比較記事

徹底比較!スイフトとデミオおすすめはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

皆さんこんにちは、秋も深まり紅葉狩りの季節となってきました。紅葉を見ながらのドライブ心が癒されますよね。

今回は、スイフトとマツダデミオを比較して、どちらがお得かみていきたいと思います。

スポンサードリンク

スイフトとデミオ本当に比較していいの?

スイフトとデミオ、おおよそ同じ位の大きさでハッチバックの車で色んな記事でも比較されてますよね。

でも私には簡単に比較できるような車ではないように思えます、何故ならこの2台、似ているようで全く違う車に思えるからです。車を作る過程で対象にしている客層が違うようにおもえるからです。

https://www.instagram.com/p/B3gQf_an2H3/

では、この2種類の車の違いを見ていきましょう。

新車の値引きの裏技

 

スイフトってどんな車?

引用:スズキ公式HP

スズキスイフト、2000年よりスズキより発売されたハッチバックスタイルのコンパクトカー。第4世代の現在は1.4リッターツインカムターボのスポーツモデルを筆頭に1.2リッターツインカムターボ

また、マイルドハイブリットからフルハイブリットまでと色んなエンジンを搭載ししているので購入する時は迷ってしまうかもしれませんね。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スズキのショールーム久しぶりだね。スイフトスポーツ、欲しいな~。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ねえねえ、スイフトにマイルドハイブリッドとか、フルハイブリッドや色々なエンジンがあるけど他のものと何が違うの?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
詳しくは説明できないけど簡単にいうとエンジンだけでは足りないところをモーターでアシストしたり、エンジンがあまり必要ない時はモーターで走行したりガソリンを節約するためのものだよ。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
じゃあ、エコでお財布に優しい車ってことね!

マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの違い

営業マン
営業マン
 マイルドハイブリッド、こちらはスズキの次世代テクノロジーと言われるものでアクセルをオフにした状態や、ブレーキをかけた減速中に発電機で充電し、加速する際にモーターでエンジンをアシストします。

引用:スズキ公式HP マイルドハイブリットのイメージ図

営業マン
営業マン

フルハイブリッドはプリウスなどと同様に、加速時や余りエンジンに頼らないときはEV走行をするものですが、スズキのフルハイブリッドは「スイフト HYBRID SL」に搭載している

スポーティーなギアチェンジがおこなえるパドルシフトにも生かされています。MTの車を運転した事がある方なら分かると思いますが、シフトアップした瞬間加速が落ちますよね

あの、一瞬をモーターがアシストしてくれるのです。なので、あの加速の落ち込みが無くなり、より一層スポーティーなギアチェンジがおこなえ、より楽しいスポーツ走行が可能になります。

引用:スズキ公式HP

理恵(りえ)
理恵(りえ)
ふ~ん、エコな車でスポーティーなギアチェンジ?何か変よね?
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そこがスズキならではのいいところなんだよ、エコな車でもキビキビした走りを失わせず、運転して楽しい車を作ってくれている。スズキさんに感謝!

スイフトの安全装備

安全装備についても、スズキはグレード別に色々な装備を用意してあります。詳しい情報は下のリストよりご覧ください。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
安全装備も充実してるのね!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
安全装備も キビキビした走りには不可欠な要素だよ。

新車の値引きの裏技

 

デミオってどんな車?

引用:マツダ公式HP

マツダデミオは、1996年より発売されているスイフトによく似たコンパクトカーです。デミオもスイフトと同じ第4世代にはいっています、1.5リッターツインカムエンジン

1.5リッターディーゼルターボエンジンとスイフトに比べると、エンジンだけを見るとちょっと選択肢が少ないようですね。

ハイブリッド仕様車はあるの?

残念ながら今の所、デミオにはハイブリッド仕様車はありませんが、2020年より欧州ではマイルドハイブリッドの販売をはじめるそうです。早く国内でも販売するようになれば

選択の幅が広がり、デミオファンにはうれしいラインナップになるのではないでしょうか。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
デミオ、この車もいい感じよね。でも、ハイブリッドとかも無いしチョット寂しいわね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そうだね、デミオにもハイブリッド車が出ればスイフトと比べてみたりできるんだけどね。

デミオの安全装備

デミオの気になる安全装備はどんな風になっているのでしょうか、詳しい情報はリストよりご覧ください。

スイフトとデミオの安全装備については、共に大きな差はないよう思います。この辺りは各メーカーの皆さんが力を入れておられる部門ですね。

新車の値引きの裏技

 

スイフトとデミオの燃費は?

それでは、スイフトとデミオの燃費の比較ですが、これが難しいところです。何故かと言うと同じようなスペックのエンジンがないからです。スイフトのエンジンはマイルドハイブリッドから

フルハイブリッド、またはターボ付きエンジンと数種類ありますが、デミオの場合はと言うと1.5リッターのガソリンエンジンかディーゼルエンジンしかなく燃費を比較するにはチョット無理がありますね。

それでは記事になりませんので軽く燃費に触れておきます。すべてカタログ値ですがスイフトの1.2リッターマイルドハイブリッドで27.4km/L(2WD・CVT)フルハイブリッドで32.0km/L(2WD・5AGS)スイフトスポーツで16.2 km/L(6AT)となっています。

一方のデミオの燃費はSKYACTIV-G 1.5(2WD 19.0~19.8km/L)クリーンディーゼルSKYACTIV-D 1.5(2WD 21.6~25.2km/L)と燃費だけ見てしまうとスイフトの圧勝で終わってしまいますね。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
マツダのデミオも見てきたけど、ハイブリッド車なんて言うのもないし、やっぱりスイフトの方が燃費もよくてお得よね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スイフトは燃費だけじゃないんだけどな~。スイフトスポーツに乗りたいんだけどな~。

新車の値引きの裏技

 

スイフトとデミオのインテリアは?

引用:マツダ公式HP

次はインテリアを見てみましょう。先ずはデミオのインテリア、中々おしゃれでスポーティーな感じで大人っぽい感じの車内に仕上がっていますね。収納や機能性を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

引用:スズキ公式HP

こちらは、スイフトのインテリアですが、かなりスポーティーな仕上がりでいい意味でヤンチャですよね。いかにもボーイズレーサーって感じムンムンで男の子用みたいな感じです。スイフトのインテリアの詳しい情報はこちら

スイフトは一見ボーイズレーサーなんですけど、エコカーとしても存在感があり、色んな世代に選んでもらえるよう工夫されている車ですね。

一方のデミオは、上品な車に仕上がっていて30~40歳代の世代をターゲットにした1.5リッターの2box車はデミオですよみたいに見えてしまいました。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
今日は、スイフトとデミオを見比べてどうだった? スイフトスポーツも良かったよね。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうね、スイフトのハイブリッドかしらボディーサイズも丁度いいし、運転しやすそうだし、安全装備も充実しているし、エコだし、やっぱりエコが経済的で一番よねー。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
完全に無視されてる。

https://www.instagram.com/p/B3MiK8DnPOA/

新車の値引きの裏技

 

スポンサードリンク

まとめ

  • エンジンラインナップの違い
  • ハイブリッド機能のあるなし
  • 選択肢の多さ

さて、スイフトとデミオの比較と言うことで紹介してきましたが、皆さんならどちらの車を選びますか?やっぱり、この2台を比較するのは間違っているように思います。

なぜならスイフトの圧勝だからです、デミオにはこの車に乗ってみたいなと言うワクワク感があまりなく、もっと、特化したグレードなりが欲しいところですね。

やはりボーイズレーサーからエコカーまである車、お得感満載で選択肢の多さはスイフトの強みだと思います。

スイフトとデミオ、あなたならどちらの車で紅葉狩りに行きたいですか?

 

【気になるスイフト関連の記事はこちら】

スイフトスポーツ初のターボ化 新型スイフトスポーツのターボを徹底検証!

新型スイフトの試乗記・試乗レポートまとめ!動画付きで分かりやすく紹介!
スポンサードリンク



新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット