ワゴンR

新型ワゴンRの4WDシステム、フルタイムとの違いは? メリットは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

こんにちは。突然ですが、あなたは毎年スキーに出掛けますか? あるいは不意に冬の北海道にカニを食べに行きたくなったりとか、モータースポーツに感化されてラリーストに憧れたりとか、もしかしたら嫁さんの実家が秋田県だとか(他意はありません)などなど、車を選ぶのがそういう理由であれば、確かに4WDが必要だと思います。

だったら普段乗るときに4WDは必要ないんじゃないの? とあなたは思うかもしれません。でもそうした以外に4WDの出番がないとは限りません。

今日はその疑問に対する答えを、ぼくなりにまとめてみました。人気のあるワゴンRを取り上げて、街乗りや軽自動車にもメリットがある(かもしれない)4WDの話をしたいと思います。

 

スポンサードリンク

ワゴンRを買うときに4WDを選ぶ理由

4WDのウンチク(システム編)

先に少しだけ、4WDのシステムの説明をさせてください。

4WDのシステムは、大きく分けてフルタイム4WD、パートタイム4WD、オンデマンド4WDのどれかです。

フルタイム4WDは四輪が連結されたままの状態で走るため、安定性が良いのが特徴です。一方、構造が複雑で車体が重くなり、コスト燃費に影響が出ます。

パートタイム4WDはその欠点を改良して、2WDと4WDを切り替えて走ることができます。切り替えは運転席のレバー操作、タイヤのロックを外すなど機械的に行う必要があります。

そしてパートタイム4WDを発展させたものがオンデマンド4WDです。オンデマンド4WDは道路の状況を判断して、2WDと4WDの切り替えを車が自動でしてくれるシステムです。そのため、パートタイム4WDと違って機械的な操作は必要ありません。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
オンデマンド4WDは、なんちゃって4WDなどと言われるけど、ぼくはフルタイム4WDやパートタイム4WDが、よりスマートに進化した形なんだと思うよ。

ワゴンRの4WDシステムは?

引用:スズキ公式HP

新型ワゴンRも、このオンデマンド4WDです。オンデマンド4WDはワゴンRだけでなく、現在日本車で広く採用されている4WDシステムで、次のようなメリットがあります。

  • 4WDでの走行が必要な状況を自動で判断してくれるので、パートタイム4WDの切り替えのような面倒がない。
  • 前後の接続装置をシャフトでなく、カップリングに変更することで、さらに軽量化が進んでいる。
  • 電気的に切り替えをする方式では、路面状況の予測や前後のパワー配分まで見込んで開発が進んでいるものもある。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こう書いてみると、今のぼくらはとっくに未来の車に乗っているんだなー! って実感するね(笑)

ワゴンRと4WDのいい関係

加えてワゴンRを4WDにすることで、こんなメリットがあります。

  • 軽自動車特有のホイールベースの短さを補って車の推進性を高めてくれる。
  • FF車のデメリットである発進の加速の鈍さや、コーナーで出やすい後輪の外振り(アンダーステア)を改善してくれる。
  • 荷物を積んだときや四人乗りのときに感じる軽自動車のトルク不足を、四輪に効率良くパワーを伝えることで補ってくれる。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 軽自動車のデメリットを4WDがうまく補完してくれるんだね! 

新車の値引きの裏技

 

4WDは免罪符ではなく、転ばぬ先の杖

4WDのウンチク(開発編)

ここで少し、自動車の駆動方式がどう変わってきたのか説明させてください。

引用:JAF公式HP

車は最初FR方式(フロントエンジン・リアドライブ)、後輪駆動が一般的でした。これは駆動する後輪と舵を切る前輪とに分けて、構造を単純にするためです。何故かというとまだパワステがなかったので、操作性を高めるためにはこうするしかありませんでした。

その後パワステが開発され、そのおかげでFF方式(フロントエンジン・フロントドライブ)、前輪駆動が主流になりました。FF方式はエンジンの荷重が駆動輪の上に乗っているため、FR方式のようなパワーロスがないからです。ただし今度はコーナーで後輪が大きく振られるようになり、ハンドル操作が難しくなりました。

そして前輪と後輪をシャフトで繋いで連動させる4WD方式四輪駆動が生まれます。4WDはFR方式の後ろから押す力と、FF方式の前から引っぱる力の両方を兼ね備えているため、道路以外でも走る場所を選びません。4WDは戦争を契機に爆発的に進化し、その後モータースポーツでも活躍しています。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 走破性という点ではFRもFFも及ばないけど、4WDは自動車技術の積み重ねから生まれてきたんだね 

オンデマンド4WDはフェイクなのか?

ところで身のまわりの日常に限った場合、4WDに求められる性能は走破性ではなく、雪道とか砂利道あるいは坂道発進といった、ちょっとしたトラブルを解消するために使われることのほうが多いのではないでしょうか? 必要なときだけ使いたい。そう! まさにオンデマンドの意味は、こちらの要求に応じて、データやサービスを提供するということなんです。

人によっては、すべる前に効かない4WDじゃ意味がないという意見もあります。でも本当に必要なのは、すべった後にどう安全に車を立て直すか、人で言うと、つまづいたときにどう転ばないようにするかだと思います。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
4WDがあるからどこでも大丈夫! ではなく、もしものときに頼りになるってことだよね 

例えばブレーキのABSは今では当たり前ですが、だからといって必要以上にスピードを出したり、車間距離を詰める人はいませんよね? 遠出をするときに天気を確認したり、渋滞情報を見て無駄なトラブルを避けるのも同じことです。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ワゴンRの4WDはオンデマンド4WDで、現在は一般的なシステム。
  • オンデマンド4WDは自動で切り替わるので操作は必要ない。
  • 4WDのシステムはワゴンRのデメリットを補ってくれる。
  • オンデマンド4WDは走破性でフルタイム4WDに及ばないが、普段の走行では十分に通用する。
  • 4WDのシステムを過信するのではなく、転ばぬ先の杖として活用する。

今回4WDのシステムが進化していることを改めて強く感じました。同時に道路が良くなったからこそ、オンデマンド4WDは価値ありなんだろうと思います。ぼくらの未来はこれからも明るいです(笑)。

ワゴンRの関連記事はこちら

新型ワゴンRが人気の理由は?口コミ・評判・レビューから徹底調査

新型ワゴンRの雪道走行は滑るって本当?滑りにくい走り方のコツはあるの?

新型ワゴンRは事故に強い?万が一のための耐久性や安全装備は大丈夫なの?

 

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット