ワゴンR

新型ワゴンRのATとMTの違いは?口コミ・評判・レビューから徹底比較!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
こんにちは!

皆さんが運転されている車は、AT車(オートマティック車)が多いのではないでしょうか?ひと昔前までは、MT車(マニュアル車)というギアを自分で変える方式の車が主流でした。時代の流れで、マニュアル車というのは、なくなりつつあります。

新型「ワゴンR」にはオートマティック車とマニュアル車がラインアップされており、ユーザーがどちらか選べるようになっています。

そんな新型「ワゴンR」のAT車(オートマティック車)とMT車(マニュアル車)の違いを徹底比較していきます!

 

AT車とMT車がラインアップされています

新型「ワゴンR」には、次の3つのグレードが用意されています。

新型「ワゴンR」のグレード
  • FA     ・・・エンジン車
  • HYBRID FX・・・HYBRID ベーシックモデル
  • HYBRID FZ・・・HYBRID スポーティーモデル

このグレードのラインアップで、AT車とMT車のラインアップをみると、下の表のように、MT車はFAグレードのみとなっています。また、CVTというのは、後ほどご説明しますが、AT車と思っていただいて構いません。AT車は全グレードに用意されています。

そもそもAT車とMT車とは!?

皆さんAT車とMT車とは何なのかということをご説明していきます。

本サイトの初めのところでも少し触れたように、AT車とはオートマティック車のことで、自動でギアを変えてくれる車ですコンピューターが速度に合わせて適切なギアを変えてくれる(変速)ので、運転者はとくにシフトレバーを変えなくても(”D”に入れておくだけで)、ギアを調整してくれます。

対して、MT車とはマニュアル車のことで、ギアを自動でコントロールする機能がついていないため、速度に合わせて運転者がシフトレバーとクラッチというギアを繋ぐための足元にあるペダルでギアをコントロールする必要があります

最近では、オートマティックなのにマニュアルモードというのがついていてハンドルなどにギアを切り替えられるハドルシフト(下写真)というボタンがあり、クラッチを使わずに手だけでギアをコントロールできる方式もあります。

引用:スズキHP(スペーシアカスタムより引用)

ここでまとめると、

ATとMTの違い
  • AT・・・運転者がギアをコントロールする必要がない。シフトレバーを”D”(ドライブ)にいれるだけで、走行できる
  • MT・・・運転者がギアをコントロールする必要があり、シフトレバーと足元のクラッチペダルでギアをコントロールして走行する
  • ATのマニュアルモード・・・基本的にATで、ギアをコントロールする必要がない。手元などにあるギアを変えるパドルシフトで、MT車のようにギアを変え運転を楽しめるモード

という風に理解して頂けるとわかりやすいのかと思います。

また、わかりやすい動画がありますので、こちらもご参考くださいね!

新型「ワゴンR」に搭載しているCVTとは

最近の車はATの中でもCVTと言われる駆動システムが採用されていて、ATやMTのような変速ギアがありません。変速ギアがないため、ギアチェンジの際にガクッという振動と音が出ない特徴があります。新型「ワゴンR」のATは全てCVTが採用されています

子ども
子ども
ATは自動で、MTは手動でギアを変えるんだね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
お父さんの時代はMTがメインでクラッチをつないでギアを変えていたなぁ
営業マン
営業マン
新型ワゴンRにはCVTというオートマティックが採用されていて、変速ギアがないから静かで振動が少ないですよ!

新車の値引きの裏技

 

 

《徹底比較》新型「ワゴンR」のAT車とMT車の違い

では、新型「ワゴンR」のAT車とMT車はどういう違いがあるのかをご紹介していきたいと思います。もし新型「ワゴンR」のご購入を検討していて、ATとMTで迷われていたらご参考になればと思います。

AT車とMT車の比較には、下の項目について口コミやレビューを比較しました。

  • 運転のしやすさ・性能 ・・・車の構造がATとMTで違うので影響があると想定
  • 乗り心地 ・・・・・・・・・上に同じ
  • 燃費   ・・・・・・・・・上に同じ
  • メンテナンス・・・・・・・・上に同じ
  • 総評   ・・・・・・・・・ATとMTのそれぞれの感想をまとめました

では、それぞれの項目において詳しくみていきます。

運転のしやすさ・性能

運転のしやすさ・性能についての口コミをまとめました。

運転のしやすさ・性能口コミまとめ

AT

  • スムーズに加速できる
  • 性能に不満はない
  • 街乗りでは十分な性能

MT

  • 加速はいまいち
  • 登り道はで力が出ないと感じる
  • エンジン音が静か
  • MTならもう少しエンジン音があってもいい
  • ギアがスコスコはいって気持ちいい
  • スズキのkeiよりも坂道では一つ上のギアで登れる

AT車では加速は満足、MT車では加速が物足りないと思われている方がいらっしゃる傾向にあります。またMT車に乗る方は機械好きなのか、エンジン音などは静かすぎるという声もありました。

下に実際の口コミを載せておきます。

AT

【エンジン性能】
先日アルトラパンに乗ったときには中々良い!と思いましたが
こちらのワゴンRは、やかましく安っぽい感じが露わでした。
またムーヴに比べ低速のトルクが弱く感じられます。
ただ、平地であれば軽い踏み込みでも50kmまではスムーズに加速できます

【走行性能】
特に不満はありません
カーブのロールも上手に抑えられていますし、
段差も大きく跳ね上がることはないです。
60km以上は伸びがなく踏み込む必要があります。
まあこれは軽の宿命なのかと思うしかないでしょう。

引用:価格.com

【エンジン性能】
アルトよりも若干トルクが落としてあるようですが、アルトと同じく実用域で滑らかに吹け上がり、マイルドハイブリッドのおかげでトルク感もあり、低回転数のおかげで至って静かです。十分ですね。

【走行性能】
アルトと同じく、2,500回転も回せば街乗りでは十分です。
あまりアップダウンがないエリアだったら、発進から2,000回転以内で事足ります
アクセルを一定で踏み続けていると、知らぬ間に80km出そうなこともあり

また、アルトより直進安定性が高い印象もあります。
高速走ってて横風が強い時は、アルトより安心感がありますねw
アルトよりも120kg重くなったメリット、でしょうか?w

引用:価格.com

【エンジン性能】 4
最高出力52PS、最大トルク6.1kg-mのR06Aエンジンは、以前に僕が乗っていた第二世代ワゴンRのK6Aエンジンに比べると、決してハイパワーではないですが、坂道でもアクセルを踏み込めば、そこそこの加速感はあるし、田舎で通勤や買い物に使う程度なら必要十分な性能だと思います。

【走行性能】 4
可もなく不可もなくではないでしょうか。タイヤにはDUNLOP ENASAVE EC300+ 155/65 R14 75Sという製品が付いていました。

引用:価格.com

 

MT

【エンジン性能】
良いです。静かで滑らかですが、加速はいまいちかな。エンブレがよく効きます
アイドリングストップは付いてないですが、停車中もとっても静かです
【走行性能】
ギアがスコスコ入って気持ち良いです。雪道走行はまだ分かりません。
[追記]
雪道はそれなりに安定感がありました。でも勿論滑る時もあります。結局はタイヤの性能によるのでしょう。

引用:価格.com

【エンジン性能】
MH34Sより,スペック上のトルクが減って(約5%減),圧縮比が上がって(11.0→11.5)います。町乗りではあまり気になりませんが,高速走行時の登り坂などでは力が出ない感じがしました。MH34Sで登った時の方が力強かったです(「あれ?登らなくなったなぁ」と思いました)。5MT車のギヤ比等はMH34SとMH35Sでは全然変わらないので,同じ速さで同じギヤの場合はエンジンの回転数も同じになり,トルクのあるMH34Sの方が力強く走れるのも当然ですね。そうなることは予想していましたが,実際に体感できたのでちょっと残念でした。なぜかキンキンとノック音がしている時があり,燃費優先のセッティングを感じました。個人的にはアイドリングストップがなくなったのがとても残念ですが,慣れない人もいると思いますし,バッテリーなどのコスト上 削られるのは仕方がないのかも。

【走行性能】
曲がらないわけではないんですが,MH34Sの方が回頭性が高く感じられました。ハンドルが重く感じられたためかもしれません(もう慣れました)。剛性はアップしているのを感じましたが,MH34Sでも不満はありませんでした(今乗ったら違うのかもしれませんが)。

引用:価格.com

【エンジン性能】
搭載エンジンであるK6AとR6Aのカタログスペックだけを比較すると、むしろK6Aの方が勝っているように見えます。しかし、実際にはワゴンRの方がKeiよりトルク感が強く、同じ坂道ならKeiより1つ上のギアでワゴンRは登ることがしばしばです
高速道においては、山陽道上りの本郷~三原久井間の連続急勾配で5速で登り切ったから、取りあえず合格点を大きく超えて評価したいのですが・・・

【走行性能】
ハンドルを握って走らせた感覚を伝えると、Keiとは比較にならないぐらい重厚感があり、私好みです。
また、コーナリングも安定しています。私は自宅近くのあるコーナーを回る際、助手席に積んだ荷物の動きでコーナリングの安定性を判断していますが、今までOKを出したP10プリメーラ・BHレガシィ・エクシーガの領域に概ね近いと判断しています。
ただし、電動パワステの味付けが軽めでワインディングでのハンドリングに難があるため、★をマイナス1とします。

引用:価格.com

エンジンの音が静かです。特にセルの音は
びっくりする程静か。ただ、MTはもう少し煩い
ほうが乗りやすいです

引用:価格.com

カタログ上のエンジンスペックはkeiと大差ありませんが、ギアとトルク設定の最適化が図られているのか、同じ坂道ならkeiより1段上のギアで登り切ることがしばしばです
また、直進安定性とコーナリングはkeiと比べものにならないぐらい優れています。特にコーナリングは、一定条件下ならエクシーガとあまり変わらない安定性があると思います。
ただし、電動パワステの味付けがかなり軽めなので、ワインディングでのハンドル操作に不安を感じることがちょっと惜しい点です。

引用:みんカラ

子ども
子ども
AT車に乗っている人は満足しているけど、MT車に乗っている人はちょっと力不足と感じているのかな~

乗り心地

乗り心地についての口コミをまとめました。

乗り心地口コミまとめ

AT

乗り心地は良い/不満はない

MT

乗り心地は前のモデルから改善された

段差での突き上げ感を感じる

AT車、MT車ともに乗り心地は良いと感じる方がほとんどでした。MT車に乗っている方はやはり機械好きなのか前のモデルから改善されたなど、乗り心地性能にこだわった感想をもたれているように思います。

下に実際の口コミを載せておきます。

AT

足回りは上手にまとまっているので上記の通り不満はないのですが、
シートがはっきりいってダメ。
硬くホールドも薄いので乗っていて疲れる。

引用:価格.com

アルトよりも静かですね。

アルトには車重の軽さからくる軽快感を感じていましたが、ワゴンRはしっかりとしたハンドリングや上質な乗り心地の印象が強いです
アルトより高い分w、コストかけてる気がしますw

引用:価格.com

1000ccクラスの普通車と同等の乗り心地の良さがあるように僕は思いました

引用:価格.com

MT

【乗り心地】
良いです。シートは固め。運転席が高いので前方は視界良好

引用:価格.com

リアサスがITLからトーションビームに変わり,タイヤの空気圧が減り,ホイルベースが伸びて,良くなったと思います。後部座席の乗り心地が改善されたようです。片側後輪だけが障害物を乗り越えるような状況で,左右に頭がゆすられるような揺れがなくなったと思います。ワゴンRらしさが減ってMOVEみたいになった気もしましたが、個人的にはトーションビームの方が良いですね。

引用:価格.com

走行性能が優れていることもあり、家族に聞いてみても乗り心地もKeiより向上しています。
また、私には運転席のシートが合っているので、200km/日走っても疲れはエクシーガ並みでした。

引用:価格.com

段差での突き上げがあります(後部座席が特に)。
インチダウンしてますが、それでもガンッて
くるのでタイヤの空気圧を少し下げてます。

引用:価格.com

ドライバーの立場からは、直進・コーナリングともに1クラス上とも評価できますが、パッセンジャーとして2kmも乗っていませんので、特に走行中の後席の居住性は分かりません。
ただ、静粛性や振動の少なさもkeiより大幅に進化しており、平成初期のリッターカーよりも高く評価できると思います

引用:みんカラ

子ども
子ども
AT車もMT車も両方乗り心地は満足できる車みたいだね

燃費

燃費についての口コミをまとめました。

燃費口コミまとめ

AT

実燃費は20.8~29.5km/L

約25Lのガソリンで500km弱は走れそう

MT

実燃費は16~25.1km/L

もうちょっと伸びてほしい

4WDに乗っている方が多い

 

AT車の方がMT車よりも実燃費が良さそうです。ただ、MT車に乗っておられる方は、4WDに乗っておられる方が多く、燃費が少し悪いのかなという印象を受けました。

(4WDは4つの車輪で駆動するため、タイヤの受ける抵抗が大きい→燃費が低くなる傾向)

下に実際の口コミを載せておきます。

AT

田舎道で発信停車を繰り返し、燃費計が29.5kmをいったりきたり
エアコンつけると27kmくらい
これは褒め称えるべきですね。
ただし踏み込むと途端に悪くなります。
一定のアクセルワークをしましょう。

引用:価格.com

納車から約1ヶ月、慣らしも終わって3,000kmを越えましたが、停止⇒発進加速で回転数を上げ過ぎないようにすれば(私の場合、理想は2,000回転w、上限2,500回転w)、大体カタログ値の8掛け、26km/Lはいきますね

引用:価格.com

FAのJC08モード燃費は、2WD CVTでは、26.8km/Lですが、マルチインフォメーションディスプレイの平均燃費値は、500キロ程走行した結果、20.8km/Lとなっています。僕の運転は、エコスコアが90点以上出る走りなので、ほとんどエンジンを回さないように走行することを心掛けています。一回の給油約25Lで、約500km弱は走行可能のようです。

引用:価格.com

MT

【燃費】
スタッドレスタイヤ装着、街乗りで16km/L
遠出して23km/L

4WDだからこんなものでしょうか。もうちょい伸びて欲しい…

引用:価格.com

感覚的にはメーターの燃費計はMH34Sより高い燃費を示しています。ただし,外気温やエアコンなどの条件によって燃費は結構ばらつくので,正確なところはこれから見ていきたいと思います。

引用:価格.com

慣らし運転終了後、自宅~熊本往復を含めて総走行距離約3000km時点で、満タン法では25.1km/lです。
なお、一般道で信号の多い場合だと、18~21km/lと推定しています

引用:価格.com

現在18.5kmです。4WDでスタッドレスなら良い方でしょう。

引用:価格.com

約3000km走行した時点では平均で25.1km/lで、高速が4割、一般道が6割です。
状況別推定燃費ですが、次の通りです。
高速 100km/lペース 23km/l程度
高速 90km/lペース  26km/l程度
一般道 郊外     23~28km/l
ちょい走り・市街地中心 18km/l
ただし、エアコン使用時は1割程度悪化

引用:みんカラ

子ども
子ども
AT車の方が燃費が良さそうだけど
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
走り方にもよるから参考程度にしておきましょうね

メンテナンス

AT車とMT車は車の構造が少し違うので、メンテナンスで必要な交換部品が違います。

口コミは見当たらなかったので、一般的なメンテナンスで必要な交換部品について載せておきます。

MTAT
クラッチ5万キロを目安に交換20万キロを目安に交換
ギアオイル2年に一度 or 2万キロに一度交換←左に同じ
ブレーキオイルMTの方が劣化しにくい傾向←左に同じ

メンテナンスの部品交換に差があるのはMTのクラッチがATよりも早くに劣化して交換する必要があります。軽自動車だと5~8万円くらいかかります。

子ども
子ども
クラッチの交換が早いからMT車の方が少しお金かかるね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
1,2回家族で旅行いったくらいの費用がMT車の方がかかるのかな

総評(口コミ)

新型「ワゴンR」の総評についての口コミをまとめました。

総評口コミのまとめ

AT

上質な印象が強い車

低価格でリーズナブル

エンジン音とシートが硬いのを我慢できるなら買うのもいい

MT

満足している

低価格でリーズナブル

運転していて楽しい

AT車とMT車ともに満足していて、リーズナブルな車だと思われている方が多かったです。MT車を運転される方は運転が楽しいというのを感じます。

下に実際の口コミを載せておきます。

AT

エンジンノイズとシートの悪さに我慢できるなら買い
この車のウリがよくわからない。
アルトラパンの方がずっといい車。

引用:価格.com

久しぶりに乗るワゴンR、上質な方向に進化した印象が強いですね。
アルトよりも着座位置が高いので、高速走行が多い時は疲労が軽減される感じがします。

後席スライドドアが必要ない人、自転車等高さのある荷物を積む機会が少ない人、「むだに空気を運んでる」空虚感を感じたくない人にはw、良い選択肢になると思います。
アルトより120kgも重い770kgですがw、スペーシアが870kg、N‐BO●が890kg以上とw、それでも100kg以上軽いんですよね。
この軽さのメリットって、思っている以上に大きいんじゃないかなと思います。

引用:価格.com

第六世代のワゴンRは、マイルドハイブリッドのFXが売れ筋ですが、僕の場合、最初からハイブリッドの製品は購入の対象としては考えていませんでした。走る・曲がる・止まるの車の基本が、きちんとできてシンプルな機能に絞られた新型ワゴンRのFAは、低価格の軽自動車が欲しい方には、良い選択しなると思いました。

引用:価格.com

 

MT

良い車だと思います。ネックは後方が見にくいこと。慣れかもしれませんが。

引用:価格.com

まだ慣らし運転中で,よくわからないところも多いですが,オーディオの音が外に漏れにくくなって良く聞こえるようになった気がします(漏れないわけではありません。MH34Sが漏れすぎです)。横滑り防止装置,助手席のシートベルト警告装置,ウインカーが最低3回光るようになったところ,エアコンがマニュアルになって外気温計がなくなったところが変わったな,と思います。エアコン,燃費,タコメーターなど,スペック的にはCVT車に見劣りするところも多いですが,MT車に乗りたいなら,そんなこと気にしなくていいと思います。価格を考えても良い車です。足りないものは自分で何とかしてください。今MH34Sは妹が乗っていますが,加速が良くて楽しいらしいです。

引用:価格.com

若干、厳しめの部分はありますが、MT乗りとして総合的にお薦めできるグレードと思います。
とにかく、運転していて楽しいなと。
身長が170cmオーバーでMTが大好きな方なら、購入する車の選択しに加えてくださいな。

引用:価格.com

減点項目は値引きの良さで相殺します。シンプルイズベスト、これでまた
15年間故障無しなら大満足です

引用:価格.com

平成末期に開発された軽自動車は、以前のものと比べて大きく改善されているとよく言われていますが、そのことを実感できる1台と思います。
乗り心地や走行性能はかつてのリッターカーに引けを取らず、実燃費は初代プリウス並みで、オプション・税込みの120万円台で新車をゲットできるとなると、ある意味お得感を感じています
個人的には走りが愉しいので、過走行に気をつけないと・・・と考えています。

引用:みんカラ

子ども
子ども
AT車もMT車もリーズナブルで満足できる車みたいだね

まとめ

  • 新型「ワゴンR」のAT車とMT車の違いをまとめました
  • 口コミ・評判ではAT車、MT車それぞれに乗られている方は満足されています

新型「ワゴンR」のご購入を検討されている方で、AT車とMT車を迷われている方もいらっしゃるかもしれませんが、本記事をご参考して頂きまして検討して頂けたらと思います!

関連記事はコチラ

新型ワゴンRの燃費は悪い?実燃費とカタログ燃費の違いを徹底調査

新型ワゴンR車外・車内・荷室(トランク)・タイヤのサイズは?

新型ワゴンRのエンジン交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら? 

 

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット