比較記事

ノートとバレーノを徹底比較!おすすめはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

みなさん、こんにちは

コンパクトカーにするなら、日産のノート?スズキのバレーノ

どっちにするかでお悩みのそこのあなた!

この記事を読めば、きっと、決断できるはず…

そこで、今回は、ノートとバレーノをあらゆる面から徹底比較

 

スポンサードリンク

走行時の安全性による比較

繧ケ繝・い繝ェ繝ウ繧ー 繝帙う繝シ繝ォ, 霆�, 繝峨Λ繧、繝�, 鬧・虚, 閾ェ蜍戊サ�, 繧、繝ウ繝・Μ繧「

安全に運転したい!

と、車を買う人なら誰だって思うはずです。

ですから、車の性能1つで、買う買わないを決めている方も多いかと思います。

まずは、ノートとバレーノの走行時の安全性能について、解説していくことにしましょう。

予防安全装置(ノート)

ノートには、3つの運転支援技術が搭載されています。

インテリジェント エマージェンシー ブレーキ

インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

かなりの安全装置を搭載していると思いませんか?

これもノートの魅力の1つです。

1つ目、インテリジェント エマージェンシー ブレーキを説明します。

衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーにより、ドライバーに回避操作を促し、万一、安全に減速できなかった場合はブレーキが作動して衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減してくれます。

引用:日産公式HP

さらにノート独自の機能として人に対しても作動してくれます!

引用:日産公式HP

車にも人にも配慮できる機能なんて、徹底してて素晴らしすぎます!

2つ目、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)を説明します。

意図せず走行車線を逸脱しそうになった場合に警告表示とブザーで注意を喚起(LDW)、さらに「インテリジェントLI」が車線内に戻す方向に力を短時間発生させてドライバーを支援してくれます。

マルチセンシングカメラでレーンマーカーを検知してくれるというわけです。

引用:日産公式HP

これでもう道を踏み外すことなく安全に走行できると言って良いでしょう!

3つ目、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)を説明します。

駐車場や狭いスペースに駐車する場合でも、クルマを上空から見ている映像がルームミラーに映し、周囲を歩いている人や接近する自転車を検知した場合、ルームミラー上のディスプレイの表示とブザーでドライバーに注意を促す機能を持っています。

引用:日産公式HP

ここまでくると、運転や駐車が苦手な方でもかなり安心できるのではないでしょうか。

さらに!

ノートには、アクセルペダルだけで運転できる「e-POWER DRIVE」という機能が搭載されています。

アクセルを踏み込むと力強く加速し、踏むのを止めると瞬時に減速するといったワンペダル運転を可能としてます。

エンジンで発電して、モーターだけで走ることのできるノートだからこそ初心者の方でも運転しやすいと思います。

予防安全装置(バレーノ)

続いて、バレーノの安全性能について紹介します。

バレーノには、2つの運転支援技術が搭載されています。

レーダーブレーキサポートⅡ

アダプティブクルーズコントロール(ACC

実は、バレーノにはノートに似た安全機能を持っています。

1つ目、レーダーブレーキサポートⅡは、ノートのインテリジェント エマージェンシー ブレーキに似ています。

衝突のおそれがあると判断すると音や表示によって警告し、衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動、その間、ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト、さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

引用:スズキ公式HP

但し、インテリジェント エマージェンシー ブレーキと違って、レーダーブレーキサポートⅡは、人を検知することはできません。

その点から、インテリジェント エマージェンシー ブレーキの方が優秀だと言えるでしょう。

2つ目、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を説明します。

ステアリングのACCスイッチを操作すると先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速します。

車間距離は、3段階(短・中・長)で設定が可能で、先行車がいない場合は、あらかじめ設定した速度をキープします。

引用:スズキ公式HP

この機能凄いですね!

ブレーキ操作もアクセル操作もほとんどいりませんから楽々ですね♪

この機能こそがバレーノの目玉と言っても過言ではないでしょう。

総括

理恵(りえ)
理恵(りえ)
う~ん…どっちの車にしようか迷うわ、どっちも素晴らしい機能を搭載してて決め難いわね
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
自分の好きな方を選べばいいと思うよ、自分のペースで安全に運転したいなら、ノートを選べばいいし、自分の運転ちょっと不安かも…と、思うなら、バレーノを選べばいいと思うよ!

ということで、今回の勝負は、ドロー!

続いては、ノートとバレーノの価格と維持費で比較してみましょう。

新車の値引きの裏技

 

価格と維持費を比較

縺企≡, 驥代ち繝ッ繝シ, 繧ウ繧、繝ウ, 繝ヲ繝シ繝ュ, 竄ャ 繧ウ繧、繝ウ, 豁」雋ィ

車を買うにあたって、価格と維持費を知ることは、重要です。

今回は、比べやすいように表にしました。

価格で比較

ノートの価格

2WD 1,421,280円~2,453,760円
4WD 1,739,880円~2,640,600円
NISMO 2,122,200円~2,488,320円

バレーノの価格

2WD・6AT 1,728,000円
2WD・CVT 1,544,400円

2WDをざっと見ただけだとノートの方が安いですね。

ノートは、安い価格帯のグレードから高級なグレードまで幅広く取り揃えています。

ユーザーとして選択肢が多いのは、うれしいですが、一方で、走りかコストパフォ-マンスかの2択しかなくて迷う必要のないバレーノも捨て難いものです。

継続費で比較

ノートの継続費

燃費23,4km/L
1~3年目 29,8万円
4年目以降 32,2万円
燃費26,2km/L
1年目 28,6万円
2年目 26,9万円
3年目 28,6万円
4年目以降 31,4万円

バレーノの維持費

燃費20,0km/L
1~3年目 31,4万円
4~13年目 33,6万円
14~18年目 33,9万円
19年目以降 34万円
燃費24,6km/L
1~3年目 28,8万円
4年目以降 31,1万円

上の表を見てわかる通り、燃費の悪いバレーノの維持費が高く、ノートの方が維持費は安くなっていますね。

総括

理恵(りえ)
理恵(りえ)
今回は、価格も維持費もノートの方に軍配があがったね♪
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
種類も多いし、燃費も比較的いいみたいだから、一石二鳥だね♪

ということで、ノートが2勝しました。

ノートの勝因には、ハイブリッドの導入も考えられますね。

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ノートには、インテリジェント エマージェンシー ブレーキ、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)が搭載されている
  • バレーノには、レーダーブレーキサポートⅡ、アダプティブクルーズコントロール(ACC)が搭載されている
  • 価格も維持費もノートの方が安い

 

安全性能、価格、維持費で比較してみましたが、総合的に見てもノートの方がコスパはよいのかなと思います。

おすすめの関連記事

新型バレーノの燃費は悪い?さらに燃費を良くするには?

新型バレーノのエンジン交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

新型バレーノのバッテリー交換方法は?時期はいつ?値段(費用)はいくら?

新型バレーノの長距離ドライブは快適?長時間、高速道路を運転していても疲れない?

スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット