軽自動車

新型ワゴンRの雪道走行は滑るって本当?滑りにくい走り方のコツはあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさんこんにちは。

冬のドライブって空気が澄んでいて気持ちがいいですよね。

でもそんな時に気になるのが、そう!雪道です。

いつもは何気なく走っている道でも、雪が積もっていると運転に神経を使います。

そもそも車によって雪道の得意不得意があるものなんです。

今回はそんな雪道を新型ワゴンRで走るときのコツについてお話します。

 

スポンサードリンク

そもそも雪道はなぜ危険?

冬になると、日本全国どこでも雪が降る日がありますよね。

パラパラと降るだけなら風情があっていいのですが積もってしまうと何かと面倒です。

特に車の運転をする人にとって積雪は場合によっては命の危険すらある大問題です。

 

なぜ雪が積もると危険なのでしょう?

それは、滑るから。

単純なことですがこれが車の運転だと大問題なんです。

車は重量があるので、少し滑るだけで大きな推進力が働き、思った以上の距離を滑ってしまいます。

しかも滑っている間はハンドル操作が利きません。

私も路上で滑ったことがあるのですが、車体が浮いて進んでいるような感触です。

本当に怖い現象です。事故を起こしてもおかしくないそんな事態、ワゴンRは大丈夫なんでしょうか?

新車の値引きの裏技

 

軽自動車は雪道が苦手?

「軽自動車は馬力がないから雪道は怖い」

そんな話を聞いたことがないでしょうか?

確かに、雪が高く積もっている道では、タイヤが埋まってしまって馬力がないと脱出できないなんてことがあります。

なので雪山に行く人の場合は考えなくてはならないかもしれません。

 

ですが、実際にみなさんが走る道はどうでしょう?

雪が20センチ30センチも積もった道を走ることってそうそうないですよね?

特に街中では、除雪車が除雪作業をしてくれていたり、融雪剤が撒かれていて積雪はあまりないことが多いと思います。

 

「あれ?雪が積もっていないなら大丈夫じゃない!」

と思った方、ちょっと待ってください。

雪道で車が滑るのはなにも雪だけが原因じゃありません。道路が凍結していれば車は滑るんです。

つまり除雪されていても、融雪されていても、冬の雪道は滑る可能性があると考えておく必要があります。

 

では馬力がない軽自動車は不利か。と聞かれると実はそうでもありません。

雪道で滑るとき、自動車には慣性の法則が働きます。

昔物理の授業で教わった、あの慣性の法則です。

 

慣性の法則が働くと、物体はその質量に比例した力が働きます。

この力が働くことから雪道で自動車は滑るわけです。

と、なると、実は重量が軽い軽自動車であるワゴンRは滑る力が普通車に比べて弱いんです。

なので「軽自動車だから雪道が苦手」なんてことはありません。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

つまりワゴンRなら雪道で滑りにくい?

引用;スズキ公式HP

では滑りにくいのかというと、そうではありません。

確かに滑ったときに働く力は弱いですが、滑らないわけではありません。

軽自動車は滑ったときの被害が少ないというだけです。

実は、ワゴンRは雪道では滑りやすいです。

なぜかというと、タイヤが小さく、走行中の接地面が少ないことから滑りやすい構造となっています。

『滑りやすいけれども、重量の関係から滑った時の被害が大きくなりにくい』というのがワゴンRの雪道での走行に関する回答です。

新車の値引きの裏技

 

滑りにくい3つの走り方!

では、雪道を走行するときにどうすれば滑らずに走れるのでしょうか?ポイントは3つあります。

エンジンブレーキを活用する

みなさん車を運転する際は、フットブレーキ(足で踏むブレーキのこと)を用いる方がほとんどだと思います。とくにAT車が普及している昨今、ギアチェンジによるエンジンブレーキというのはあまり使われないのかもしれません。

しかし路面が凍結した雪道では、このフットブレーキが曲者なんです。

フットブレーキは基本的にタイヤの回転を止め(又は緩めて)地面との摩擦で減速を行います。

しかし雪道では路面が凍結しているため、摩擦によって雪が溶けて滑る原因となります。つまり摩擦を用いた減速は危ないのです。

一方でエンジンブレーキは、エンジン内の回転数を上げることによって車内で減速を行います。

これにより地面との摩擦を発生させることなく減速をすることができるのです。

エンジンブレーキを有効活用することで、雪道でも滑りにくく走ることが可能です。

車間距離を広くとる

引用;スズキ公式HP

路面が凍結した雪道を走行する以上、ある程度は滑ってしまうという現実があります。エンジンブレーキを活用しても全く滑らないというわけではありません。

そのため、多少滑ってもいいように車間距離を広くとりましょう。

それだけで追突の危険なく走行することができます。

基本的ですが、とても大事なことですね。被害が出てからでは遅いので、いつもの倍程度の車間距離をとるようにしましょう。

スタッドレスタイヤ・タイヤチェーンを装着する

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着することで、雪道での走行が楽になります。

チェーンの着脱は車を停めて社外で作業を行う必要がありますが、スタッドレスタイヤは季節の変わり目に自動車整備店などでタイヤ交換を行えばシーズン中に特段の作業が必要ありません。

多少面倒でも雪道走行の利便性や危険からの回避ができることを考えれば、ぜひともスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着して冬に備えましょう。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

ワゴンRでの雪道の走行は『滑りやすいが滑る距離は大きくない』というものです。しっかりと準備を行い、気を付けて運転をすれば危険を回避することは十分可能です。

また、ワゴンRには4輪駆動車もあります。雪道を多く走るドライバーさんでしたら、4輪駆動のほうが雪道の運転が楽になるので、そちらもオススメです。

雪道では車間距離をしっかりとって、エンジンブレーキを活用して、安全に運転しましょう。

急ブレーキや急発進は厳禁です。常に安全運転を心がけましょう。

自動車保険を見直す

こちらの記事を読まれた方が読んでいるオススメの記事はこちら

新型ワゴンRの内装をオシャレにdiy!初心者でも簡単にできるカスタム方法を紹介

新型ワゴンRで車中泊キャンプはできる?車中泊に必要なおすすめ便利グッズも紹介

新型ワゴンRの洗車の仕方は?洗車機と手洗い、どっちがおすすめ?

 

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット