレーの関連記事もぜひご覧ください!

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット